2012年2月28日

「本当の履歴書」田中優さんの過去、そしてこれから

□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆

「 本当の履歴書 (前編) 」

 あまり自分から話したいとは思わない話だが、ぼくは中卒から働いていた。いったんはいい高校に入ったのだが、どうにも合わなくて辞めてしまったからだ。親に養われているのがイヤで、早く独立したいという思いもあった。でも独立して自ら生計を立てるなんて無理だった。ただ命令通りに体を動かすだけなのだから。

 その頃勤めていた町工場の名前をインターネットで検索してみた。
そこは比較的大きな工場だったが、多角化に失敗して2002年に倒産していた。もしそのまま勤めていたとしても、旋盤工のぼくはクビになっていただろう。

 体力以上に辛かったことは、希望がない暮らしだったことだ。

-----------------------------

・・・こちらは2/16に発行されました田中優・活動支援版メルマガ「本当の履歴書」の冒頭部分です。

今まで優さんが自分からあまり語らなかったこれまでの過去、そしてこれからの想い、覚悟など赤裸々に書いてあります。

発行後、たくさんの反響を頂きました。
「勇気をもらった」
「目をうるうるさせながら読みました」
「子どもに読ませたい!」
 などなど。


登録月は無料ですので、まだ登録されていない方はぜひご覧ください。
本当にオススメです☆
ご登録はこちら→http://www.mag2.com/m/0001363131.html

2012年2月27日

3/1 優さんのお友達、神田浩史さんと対談☆

優さんの以前からのお友達である神田浩史さんとの、最近では珍しい二人の対談が聴けます!

<転載・転送大歓迎!!>
http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-f485.htmlより

◆◇◆◆◇◆◆◇◆DON'T GIVE UP THE FIGHT◆◇◆◆◇◆

     田中優×神田浩史
     生命(いのち)に寄り添うエネルギーの話

◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆

 一握りの人のために作られ続けた、原子力という負のエネルギーの
 循環から今こそ抜けだそう。
 他人まかせじゃいられない。まず、動かなきゃ変わらない。
 ずっと昔からLOVE&PEACEなエネルギーの循環を訴え続けてきた
 お二人から、確かな流れを感じよう。

 日 時:2012年3月1日(木) 10:00~13:00
 
 場 所:垂井町中央公民館 3F町民ホール
     (岐阜県不破郡垂井町1543-3)

 参加費:1,000円
     (フェアトレードコーヒー、おやつ付き)

 備 考:マイカップ持参大歓迎!
     託児を行いますので、事前にお申し込み下さい。

 ★お話会の流れ★

 10:00        始まり
 10:05~11:15  優さん、浩史さんの対談
 11:15~11:30  休憩
              コーヒーおやつをどうぞ!
 11:30~12:15  ワールド・カフェ
              みんなで参加の話し合い
 12:15~13:00  グループ発表と質疑応答


 ◎講師のプロフィール◎

 ●田中 優
 原発をはじめ、環境や平和、貧困などの問題に永年取り組む。
 未来に希望を託すお話には定評の当代随一のエネルギー問題の
 論客。
 未来バンクを始めとする数多くのNGOに関わる。

 ●神田 浩史
 水、食料、エネルギーなどをテーマに日本各地を話して回る噺屋。
 岐阜県垂井町在住で垂井町の地域づくりや揖斐川流域の循環型
 社会を目指して地域づくりに取り組む。
 数多くのNGO活動に関わる。


 未来は私たちの手の中。きれいな大地においしいお水。
 子どもたちの笑顔が地球の宝物。無慈悲なことは終わりにしましょう。
 どうぞ足をお運びください!!


 主 催:NPO法人 泉京・垂井
     TEL:0584-23-3010
     E-mail:info@sento-tarui.org 

協 力:和みカフェうららか、スープ屋さん、
     フェアトレードデイ垂井実行委員会、電気をカエル計画

2012年2月26日

今日、広島講演最終日です!

兵庫→岡山と南下し、昨日より優さん広島入りしていまして、
昨日は午後は地域活性化、夜は除染技術についてお話しました。

今日はこれから原発がなくても大丈夫な理由、これからのエネルギーのお話
夜は原発を推進してきた本当の理由、原発から脱却しておカネを使って社会を変えるには?のお話の予定です!

当日券でも大丈夫なようです。
すべてお話が違いますのでお楽しみに☆

-------------------

<広島・広島市> 2月26日(日) 13:30~16:00
会場 広島工業大学 広島校舎

「未来のための講演会」
参加費 前売1,000円 / 当日1,200円

主催 自然エネルギーを考える会
共催 1条と9条の会、広島なずなの会、poco a pocoの会
連絡先 田中 090-3372-3143 石丸 090-9507-3644
     森山 080-5625-7001 伊川 080-5621-6154





----------------------------------------------------

<広島・福山市> 2月26日(日) 19:00~21:30
会場 福山市民参画センター5階第一会議室(福山駅、徒歩5分)

・田中優講演「原発マジ話 -お金が変われば、社会が変わる-」

・対談 田中優×落合真弓さん(ごみ5R推進本舗代表)
    「福山を変える!これからは地域循環型社会」

参加費 1,000円
定員 120名 
主催 ごみ5R推進本舗
   084-924-2431(落合) MAIL jza03215@nifty.ne.jp

2012年2月25日

2/26(日)優さんがラジオに出演します!

<田中優さんラジオ出演情報です!>

2/26(日)8:10~ 
81.3FM JーWAVE 「LOHAS SUNDAY「WEEKLY LOHASコーナーに優さんが出演します!

優さんが考える

これからどんな未来を描けばいい?

「優さんにとっての“LOVE&PEACE”とは?」

などについてお話する予定です。


ナビゲーターの丹羽順子さんと








2012年2月24日

3月講演会情報

お待たせしました!
2012年3月の講演会情報です。

田中優、3.11は沖縄で迎えます。

3月は通常の講演会形式の他、対談、トークイベント、お祭り、ワークショップなど
盛りだくさんです。

また追加情報などはこちらにてお知らせいたします。
よろしくお願い致します!
(多様すぎて一覧が見にくいかもしれませんがご容赦くださいませ)

-------------------------------------------------------

<岐阜・垂井町> 3月1日(木)10:00~13:00 
 会場 垂井町中央公民館 3F  
   (岐阜県不破郡垂井町1543-3)

田中優×神田浩史
生命(いのち)に寄り添うエネルギーの話

10:05~11:15 優さん、浩史さんの対談
11:15~11:30 休憩:コーヒーおやつをどうぞ!
11:30~12:15 ワールド・カフェ:みんなで参加の話し合い
12:15~13:00 グループ発表と質疑応答

参加費 1,000円 ☆フェアトレードコーヒーとおやつ付き
託児あり、マイカップ持参大歓迎

主催 NPO法人 泉京・垂井 TEL 0584-23-3010

-------------------------------------------------------

<大阪> 3月3日(土)田中優講演は12:50より
 会場  大阪 福島 pinebrooklyn ( http://pinebrooklyn.com/ ) 
 (JR環状線 福島駅、JR東西線 新福島駅、阪神福島駅、徒歩10分)

「 TAIYO33OSAKA presents 太陽大感謝プレ祭 」
「持続可能な未来を作る!今からできる、新しいエネルギーの話」

主催  TAIYO33OSAKA
イベント担当:溝田  mail : taiyo33osaka@gmail.com
お申込み、詳細
HP  http://taiyo33osaka.net/  
Blog http://ameblo.jp/taiyo33osaka/

-------------------------------------------------------

<東京・中野> 3月3日(土)田中優は20時すぎに登壇予定
DAYS JAPAN 8周年記念イベント
【第8回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞】
パブリック・プライズ審査/受賞作品発表会

参加費
〈DAYS JAPAN定期購読者〉 500円→無料
〈一般参加者〉 1,000円→500円

会場 なかのZERO 小ホール (中野駅南口、徒歩8分)
お申込・詳細はこちらまでhttp://tanakayu.blogspot.com/2012/03/blog-post_02.html

-------------------------------------------------------

<東京・早稲田> 3月4日(日)13:00~
  JST研究開発プロジェクト フォーラムのご案内
  森を守れる住まいづくりを 

●場 所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス
      第1部:63号館201教室
      第2部:当日ご案内します
      東京都新宿区大久保3-4-1
      (都心線 西早稲田駅 直結 / 高田馬場駅 徒歩15分)
      http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html

【 第1部 フォーラム】 13:00~17:30
・参加費 無料
・定員  200名
♦2012年初頭「森・街プロジェクト」の大きな変貌を!
堀尾正靱(地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会研究開発領域総括)

♦森と街をつなぎ、市場に受け入れられる新たな仕組み
田中 優 (プロジェクト代表・一般社団法人 天然住宅)
相根昭典 (一般社団法人 天然住宅)

♦天然住宅と気候変動対策,天然住宅の木材,居住環境
外岡 豊 (埼玉大学経済学部)
安藤幸世 (名古屋大学大学院)
高口洋人 (早稲田大学理工学術院)

♦中古住宅市場は作れるか
小川直也 (株式会社アミタ環境認証研究所)
前田拓生 (認定NPOまちぽっと)

♦まとめ・討論

【 第2部 2012年の展開を語る会 】 18:00~
♦今後に向けて、多分野の話題提供者の皆さまと懇親会形式で語り合います。
 *第2部のみ有料(懇親会飲食費:2,000円)です。

●お申し込み
 下記アドレスへお名前・ご所属・連絡先を明記してお申し込みください。
 (第1部のみのご参加の場合は、その旨ご記入ください)
◆お問合せ・お申込み先: morimachi8@gmail.com

●主 催
JST・社会技術研究開発センター『地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会』研究開発領域 採択プロジェクト「森と街との直接連携プロジェクト」 代表;田中優、一般社団法人 天然住宅、埼玉大学環境科学研究センター、名古屋大学生命農学研究科、早稲田大学理工学研究所、認定NPOまちぽっと

●お問い合わせ:天然住宅・橋本/田中
 Tel 03-5726-4226 FAX 03-3725-5652
      
-------------------------------------------------------

<神奈川・川崎市> 3月5日(月)
 会場 川崎市産業振興会館(JR川崎駅西口から徒歩8分)

多様化する日本の電力エネルギーを考える STFフォーラムin川崎 

田中優講演は16:20~17:20
「原子力発電は企業の節電で止めて、家庭は自給で独立を」

参加費 無料 (事前登録制)

主催 NPO法人科学技術者フォーラム
申込先 MAIL info@stf.or.jp 
お問合せ
 小林健一 kenkoba@nifty.com TEL 080-3617-3570
 大田黒 鐵彦 tohtaguro@yahoo.co.jp TEL 080-3414-6089
 HP http://www.stf.or.jp/

-------------------------------------------------------

<東京・新宿> 3月6日(火)19:30~
 会場 ネイキッドロフトhttp://www.loft-prj.co.jp/naked/map.html

田中優の未来レポート -自然エネルギー編-

参加費 前売1,500円(飲食代別)

予約は当店のウェブ&電話にて予約受付中
@新宿ネイキッドロフト http://www.loft-prj.co.jp/naked/ 
問い合わせ/予約 03-3205-1556 naked@loft-prj.co.jp

-------------------------------------------------------

<東京・西東京市> 3月7日(水) 10:00~12:00
会場 西東京市保谷駅前公民館 集会室 (保谷駅すぐ)

西東京市図書館文化講演会
 「原発に頼らない社会へ-未来のための今を考える-」

定員 先着50名
参加費 無料

主催  西東京市図書館 
    
申込方法  開館時間中に電話または来館で保谷駅前図書館へ
        開館時間(火~金曜日10時~20時、土・日曜日:10時~18時)

連絡先  西東京市保谷駅前図書館  ℡  042-421-3060

-------------------------------------------------------

<東京・吉祥寺> 3月8日(木)19:00~21:00
 会場 武蔵野公会堂 2F会議室 (JR吉祥駅、徒歩2分)

シリーズ「知ることから始めよう」第3回
田中優さん講演会
“本当のところ どうなの?”
ー原発、放射能、私たちの未来 そして これから私たちにできることー

定員 100名 先着順、事前申込必要
参加費 1,000円(資料代)
主催  アースマンシップEarthmanship
    info@earthmanship.com  Tel/Fax 0422-20-8393
    HP www.earthmanship.com/

-------------------------------------------------------

<神奈川県・鎌倉市> 3月9日(金)18:30~20:30
 会場 鎌倉生涯学習センター・ホール (鎌倉駅東口すぐ)

「原発に頼らない社会を実現させるには
  ~ポスト3.11を生きるために~」

定員 283名
保育 要申込(2/24まで)
参加費 500円
主 鎌倉・九条の会
TEL 0467-24-6596
   FAX 0467-24-6577/0467-60-5410
   MAIL iza@kamakura9-jo.jp  
    HP http://kamakura9-jo.net/

-------------------------------------------------------

<東京・日比谷> 3月10日(土)
 会場 東京日比谷公園

ピースオンアース http://www.peaceonearth.jp/
田中優出演は15:35~、16:25~ (各20分間ずつ) 

-------------------------------------------------------

<沖縄・名護> 3月11日(日)
 会場 21世紀の森公園 野外ステージ

東日本大震災、被災者応援イベント
ティダノワ祭

田中優講演は夕方を予定
「私たちが未来に生きるために
  ~3.11以降、国にも専門家にも頼れなくなった~ 」

参加費 前売り1,500円/当日1,800円 高校生以下無料
主催・チケット・問合せ
 ティダノワ祭事務局 HP http://tidanowa.com/    
             MAIL tidanowa@gmail.com
-------------------------------------------------------
<静岡・富士市> 3月14日(水) 18時30分~20時30分
会場:富士ロゼシアター (東海道新幹線・新富士駅)

「原発に頼らない、自然エネルギーへ転換、今後の日本経済はどうなる」

参加費 無料
※労働組合主催の講演会ですが、一般の方も15名ほど参加可能です。
ただ申込不要で当日会場へお越し頂いた順とさせて頂きます。

主催 富士地区労働組合会議 

-------------------------------------------------------

<東京・渋谷> 3月15日(木) 22:20~
 会場 オーディトリウム渋谷
   (渋谷区円山町1-5 ユーロスペースと同じビルの2階)

friends after 3.11【劇場版】http://iwaiff.com/fa311/
トークイベント に出演

-------------------------------------------------------

<東京・月島> 3月16日(金) 18:50~

会場 月島社会教育会館ホール 東京都中央区月島区民センター4F 
   http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukishima  
    (大江戸線「月島」駅下車徒歩5分/10番出口より徒歩1分)

ワールドフォーラム日本復興講演会 第3回
脱・原発時代の「エネルギー自立をめざす市民の独立宣言を」

【講師】田中優氏:~原発マフィアに資金を回さず、安全なエネルギーを取り戻す方法~

【パネリスト】城南信金/「脱原発宣言!」吉原理事長
経産省/新エネルギー課長 村上敬亮氏
サステナ/「グリーンアクティブ」始動!マエキタミヤコ氏

詳細  http://worldforum.jp/information/2012/03.html
申込口 http://www.worldforum.jp/cgi-bin/apply3/
参加費 前売り 2,000円/当日 3,000円/学生 1,000円
定員  240 名
主催  ワールドフォーラム
    担当 佐倉/事務局:鈴木 MAIL worldforumnet@gmail.com
    HP http://worldforum.jp


-------------------------------------------------------

<新潟・三条> 3月25日(日) 13:15~16:45
 会場 三条商工会議所4F

~森を活かすNPObankを新潟に作る的なワークショップ~

賢いお金の使い方地域でできるNPObankの取り組みを合わせ技で
ワークショップを田中優さんとともに行います。

当日は各自持ち込める方はパソコンを無線LANに繋ぎながらの
ワークショップと考えています。
無線LAN環境に対応できる方は是非、パソコンをお持ち下さい。

・定員 25人限定!
・参加費 5,000円(飲み物、お菓子付)

またワークショップ後に懇親会を開催します。
(懇親会、今回はワークショップ参加者限定になります)
17時から時間の許す限り、会費3,500円

主催yasutacafe
お申し込み 09086107017 yasutacafe@gmail.com
-------------------------------------------------------

2012年2月23日

2/24(金)岡山にて講演会

2/24は10~13時まで、岡山高梁市‘百姓屋敷わら'でも講演会があります
http://tanakayu.blogspot.com/2012/02/blog-post_22.html


そして夜はこちら

<岡山市> 2月24日(金)19:30~21:30 

会場 岡山県天神山文化プラザ1Fホール(JR岡山駅、徒歩15分) 

「ぼくらの未来の話をしよう!〜あれから、そしてこれから〜」

参加費 前売1,500円/ 当日1,800円
定員 270名 

主催 NPO法人 SAUDADEHAUS ENNOVA 
    担当 打谷(うちたに) TEL 090-7101-4134  
    MAIL info@ennova.jp
    HP http://ennova.jp/?cat=3

今週土日は広島県内にて4講演!

呉市、広島市2回、福山市と今週土日は4講演です!
すべての会場で同じお話は致しません!
それぞれテーマがありますので、興味のある回、ご都合のつくところへ
ぜひご参加くださいませ☆


2月25日(土)

<広島県・呉市 13:30~16:00
会場 広ステーションホテル (広駅、徒歩1分)

「未来のための講演会」
参加費 前売1,000円 / 当日1,200円
主催  瀬戸内の未来を明るくする会
連絡先 佐々木 090-2800-5190 釣流 090-4106-7571




広島市> 18:30~20:30
会場 レイノホール (中電本社前、徒歩1分)

田中優トークライブ in グランドゼロ

従来の「科学」で放射状除去はできるのか?!
‘ 民間の最新技術でこともたちを救おう ’

主催 エコでピースな市民のひろば(チームエコピー)
   広島地区 090-9502-4111 (村田) 
   福山地区 090-1355-3274 (渡辺)
   呉地区  090-6404-2076 (青山)
   県北地区 090-5260-4967 (寺尾)


-------------------------------------------------------


2月26日(日)


広島市>  13:30~16:00
会場 広島工業大学 広島校舎

「未来のための講演会」
参加費 前売1,000円 / 当日1,200円


主催 自然エネルギーを考える会
共催 1条と9条の会、広島なずなの会、poco a pocoの会
連絡先 田中 090-3372-3143 石丸 090-9507-3644
     森山 080-5625-7001 伊川 080-5621-6154




<広島・福山市> 19:00~21:30
会場 福山市民参画センター5階第一会議室(福山駅、徒歩5分)

・田中優講演「原発マジ話 -お金が変われば、社会が変わる-

・対談 田中優×落合真弓さん(ごみ5R推進本舗代表)
    「福山を変える!これからは地域循環型社会」

参加費 1,000円
定員 120名 
主催 ごみ5R推進本舗
   084-924-2431(落合) MAIL jza03215@nifty.ne.jp

2012年2月22日

2/24 あの岡山` わら ' にて講演します!

主催、講演会場でもあります百姓屋敷わらにつきましてはこちらをご覧ください。
とてもステキなところです。
http://wara.jp/hyakushoyashikiwara/ 

しかも、講演後はこだわりのおいしいうどんを優さんと一緒に頂きながらの食事会もあります♪

<岡山・高梁市> 2月24日(金)10:00~13:00 

会場 百姓屋敷わら (高梁市川上町下大竹2085) 
    http://wara.jp/hyakushoyashikiwara/index-6.html

「私たちの暮らしが創る地球の明るい未来☆」

講演 10:00~12:00
昼食 12:00~13:00
  (手打ちうどんを食べながら優さんを囲んでの食事会を行います)
  (昼食が不要な方も参加は可能ですが、料金の変更はありません)

参加費 2,000円(昼食うどん付き

主催 和楽プロジェクト
問合せ 担当 ヤマムロ 
     TEL 0866-48-3243 TEL 090-9503-4968
    MAIL http://www.blogger.com/info@warapro.jp



2012年2月21日

講演会レポート 2/12雪深い長野・飯山にて

2/12は長野・飯山にて田中優さん講演会でした。
東京から長野駅へ新幹線にてまず移動。
長野駅から飯山線(ローカル線)に乗ります。
晴れてて気持ちが良かったです。

この飯山線の電車、味があっていいですよね。
「雪が正面についてて、ちょっと大げさじゃない?」
なんて優さんと話していたら・・・













飯山線、途中からだんだんと天気が悪くなり辺り一面真っ白に














優さんも私も家には長靴がないのでいつものフツーの靴で来ました。
当たり前ですがびちょびちょになりました















線路と雪景色は続くよどこまでも













優さんひとこと 「すみません、(雪を)なめてました」












会場は当初の予定の100人を越えてました。雪の中皆さん来て頂きありがとうございました。
話の詳しい内容は近日中に!!


2012年2月20日

2/23 兵庫・尼崎にて放射能とその除去技術について

放射能被害とその対策はもちろんのこと、
放射能除去の実験について、先日実験した結果もお話させて頂きます。

<兵庫・尼崎> 2月23日(木) 14:00~16:00

会場 尼崎市中央地区会館大ホール
   (サンシビック尼崎、阪神尼崎駅、徒歩5分)

「放射能除去技術について」

参加費 500円 
定員 200名 要予約先着順

主催 田中優尼崎講演実行委員会
申込・問合 担当 高橋 sankakibou2.23@gmail.com

2012年2月19日

優さんおススメ動画 「絶対原子力戦隊スイシンジャー」

優さんも「面白い!」と何回も見ているおススメ動画です。
しかも、途中で何と優さんも出演、本人もビックリしてました^^
細部までこだわりがあってスゴイ!

こういう表現方法って面白いし、わかりやすいですよね♪
ぜひ周りの方にも拡散ください☆

『絶対原子力戦隊スイシンジャー』

2012年2月18日

2/19 長野、松本にて「原発に頼らない社会へ」

<長野・松本> 2月19日(日)10:00~12:00
会場 JA松本ハイランド (松本市南松本1-2-16)

第56回平和友好祭 ~これからの社会のあり方について考えよう~

「原発に頼らない社会へ」

主催 平和友好祭実行委員会
問合せ 長野県教 職員組合(担当 鷲澤拓治) TEL 026-235-3700

2012年2月16日

2/20 愛知・安城市 子どもたちの未来のために

子どもたちの未来のために、子どもたちを守るためにどうしたらいいか?
先着80名様です!お申し込みはお早めに♪
優さんの講演会のあとに素敵なライブもあります。
ご都合つく方はぜひご参加ください★


原発から遠く離れた地域では、本当に放射能の影響は無いのか?
汚染食品問題が続々と報道される中、未来ある子供達のために、私達は色々な事を知り、備えていかなければならないと思います。
「田中優」さんを迎え、勉強会を開催致します。

2月20日(月)
17:30  開場
18:30  田中優 講演 子どもたちの未来のために」
21:00  スペシャルLiveセッション
       「Ga/Vo Nakamura (a-fank syndicate)」
(21:00からのご来場は1,000円  1ドリンク込みになります。)

会場 Gourmande(グルマンドゥ)(愛知県・三河安城駅、徒歩1分)
    http://www.gourmande.jp/
    
参加費 2,000円(1ドリンク込) 小学生未満は無料
定員  80名
主催 TIME IS ECHO
申込 TEL 0566-77-1128  MAIL info@gourmande.jp



2012年2月15日

講演会レポート 2/14長野にて森林のお話

2/14 長野・上田市にて「木と緑のフォーラム」で講演をさせて頂きました。

主催は何と長野県の林務課さんです!
(信州上小森林組合様http://jforest.jp/
林業者でもない優さんが、林務課の方から呼ばれたのはおそらく初めてじゃないかとのこと。

「長野の人は気づいてないと思うけど、原発がない県なのにこれだけ講演依頼があり、自立心も強い人が多く、話す内容も規制が一番ないので本当に自由なところだ」と優さんはよく言います。

 今日も地元に活用できていない森をこれからどうやって使って自立していくか、おカネをどうしたら地域に残せるかなどのお話をし、皆さん真剣で、参加者の一人は「これからは発想の転換が必要だ!」と言ってらっしゃいました。
長野全体の何と8割は森だそうです。宝がいっぱいですね^^
(マネージャー渡辺)














2012年2月13日

田中優メルマガ 「冬も電力不足になる理由」

2/7に田中優無料メルマガが発行されました!
まだご登録でない方はこちらよりご登録ください。
http://archive.mag2.com/0000251633/index.html
いつでも最新メルマガが届きます。

また、田中優無料メルマガ転送転載大歓迎です!
どうぞよろしくお願い致します。

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□
   
田中優の“持続する志”

 優さんメルマガ 第110号 
       2012.2.7発行
 http://tanakayu.blogspot.com/

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□

□◆ 田中 優 より ◇■□■□

『 冬も電力不足になる理由 』

 ぼくの講演を聞いたことがある人は、ぼくが「ピークは夏場、平日
日中、午後1時から3時にかけて、気温が32.3℃を超えたときしか出な
い」と言っているのを覚えているかもしれない。だけどメディアでは、
冬だってのになぜか電力不足が言われる。
 「なんでなの?」と思う人もいるだろう。その理由を書こうと思う。

◆ 揚水発電の問題 

 もちろん電力会社が作っている部分もある。電気は貯められないか
ら、その時期に発電所を定期点検すれば当然足りなくなるからだ。

 もうひとつ、原発が止まっていると、揚水発電も使う気にならなくな
るのだ。これまで電力会社は、「原発と揚水発電とは関係ありません。
トータルの電気需要で判断しているからです」なんて言ってきたけど、
実際には大アリだ。揚水発電はバッテリーの役目でしかない。余った
電気があるから貯めておいて昼間に使おうとするのだ。

しかし現時点では原発が止まっているから夜の電気が余らない。
原発は爆発の危険性があるから、下手に出力を上下させられない。
だから昼でも夜でもフル出力で発電する。そのせいで消費の少ない夜に
は電気が余る。その電気を利用するのが揚水発電なのだ。

 ところが、原発が止まると残りは火力発電が主力になる。原発とは
逆に、火力発電は出力を調整できる。余らせるほど発電する必要が
ない。したがって揚水発電の出番はないのだ。

 揚水発電は上下に二つのダムを作り、余った電気で水を上に揚げ、
昼間必要になったら下に落として発電する仕組みだ。下のダムの水を
上に揚げるときに使う電気が10、しかし落として発電する電気は7。
つまり3割ずつ電気を無駄にする施設なのだ。これは「発」電所では
ない。「捨て」電所なのだ。

 さて原発事故で経営が厳しくなっている電力会社が、深夜にわざわざ
余分な火力発電をしてまで揚水発電を使うだろうか。だから電気が余計
に足りなくなるのだ。


◆ オール電化推進が悪い

 冬に消費のピークが出るようになったのは、オール電化を推進した
時期と重なる。
 オール電化に問題があるのだ。電力会社は発電所や送電線を作ると、
それに3%の「適正報酬率」という利益を加えてみんなの電気料金から
取ることができる。だからいつも発電所と送電線を作りたがるわけだ
が、しかしそれには電気消費が増えていることが前提になる。

 ところが困った事態が起きている。これまで人口増加と比例して
電気消費が増えてきたのだが、その肝心の人口が減り始めた。

 それでも何とかして発電所を作り続けたい電力会社があみ出した
ウルトラCが「オール電化」だった。それまで灯油やガスが支えていた
暖房需要を、電気が取ってしまえというものなのだ。

 そこで大キャンペーンが行われ、「環境にいい」「安い」「安全
だ」とPRされた。関西電力では工務店に優遇すると同時に、ガス導入
にいやがらせをした。そのために公正取引委員会からイエローカード
を受けている。公的企業が公取委から警告されるなんて前代未聞だ。
しかし九州電力では、金額まで入れて「すんごくトクする」とPR
した。なんと公取委は九州電力にレッドカード、排除命令を出して
いる。しかもこのPR費用は、みなさんの電力料金になる総括原価
に入って、料金から奪われるのだ。
 
 しかも調査結果では、オール電化導入家庭はほとんど二酸化炭素の
排出量が増えている。環境に悪いのだ。しかもトクにもなっていない。
深夜の安い電気でエコキュートでお湯を沸かし、昼間使うから安いと
言うが、東京電力の深夜電力の値段は、この5年間で5割も値上がり
しているのだ。

 そもそもエコキュート100万円、IHの調理器とナベカマで20万円
ほどかかる。耐用年数10年でも、毎年12万、月1万円以上安くならない
と帳尻が合わないのだ。さらにそこから出る電磁波の悪影響の問題も
ある。

 しかし地域では、大手ゼネコンの進出に青息吐息だった工務店には
ありがたかった。だから太陽光発電を入れるとなると、必ずセットの
ようにオール電化を進めたのだ。

 これが電気消費と二酸化炭素と電気料金負担を増やした。
オランダも、かつて一時的に電気暖房を進めたことがあった。しかし
間違いだったと方針を訂正している。
 日本がダメなのは、方針を変えられない点だ。


◆ 厳冬が電気消費を数倍増やした

 エアコンやエコキュートの省エネの売りは、ヒートポンプ機能だ。

 1の電気で3~5倍も外の熱を集めてくる機能だ。ヒートポンプは
文字通り、「熱の井戸」なのだ。エアコンではこのカタログデータが
過大で、実際には使われない「爆風モード」のときしか稼げないことが
ばれて、問題になった。
 エコキュートも実際にはそんなに集められず、実際には電気の熱量
の2倍程度だ。ちなみに同じ二酸化炭素の排出量なら、ガスのほうが
3倍熱量が大きいから、この時点で電気の負けなのだが。

 しかしこのヒートポンプ機能には弱点がある。氷点下5℃を下回る
と、極端に効率が下がるのだ。その理由は室外機に霜がついてしまっ
て、外気を集められなくなるためだ。そのために寒冷地仕様という
ものもある。しかしそれは霜をヒーターで溶かすだけなので、その
ヒーターがものすごく電気を食ってしまう。

 一方寒冷地仕様でないものは、ついに電気ストーブと同じ効率に
なる。あの数百ワットから一キロワットも消費して、ほんの一部しか
温められないものと同じになる。それで家を温めたらどうなるか。
もちろんむちゃくちゃ電気を食う。

 しかもエコキュートは深夜の電気を使うのだから、最も気温が下がっ
た深夜に熱を集めることになる。これもまた効率を下げていく。この
オール電化の推進が、厳冬と相乗効果で電気をひっ迫させているのだ。


◆今後の温暖化で日本は厳冬化する

 もし今後、厳冬が日本を覆うようになったら大変だ。今すぐ「オール
電化」を禁止しなければならない。
 さてそこで、今後の冬について調べてみよう。

 2012年2月1日の北海道新聞に、海洋研究開発機構が発表した内容
が載っている。温暖化が進行すると、日本の冬が寒くなるかもしれない
というものだ。特にロシアと北欧にかかるバレンツ海の氷の量に左右
されるそうだ。

 ぼくなりの理解で説明してみよう。温暖化が進んだせいで、北極海の
氷がどんどん小さくなっている。2011年9月は、特別な理由がないのに
北極海の氷が最も少なかった2004年にほぼ並んだ。今後は条件が整って
しまえば消滅するかもしれない状況だ。

 そうなると海水面が表面に出てくる。陸地や氷ならマイナス何十℃
にもなるが、水は基本的に零℃までだ。すると相対的に暖かい海から
水蒸気が上がって低気圧を作る。低気圧は上昇気圧になるのだから、
当然どこかで落ちなければならない。それが高気圧だ。

 シベリア高気圧が大きくなると同時に低気圧に押されて日本側に張り
出し、そこから冷たい北風を送りこんでくる。すると日本海の水蒸気を
たっぷり吸い込んで雪を降らせると同時に、日本を厳冬にするというわ
けだ。

◆ オール電化の禁止を

 もうひとつのオール電化のメリットは、高齢世帯でも火事を起こし
にくいという点だ。しかしオール電化でも火災は起きているので同様に
注意が必要だ。それでもメリットを認めたとしよう。
 
 しかしオール電化の電磁波(特にIH調理器が大きい)は、特に今後
子どもをつくる予定のある人は避けるべきだ。それでも高齢者世帯
では、さほど問題ではないかもしれない。高齢者世帯を例外にして
いいかもしれない。しかしそれ以外の世帯では、原則禁止すべきだと
思う。

 オール電化のせいで、2011年の夏の東京電力の電気消費が200万キロ
ワット分も増えていたそうだ。
 つまり計画停電はオール電化がなければ必要なかった。しかも環境に
悪く、経済的にもトクにならず、人体への悪影響も心配しなければなら
ない。こんなものを進めなければ、原発など必要なくなるのだ。原発と
オール電化のセットなら、どっちもやめるのが一番いいだろう。

 こうして冬のピークは伸びている。特に北陸では、新築住宅の半数
以上がオール電化にしているという。そしてメディアもこぞってPRに
協力してきた。こんなことのせいで滅びるのはまっぴらごめんだ。
 
実は、こんなことのせいで、冬のピークが伸びるのだ。


■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□

合同会社OFFICE YU
【MAIL】 officeyu2011@ybb.ne.jp
 担当 渡辺(TEL 090-1544-0085 )  

◆◇このメルマガは転送転載歓迎です。

◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

2012年2月11日

2/14(火)長野・上田にて、木と緑のフォーラムに登壇します


<長野・上田市> 2月14日(火)

田中優講演は15:00~16:45

会場 上小森林センター2階大会議室
    (長野県上田市富士山2464-226/上田駅よりお車で20分)

第16回 木と緑のフォーラム in 上木

「新たな地域の可能性~森林・エネルギー・地域経済の活性化を実現する」

主催 長野県上小地方事務所、上小林業振興会
申込 事務局 長野県上小地方事務所林務課
   TEL 0268-25-7138  FAX 0268-27-2245
   MAIL josho-rimmu@pref.nagano.lg.jp

2012年2月9日

2/12(日)長野・飯山市にて無料講演会

今週の日曜日は長野県へ。
こちらの講演会は、講演後に45分も質疑応答などの時間があります☆
無料でどなたでも参加できます♪

<長野・飯山市> 2月12日(日)

会場 飯山市公民館 講堂

「福島原発をきっかけに-未来のエネルギーを考える」

13:30~15:00 田中優 講演
15:15~16:00 質疑応答・講師と語る会

参加費 無料

主催 長野県教育文化会議 地域と環境教育研究会
申し込み 長野西高校 伊藤幸男 TEL 080-5445-9846

2/11(祝)神奈川・大磯で「地域自給を実現する5つの方法」

★追加情報★ 2/9 13:42現在情報です。

こちらのイベント、定員に達し受付終了とさせて頂きました。
告知頂いた皆様誠にありがとうございました。





優さんの講演前にピアニストで有名なウォンウィンツァンさんピアノ生演奏が決定しました!
会場は海の見えるステキなホールです。
祝日ですので皆様ぜひお越しくださいませ☆

<神奈川・大磯> 2月11日(土・祝)13:00~

会場 聖ステパノ学園 海の見えるホール(大磯駅前)

「3万人の町からできる コト」
-地域自給を実現する5つの方法 ー

参加費 前売1,000円 /当日1,200円 / 中高生800円
託児 要予約  

主催 町民立環境ネットワーク・大磯
 申込 knet.oiso@gmail.com
 問合せ 0463-61-9612(宮崎)


「小さい町だからこそ、できることがある。」

2012年2月7日

2/9まで!東京都「原発都民投票」の署名のお願い

原子力発電所の存在、稼動は、東京都民のみならず立地先の住民や周辺住民など、おびただしい数の人々の暮らしや命を左右します。

 この「原発」を今後どうするのかという重大な問題を、これまでのように、国と電力会社と立地先自治体の判断のみで決めてしまうのは間違っています。 

 そこで、‘ 原発について私たちの声も聞いてください ’という条例を作ってもらうための署名を、東京都と大阪市で集めることにしました。

 大阪市はすでに法定数を達成しました。

 現在、東京都で署名を集めています。
 1部の市町村を除いて2/9が署名締め切り となっています。
 
 東京都も法定数は突破したそうですが、今後 記入ミスなどの無効分が出てくることを考えるとまだまだ安心できません。
 今まで署名して頂いた約21万人の方の意志を無駄にしてはいけないと思います。
 
 もし東京都民の方でまだ署名をされていない方がいらっしゃいましたら、こちらの署名場所をご参考のうえ http://kokumintohyo.com/branch/archives/91アクションをお願い致します。

2012年2月5日

静岡講演 レポート

2/1は浜松、静岡市と静岡で2ヶ所講演させて頂きました。

どちらもおかげさまで会場満員でした。皆さん会場を出られた時の顔が明るかったように思えます。
主催者の皆様、参加頂いた皆様、ありがとうございました。

浜松では、主に原発、これからのエネルギーの仕組みなどのお話を。

◆  浜岡原発は止まっているけど全然安心できない。核燃料のプールはそのまま残っていて、その真下に東海地震が起こる断層があるから。地震のたびに倒壊しないか心配しないといけない。

◆ オランダでの電磁波の基準は4ミリガウス。日本の基準は2000ミリガウス!!
  リニアモーターカーを動かすための基準、人間のための基準ではない

◆ 1年でわずか10時間しか電力のピークが出ていない。その10時間のために、どんどん発電所を建てたがる。なぜなら造れば造るほど、利益を上乗せしてみんなの電気料金からとれるから。自然エネルギーと言う前に、そもそもそのピークを下げることをまずした方がいい。

◆ 年間で10時間しか出ない電力消費のピークの9割は事業者が出している。家庭の1割の大半は冷蔵庫。人々のライフスタイルの問題ではなく、仕組みの問題で解決するしかない。使えば使うほど安くなる事業系の電気料金を、節電すればするほど安くなる電気料金の仕組みにすればいい


私の母親位の、年配の女性の方が一生懸命、優さんのスライドや手元の資料を見ながらメモをされている姿を見ていたら、何だか泣きそうになってしまいました。その一生懸命な姿に感動してしまったのかもしれません。






すぐに静岡市へ移動。
ここでは静岡商工会60周年記念、2012年新春講演会で呼んで頂き、こちらでは主に地域活性化のお話を。

 こちらの商工会の皆さんは市議さんと一緒にはちまきをして市長へ健康保険料値下がりの直談判に行ったりと、(何と当初の予定33を16%ほども削減させたらしいです)(http://blogs.yahoo.co.jp/shizuoka_shohkoh_shimbun/7692111.htmlを参照)活動的です。
 
 それに地元商店街のお店の資本が東京が7割、地元が3割になってしまったことを大変憂いていらっしゃいました。

 そこで優さんが地域活性化についてお話させて頂きました。色々なヒントが今後の復活に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

◆ 営利だと技術を隠さなければならない。僕がやっているものは非営利、みんなに公開して、どうぞ全国でやって下さいと言える。そっちの方が楽しいと思う。僕は営利には興味がない。

◆ 環境は経済に調和する。対立すると思っていたことが間違い。

◆ お隣と同じ駅前の銀行を使っていて、自分は低金利で貯金する、お隣は高い金利で借りている。だったらその銀行なしで、お隣と間をとった金利にしてやりとりした方が、お互い得しませんか?お隣は信用できないけど、駅前の銀行は信用できるのか?そういうお互いが得する仕組みを作っていったらいい。



  (メモはほんの一部です。文責・レポート作成 渡辺 加奈子)

2/10(金) 調布市にて無料講演会

今月東京での講演会はこちらのみです。
無料ですのでぜひお越しくださいませ☆

<東京・調布市> 
2月10日(金)18:30~20:30 

会場 調布市文化会館たづくり8階映像シアター
       (京王線調布駅南口、徒歩3分、市役所隣)

「未来のエネルギーを考えよう 田中 優氏とともに 」

参加費 無料
定員 100名

主催 調布市西部公民館 
    担当 川上 TEL 042ー484ー2531へ申し込み順

2012年2月3日

3/4 フォーラム 「森を守れる住まいづくりを」

田中優が代表を務めますJSTの無料フォーラムのご案内です。
どなたでも参加できます!もちろん田中優もお話します☆

きっと、今までの森や住宅に対する考え方が変わると思います!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  JST研究開発プロジェクト フォーラムのご案内

  森を守れる住まいづくりを 


         -森と街を直接連携する-

   2012.3.4(日) 13:00~17:30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 日本は、国土の68%を森林が占める「森の国」であるのに、
 森は顧みられず荒廃が進んでいます

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

戦後の拡大造林が生物のゆりかごだった広葉樹の森をスギ・ヒノキ
の人工林に置き換え、さらにその後の価格の暴落で手入れもできず、
今の状況に至りました。

戦前には3/4の木材が燃料として使われていましたが、今やほぼ
ゼロになり、また、建物用の木材も輸入外材の使いやすさ、価格の
安さに押されて使われません。雇用を生みだしていた森は、利用
価値のない、雇用を生まない場として見下されています。

森が豊かであれば、森が土地を守り、豊かな養分を海に届けます

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

森が豊かで経済性のある場になれば人々は森に守られて暮らし、生計
を立てていけるようになります。それをめざした森を役立てる試みは、
全国の心ある人たちの無私の努力によって続けられてきました。

そのひとつである「天然住宅」は、市場サイドの家づくりから見直す
ことから始めました。そこからさかのぼる形で、木材の利用方法の
多様化や、乾燥方法、さらには育林方法まで解決策を求めてきました。

 ただの建物という商品の販売ではなく、「森と街を直接連携する
 一気通貫の仕組み」によって有機的につながり、木に始まる
 命の連鎖への参加へと発展させてきました

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

冬の寒い山中、建て主さん自身が森で自らの家の大黒柱の伐り出しに
参加することもあります。天然住宅は、林産地と製材業、工務店と
住まい手をつなげるコーディネートを行い、従来は顧みられなかった
森の出来事を、直接住まい手に届けます。

これまで縦に分断されていた分業の仕組みを、建物から森につながる
横の連携へと変えました。


その過程の多くを林産地で行うことにより、利益を直接山へ返し、
建て主自身が山の手入れを行うことができる仕組みへと変えました
建て主は山を守る人の連鎖の一部になります。


「森と街を直接連携するプロジェクト」は、JST社会技術研究開発
センタープロジェクトのひとつとして、その仕組みの社会的実験と
して、2009年より活動を続けてまいりました。

実現可能性が大きく高まってきた今、多くの人たちとその成果を
分かち合い、日本各地での実現をめざしたいと思います。


そのスタートを前に、ぜひ多くの関係者(森の荒廃に心を痛めて
いるすべての人)の参加を呼びかけます!

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

【 開催概要】

●日 時:2012年3月4日(日) 

●場 所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス
      第1部:63号館201教室
      第2部:55号館一階大会議室(又は竹内記念ラウンジ)

      東京都新宿区大久保3-4-1
      (都心線 西早稲田駅 直結 / 高田馬場駅 徒歩15分)
      http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html


【 第1部 フォーラム】 13:00~17:30

・参加費 無料
・定員  200名

♦2012年初頭「森・街プロジェクト」の大きな変貌を!
堀尾正靱(地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会研究開発領域総括)

♦森と街をつなぎ、市場に受け入れられる新たな仕組み
田中 優 (プロジェクト代表・一般社団法人 天然住宅)
相根昭典 (一般社団法人 天然住宅)

♦天然住宅と気候変動対策,天然住宅の木材,居住環境
外岡 豊 (埼玉大学経済学部)
安藤幸世 (名古屋大学大学院)
高口洋人 (早稲田大学理工学術院)

♦中古住宅市場は作れるか
小川直也 (株式会社アミタ環境認証研究所)
前田拓生 (認定NPOまちぽっと)

♦まとめ・討論


【 第2部 2012年の展開を語る会 】 18:00~

♦今後に向けて、多分野の話題提供者の皆さまと懇親会形式で語り合います。

 木材生産地(宮城)より
 各地の賛同建設会社より
 天然住宅居住者より
 津波被災者(気仙沼)より ・・・等

*第2部のみ有料(懇親会飲食費:2,000円)です。


・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

●お申し込み

 下記アドレスへお名前・ご所属・連絡先を明記してお申し込みください。
 (第1部のみのご参加の場合は、その旨ご記入ください)

◆お申込み先: morimachi8@gmail.com

*いただいた個人情報は、本会の参加者の確認、今後の当PJのイベント等の情報提供のみで利用します。


●主 催
JST・社会技術研究開発センター『地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会』研究開発領域 採択プロジェクト「森と街との直接連携プロジェクト」 代表;田中優、一般社団法人 天然住宅、埼玉大学環境科学研究センター、名古屋大学生命農学研究科、早稲田大学理工学研究所、認定NPOまちぽっと

共 催:(株) アミタ環境認証研究所、NPO木の家だいすきの会、栗駒木材株式会社、工学院大学、東北職業能力大学校、宮城県林業技術総合センター

後 援:日本建築学会 気候変動対策小委員会・住宅カーボンニュートラル達成シナリオWG、(社)日本木材学会、森の駅推進協議会、認定NPO才の木、NPO環境ネットワーク埼玉、NPO EEハーモニー

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
●本イベントに関するお問い合わせ:
 天然住宅・橋本/田中  Tel: 03-5726-4226  FAX: 03-3725-5652
 アドレス: morimachi8@gmail.com
森街プロジェクトHP:http://www.morimachi.net/
広告チラシはこちらから:http://tennenjutaku.seesaa.net/

================================

2/4(土)愛川欽也パックインジャーナルに生出演!


朝日ニュースター「愛川欽也パックインジャーナル」に、
優さんが2/4(土)11:00~13:00生出演します!!

ご覧頂ける方はぜひ☆

番組HP http://asahi-newstar.com/web/01_packin_journal/?cat=18より

●放送内容●
東電料金値上げ 政府は圧縮要請

【今週の出演者】(敬称略)
早野 透(桜美林大学教授)
下村満子(ジャーナリスト)
田中 優(文筆家、未来バンク事業組合理事長)
マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブディレクター)
横尾和博(社会評論家)

【内容】
(1)東電料金値上げ 政府は圧縮要請
(2)原発再稼働地ならし進む
(3)沖縄防衛局長は次々乱暴
(4)国会 60年後の年金制度でもめているそうだ
(5)リベラル元都立高校長 地裁で敗訴


写真は昨年12月10日700回記念に出演させて頂いた時のものです。

2012年2月1日

2月講演会情報

2月になりました!今月は23回の講演予定です。

2月4日(土)は愛川欽也さんの番組に生出演します。

最新情報をアップしましたのでお近くの際はぜひ足をお運びください☆
(詳細がわかったものから、また順次更新致します)

--------------------------------------------------------
<静岡・浜松> 2月1日(水) 13:30~15:30
会場 浜松市福祉交流センター 22会議室 (JR浜松駅、徒歩10分)
    
「原発に頼らない未来は可能か」

参加費 無料
主催 社会民主党自治体議員団会議東海ブロック
共催 社会民主党東海ブロック協議会
    社民党静岡県連合 HP http://sdp-shizuoka.com 
             MAIL info@sdp-shizuoka.com

--------------------------------------------------------
<静岡・静岡市> 2月1日(水) 18:30~
会場 江崎ホール (静岡駅、徒歩5分)

静岡商工会60周年記念 2012年新春講演会
「地域を支える 暮らしを支える 新しい経済を!」

参加費 無料
主催 静岡商工会  
共催 社団法人静岡中小企業研究所
担当者 藤岡/原
    TEL 054-254-3605 / FAX 054-252-3024
    MAIL info@shizuoka-shokokai.jp 
    HP http://www.shizuoka-shokokai.jp/
--------------------------------------------------------
テレビ出演 2月4日(土) 11:00~13:00
朝日ニュースター 「愛川欽也パックインジャーナル」生出演

--------------------------------------------------------
<長野・小諸> 2月5日(日) 13:30~15:00
会場 小諸市民会館 3階大会議室(小諸駅、徒歩5分)

こもろはす 平成23年度環境フォーラム(第3回くらしの市民講座)
「~福島原発事故をきっかけに~私たちの暮らしを見つめ直そう」

参加費 無料
定員 100名
主催 小諸市・小諸市消費者の会
問合せ先 小諸市生活環境課 担当 安藤貴正
     TEL 0267-22-1700
     MAIL kankyo@city.komoro.nagano.jp
     HP http://www.city.komoro.nagano.jp/

--------------------------------------------------------
<東京・調布市> 2月10日(金)18:30~ 20:30 
会場 調布市文化会館たづくり8階映像シアター
    (京王線調布駅南口、徒歩3分、市役所隣)

「未来のエネルギーを考えよう 田中 優氏とともに 」
参加費 無料
定員 100名
主催 調布市西部公民館 
    担当 川上 TEL 042ー484ー2531へ申し込み順

--------------------------------------------------------
<神奈川・大磯> 2月11日(土・祝)13:00~
会場 聖ステパノ学園(大磯駅前)
「3万人の町からできる コト」
-地域自給を実現する5つの方法 ー  

参加費 前売1,000円 /当日1,200円 / 中高生800円 
託児 要予約  
主催 町民立環境ネットワーク・大磯
申し込み knet.oiso@gmail.com
問い合わせ0463-61-9612(宮崎)

--------------------------------------------------------
<長野> 2月12日(日)
会場 飯山市公民館 講堂

「福島原発をきっかけに-未来のエネルギーを考える」
講演13:30~15:00
質疑15:00~16:00

参加費無料
主催 長野県教育文化会議 地域と環境教育研究会
申し込み 長野西高校 伊藤幸男 TEL080-5445-9846

---------------------------------------------------------
<東京> 2月13日(月) 18:30 非公開

---------------------------------------------------------
<長野・上田市> 2月14日(火)田中優講演は15:00~16:45
会場 上小森林センター2階大会議室

第16回 木と緑のフォーラム in 上木
「新たな地域の可能性~森林・エネルギー・地域経済の活性化を実現する」

主催 長野県上小地方事務所、上小林業振興会
申込 事務局 長野県上小地方事務所林務課
   TEL 0268-25-7138  FAX 0268-27-2245
   MAIL josho-rimmu@pref.nagano.lg.jp

--------------------------------------------------------
<長野・松本> 2月16日(木)15:00 非公開

--------------------------------------------------------
<埼玉・さいたま市> 2月17日(金) 13:00~
会場 さいたま市文化センター 4階多目的ホール
   (JR京浜東北線・武蔵野線 南浦和駅西口より徒歩7分)

「地域でエネルギーを自給する」

資料代 500円(エコ・リサ会員は300円)
定員 150名

エコ・リサホームページの電子メール申し込みをご利用いただくか、
又は、参加申込書に必要事項を記入し、郵送・FAXによりお申し込みください。

エコ・リサHP http://www.townnavi.info/eco-risa/index.html
郵送・FAXの宛先 
  〒 330-0074 さいたま市浦和区北浦和3-1-3 ホップビル3F
  「NPO法人 埼玉エコ・リサイクル連絡会データバンク事業部」     
FAX 048-827-1268
<申込み締め切り> 平成24年2月10日(金)

--------------------------------------------------------
<長野・上田市> 2月18日(土)13:40~15:10
会場 上田市塩田公民館(塩田駅、徒歩5分)

「持続可能な未来のつくり方」
田中優、鎌仲ひとみさんとのトークセッション

参加費 1000円(2日間)・大交流会費2000円(飲食代含む)
小ずくセッション 15:20~18:00
大交流会 18:30~20:30
主催 蚕都くらぶ・ま~ゆ、未来づくり全国フェスタ実行委員会
お問合せ TEL 0268-27-3186 
     MAIL meili@ued.janis.or.jp(安井)

-------------------------------------------------------
<長野・松本> 2月19日(日)10:00~12:00
会場 JA松本ハイランド (松本市南松本1-2-16)

「原発に頼らない社会へ」

主催 平和友好祭実行委員会
問合せ 長野県教 職員組合(担当 鷲澤拓治) TEL 026-235-3700
参加申込不要

-------------------------------------------------------
<愛知・安城市> 2月20日(月)18:30~
会場 Gourmande(グルマンドゥ)(三河安城駅、徒歩2分)

「子どもたちのための未来のために」
参加費 2000円(1ドリンク込) 小学生未満は無料
定員 80名
申込 TEL 0566-77-1128 MAIL info@gourmande.jp

-------------------------------------------------------
<東京・杉並区> 2月21日(火) 非公開

-------------------------------------------------------
<兵庫・尼崎> 2月23日(木) 14:00~16:00
会場 尼崎市中央地区会館大ホール(阪神尼崎駅、徒歩5分)

「放射能除去技術について」

参加費 500円 
定員 200名 要予約先着順

主催 田中優尼崎講演実行委員会
申込・問合 担当 高橋 sankakibou2.23@gmail.com

-------------------------------------------------------
<岡山・高梁市> 2月24日(金)10:00~13:00 
会場 百姓屋敷わら (高梁市川上町下大竹2085) 

「私たちの暮らしが創る地球の明るい未来☆」
講演 10:00~12:00
昼食 12:00~13:00
 (手打ちうどんを食べながら優さんを囲んでの食事会を行います)
  (昼食が不要な方も参加は可能ですが、料金の変更はありません)

参加費 2,000円(昼食うどん付き)

主催 和楽プロジェクト
問合せ 担当 ヤマムロ TEL 0866-48-3243 TEL 090-9503-4968
    MAIL info@warapro.jp

-------------------------------------------------------
<岡山市> 2月24日(金)19:30~21:30 
会場 岡山県天神山文化プラザ1Fホール(JR岡山駅、徒歩15分) 

「ぼくらの未来の話をしよう!〜あれから、そしてこれから〜」

参加費 前売1,500円/ 当日1,800円
定員 270名 
主催 NPO法人 SAUDADEHAUS ENNOVA 
    担当 打谷(うちたに) TEL 090-7101-4134  MAIL info@ennova.jp
    HP http://ennova.jp/?cat=3

-------------------------------------------------------
<広島・呉市> 2月25日(土) 13:30~16:00
会場 広ステーションホテル (広駅、徒歩1分)

「未来のための講演会」
参加費 前売1,000円 / 当日1,200円
主催 瀬戸内の未来を明るくする会
連絡先 佐々木 090-2800-5190 釣流 090-4106-7571

-------------------------------------------------------
<広島・広島市> 2月25日(土) 18:30~20:30
会場 レイノホール (中電本社前、徒歩1分)

田中優トークライブ in グランドゼロ

従来の「科学」で放射状除去はできるのか?!
‘ 民間の最新技術でこともたちを救おう ’

主催 エコでピースな市民のひろば(チームエコピー)
   広島地区 090-9502-4111 (村田) 
   福山地区 090-1355-3274 (渡辺)
   呉地区  090-6404-2076 (青山)
   県北地区 090-5260-4967 (寺尾)

-------------------------------------------------------
<広島・広島市> 2月26日(日) 13:30~16:00
会場 広島工業大学 広島校舎

「未来のための講演会」
参加費 前売1,000円 / 当日1,200円
主催 自然エネルギーを考える会
共催 1条と9条の会、広島なずなの会、poco a pocoの会
連絡先 田中 090-3372-3143 石丸 090-9507-3644
     森山 080-5625-7001 伊川 080-5621-6154

----------------------------------------------------
<広島・福山市> 2月26日(日) 19:00~21:30
会場 福山市民参画センター5階第一会議室(福山駅、徒歩5分)

・田中優講演「原発マジ話 -お金が変われば、社会が変わる-」

・対談 田中優×落合真弓さん(ごみ5R推進本舗代表)
    「福山を変える!これからは地域循環型社会」

参加費 1,000円
定員 120名 
主催 ごみ5R推進本舗
   084-924-2431(落合) MAIL jza03215@nifty.ne.jp

----------------------------------------------------
<神奈川・横浜> 2月28日(火)  非公開

----------------------------------------------------

12/21(土)天然住宅完成見学会@中野区 午後の部は田中優セミナーも

☆ 14時からの回は田中優セミナーつき です ~住みつなぐ家~ お母様から娘様へ、そしてお孫様へ。 ぜひ住みつないでいってほしい。そんな家です。 親子3世代で伐採していただいた大黒柱を中心に、2階リビング空間が広がります。 畳スペースには...