2015年10月20日

選書フェアで選ばれました!「世界から貧しさをなくす30の方法」

大東文化大学環境創造学部の学生15名が、東京の八重洲ブックセンター本店で、選書フェア「新環覚!?環境フェア あなたの意識一つで変える未来 環境問題を考えるための30冊」を2015年6/6~6/20まで開催しました。 http://www.yaesu-book.co.jp/events/fair/6815/  


その30冊の中に、 田中優、樫田秀樹さん、マエキタミヤコさんの共著

「世界から貧しさをなくす30の方法」

が選ばれました!! 本当に嬉しいです! 
まだの方はぜひご覧ください。



世界の貧しさ、実は私たちの生活に身近に関わっていた・・ 
その衝撃の事実と仕組みの問題点、 さらに私たちができることを提示しています。 

▼合同出版 http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=196  

▼Amazon こちら より

書籍の帯は、女優の広末涼子さんに書いて頂きました。


 ーーーーーーーーーー 

「貧しさ」とは、豊かな国の側が作った世界の仕組みの問題でした。
私たちが日ごろ食べたり使ったりしている物を通じて、暮らしとのつながりから、
その仕組みの問題点を提示。身近な生活の中から変えていく方法を学びます。 

■第1章 身近で遠い「ほっとけない貧しさ」
 (チョコレートとスエットショップと人身売買「地球にやさしい植物性」の実態 ほか) 

■第2章 ホントはどうなの?貧困問題
 (水を奪うな資源をめぐる代理戦争 ほか) 

■第3章 奪われる側から考えてみよう 
(これはホントに借金なのかお金を貸しているから強いことがいえると思っていませんか ほか) 

■第4章 ぼくらの身近な行動が世界を変える
 (アルミ缶の向こうに世界が見える「人に出会う旅」をおススメします ほか) 

■第5章 生活から解決していく世界の貧しさ 
(フェアトレードから、フェアが当たり前の社会に彼らの資源を奪わずに暮らす、シンプルライフを ほか) 

★登録情報 
単行本: 143ページ 
出版社: 合同出版 (2006/12) 
ISBN-10: 4772603778 ISBN-13: 978-4772603775 
発売日: 2006/12 
販売価格:1,404円(税込)

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...