ページ

2014年11月23日

「寒さだって役立つ資源  ~あるものを探せる人に~」

『寒さだって役立つ資源  ~あるものを探せる人に~』

(2012.3.1有料・活動支援版メルマガ "未来レポート" 第8号より)


■歳時記

かつて学校に勤めていた頃、給与・ボーナスは現金で支給だった。
だから数千万円を下ろしてきては、担当者がせっせと現金を数えていた。

ボーナスのときにこんな会話が出る。

「このおカネを盗んで高飛びしたら、どれぐらい暮らせるかな」

「うん、海外じゃないと足がつくし、数年で終わっちゃうかな」

「でも退職金はパーだし、やっぱり盗んでもダメだな」

「そうですね」

高額の退職金が「フラチな夢」の抑制になっていた。
その後、給与はすべて口座振込に変わって、
この「フラチな夢」はなくなってしまった。

このフラチな夢の会話が、延々と毎年繰り返されていた。
「このインローが目に入らぬか」みたいに、毎年毎年同じ会話をする。
 歳時記だな、これはと思った。


 同じように、天候の話題も繰り返される。

「今年の冬は寒いよねぇ」

「特別冷えますね」

「温暖化だなんて、やっぱウソだな」

「こんなに寒いと外に出る気がしないですね」

「早く春にならないですかねぇ」

「そうだなぁ」

 こんな会話、した人、手を挙げてください。

いや、パソコンの前で挙げても見えないですよ。
■アイスシェルター

 しかしこれを活用した人がいる。去年、てんつくマンに誘われて洞爺湖に出かけた
ときのことだ。「アイスシェルター」というものがあって、面白いから見に行こうと
誘われた。でもマジメな農家というと、ぼくのイメージはガンジー爺だ。
いいかもしれないけど、なるべく敬遠したいタイプだ。

しかし佐々木ファームさんに行くと、若くて不真面目なイメージの(失礼!ホメ言葉
です)佐々木さんがいた。この装置についてあれこれ聞くと、「それがわかったら、
今ごろぼくはこんなところにいませんよ」と屈託なく笑う。実にいいヤツだった。

 そこにあった装置が「アイスシェルター」だ。





 大きな施設で軽トラックが積荷を乗せたまま入ることができる。シャッターを空けた
場所に所狭しと農作物が並べられている。ここは野菜やジャガイモの保管庫なのだ。

 しかし冷蔵庫ではない。電動ではないのだ。この大きな施設の壁には断熱材が入って
いて、熱を逃がさないようにしている。しかしその内側に並んでいるものが特別なのだ。
やや小さめのバスタブのようなものが、びっしりと並べてある。

 上から下までぎっしりと。そこには水が貯まっていて、溶けたもの、半分溶けたもの、
まだ凍ったままのもの、それぞれある。これを凍らすのが今ごろなのだ。

 洞爺湖周辺はマイナス20℃なんて日がざらにある。だから冬場の北海道人は互いに
マイナス」をつけずに話す。「今日は20℃ですね」なんて。春のうららかな日なんか
イメージしたら凍え死んでしまう。

 その日になると、アイスシェルターの後ろ側にある小さな窓を開けるのだ。

 年に一回だけだから、終わると釘で打ちつけてしまうと言っていた。するとずらっと
並んだバスタブの水が凍り始める。
 そんなことしたら、何もかも凍ってしまうと思うだろ? 

 でもここに水の不思議な性質があるのだ。水は凍るときに熱を出す。「潜熱」という
ものだ。そのおかげでシェルター内は零℃に保たれる。この一度で凍結を終えると、
あとは一年間ずっと使う。暖かくなると水が溶ける。溶けるときには周囲の熱を奪うので、
一年中零℃に保たれるのだ。それが一年もつように、たくさんのバスタブが並んでいたのだ。
■「歳時記」を逆手に取る

 このおかげで、野菜は新鮮に保たれる。しかもあらゆる冷暖房装置の欠点は、空気を
乾燥させてしまう点だ。しかしこれは湿度がたっぷりある状態で冷蔵するので、野菜は
まるで生きているみたいに保存される。同様に雪を用いてコメを保存し、おいしいまま
出荷する試みが、寒い地域である北海道や上越、東北にもたくさん行われている。
これは「雪室」だ。

 こうした利用方法を「氷雪エネルギー」と呼んでいる。

 北海道の老人施設では夏場の冷房に使われていたりする。湿度が高い冷房は、野菜だけ
でなく、人間も長持ちさせているようだ。

 しかも北海道を代表するジャガイモでは、この温度がジャガイモの糖度を増すそうだ。
ほっこり甘いジャガイモになるから、とても喜ばれる。そして近くにあるサミットにも
使われた高級食材に、この野菜が使われているそうだ。施設そのものは決して安くはないが、
それなら元が取れるのではないか。

 この話は風が強くて困っていた山形県立川町の風車に共通する。ただの「困ったこと」に
終わらせず、それを逆手にとって利用したのだ。

 ただの「歳時記」に終わらせない地域の知恵だ。


■ あるものを探せる人に


 あるとき、地域を活性化できる人には特徴があることに気づいた。

 この地域には「~がない」という人が地域をダメにする。
 逆に地域を生かせる人は必ず、「~がある」と探せる人なのだ。


 もしかしたら人に対しても同じなのかもしれない。私たちは軽々しく「あの人は
使えない」などと言う。そのときには学力だったり、仕事の早さだったりするのだが、
その一本だけの価値軸しかないことが私たちの暮らしを窮屈にしている。

 パソコンを打つのが早いとか、良いプログラムを考えつくとか、仕事以外の実生活
の中では何の役にも立たないことで判断している。

 それより「この人は動物に好かれる」とか、「一緒にいるとほっとする」とか、
そっちのほうがいいのではないか。

 その能力を役立てられる仕組みを作れる人が一番いい。

 ぼくの友人で、人を役立てるのがとてもうまい人がある。しかも相手は気難しい
お年寄りだ。どうやっているのかやっとわかった。彼は全員で出かけて、事務所を
留守にするとき、ただカギを掛ければいいだけなのに、わざわざ近所のお年寄りの
ところに行く。

 そして「これからぼくら全員出かけてしまうんで、留守番をお願いできますか」と
言うのだ。翌日にはお年寄りは「この団体はオレがいないとちっとも成り立たないんだ」
と言っているそうだ。

 人はいつも役割を欲している。

 その役割を届けられる人が、一番素晴らしい人のように思うのだ。


■ 未来にワクワクする

 今日もまた、「歳時記」のような会話が出てきたら、今度はそれを逆手に取る方法を
考えてみたらどうだろう。

 地球温暖化を調べたところ、この冬の寒さは温暖化で北極海の氷が溶けたことに関係
していた。相対的に温度が高い海水面で上昇気流が起きて低気圧になり、その登った気流
が落ちてくるのがシベリア高気圧であるらしい。そのシベリア高気圧こそ、日本に冷気を
送り込んでくる本体だ。

 だから今後、地球温暖化が進むほど、日本の冬は寒くなっていくようだ。

「今年の冬は寒いよねぇ」

「特別冷えますね」

「温暖化だなんて、やっぱウソだな」

「こんなに寒いと外に出る気がしないですね」

「早く春にならないですかねぇ」

「そうだなぁ」


 ではなくて、アイスシェルターを考えたほうが生産的だ。いや、生産的であるかどうか
なんて二の次だ。それより未来にワクワクできるじゃないか。

 ワクワクしているとき、ぼくは生きていて良かったと感じるのだ。

---------------------------------

▼ご参考ください
佐々木ファーム「野菜のための専用保管施設、アイスシェルター」
http://www.sasakifarm.net/ice.html

こちらの文章は、11/17発行田中優無料メルマガでも掲載しました。
http://archive.mag2.com/0000251633/20141117112213000.html 

※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


2011年12月に始め現在77号まで発行してきました
「田中優有料&活動支援版メルマガ "未来レポート"」
バックナンバーを公開しています。

通常の有料メルマガは多数の写真や図を用いていますが、
公開バックナンバーは文章のみとなります。

最新のメルマガや写真・図付きでバックナンバーをご覧になりたい方は、
こちらよりお取り寄せください。

バックナンバーのみでもご購読可能です。

↓    ↓    ↓   ↓


★田中優の持続する志(有料・活動支援版メルマガ)★

 月2回発行(15、30日) 540円/月 登録初月は無料

 ご購読・サンプル・バックナンバーはこちらより


 → http://www.mag2.com/m/0001363131.html



2014年11月21日

11/21まで!宇宙基本法(宇宙戦争法)パブコメ

田中優より

「なんと、今日(11/21)までのパブコメ。

宇宙基本法(宇宙戦争法のこと)の計画案です。


▼新「宇宙基本計画」(素案)に関する意見募集についてhttp://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=095141050&Mode=0


 ぼくは以下のように書いて送りました。

『新「宇宙基本計画」案に反対します。

計画案は従来の「科学技術」「産業振興」「安全保障」の三本柱の総合的国家戦略
から、「従来の研究開発に重きを置いた施策から、利用を重視し、出口戦略を明確
にしたものへ」とされている。

その内容は「我が国を取り巻く環境が厳しさを増し、我が国の安全保障上の宇宙の
重要性が著しく増大」したが、「我が国が自前で宇宙開発利用を行うための宇宙産
業基盤は揺らぎつつあり、その回復・強化が我が国にとって喫緊の課題」だから強
化をというものになっている。


宇宙上での安全保障は原爆と同じく開発しても実施できない(実施したら人類が滅ぶ)

ものとなるのは必至で、しかもその強化は著しく財政を圧迫する。核廃絶に人類が動
き始めたのと同様に、その方向に進まないように各国と協議し外交努力で防ぐべきも
のであって、推進すべきものではない。

宇宙基本法の制定時に公明党は「憲法の理念に則ること」という修正案を出し、
受け容れられて成立しているが、その憲法の趣旨は軍拡ではなく抑止を目的として
いる。法の趣旨に反している。

「産業基盤が揺らぎつつある」のは宇宙業界に限ったことではない。しかも他国への

輸出を志向しているが、それは根底から宇宙戦争の可能性を広げ、世界の安全保障を
危うくする。他の産業の基盤回復を目指すべきだ。

しかも宇宙開発と軍事が必要とする化石エネルギーは膨大で、目的の一つとする地球

温暖化を促進する。この「宇宙基本計画案」は、独善的で国際協調のかけらもなく、
世界の安全保障および地球環境を阻害するので賛成できないだけでなく、反対せざる
を得ない。』

11月29日(土)北海道・旭川市にて無料 講演会



地球温暖化防止シンポジウム
「日本の未来はどうなる!今が選択の時」

豪雨、竜巻、豪雪、デング熱…日本の未来はどうなっていくのか?
私たちができることはあるのか?~


■日時:11月29日(土曜日) 午後1時~午後3時45分

■場所:旭川市科学館サイパル(旭川市宮前通東)

■参加:無料

■定員:70名(要申込み)

■主催 旭川NPOサポートセンター (旭川市市民活動交流センター内)
TEL:0166-74-4151 FAX:0166-39-2131
メール:info@cocode.jp


最近頻繁に起こっている異常気象の現象について、その原因や今後の予測。

また、自然資源が豊富な北海道だからこそ取り組むことのできる新エネや省エネ・
創エネなどについて、各地の取り組みの現状と、その取り組みによって地域活性化
に結び付いている実例などについて、専門家をお招きしてそれぞれの立場から
お話頂きます。

第1部 13:00~14:20 基調講演 講師:田中優 氏
   
第2部 14:30~15:45 シンポジウム
    コーディネーター:田中優 氏
    パネリスト:
    ・平岡俊一氏(北海道教育大学教育学部釧路校准教授)
    ・谷内一弘氏(旭川地方気象台土砂災害気象官)


温暖化がもたらす市民生活への影響について考えてみませんか。

第1部では基調講演として環境活動家の田中優さんをお招きし、
地域でできるエネルギーの自給自足による温暖化防止やペレットストーブ生活
などについてお話いただきます。

第2部では田中優さんのほか、北海道教育大学釧路校准教授の平岡俊一さんと
旭川地方気象台土砂災害気象官の谷内一弘さんによるシンポジウムを開催いたします。

★お申込・お問合せ

旭川市市民活動交流センターCoCoDe内 旭川NPOサポートセンター
TEL:0166-74-4151 FAX:0166-39-2131 
またはE-mail info@cocode.jp  にて


★詳細はホームページでご確認ください。
http://www.potato.ne.jp/~asahinpo/event/index.html



2014年11月20日

祝&感謝!FB公式ページ いいねが8,000を突破!!












公式facebookページ「田中優コミュニティ」のいいね!の数が、
ついに8,000を突破しました!

2011年の年末に開設して以来、約3年が経ちます。

これからも田中優からの最新情報、有益な情報を皆様に発信していきたいと思います。
まだの方はぜひいいね!をよろしくお願いします。

して今後ともどうぞよろしくお願い致します。 (スタッフ)



★ facebook 「田中優コミュニティ」
 https://www.facebook.com/tanakayupage




ヨウ素131検出、医療用の漏出では?

田中優より

「今では福島原発由来の放射性ヨウ素131が検出されるはずがない。
新たな核分裂がない限り。
よくあちこちで検出されたと出るけれど、医療用のものの漏出だと思う。」


▼放射線治療に使用されたヨウ素I-131はどこへ?
http://togetter.com/li/290705

11/20~27 元米兵によるファルージャ大虐殺スピーキングツアー


田中優より

「今、日本が戦争に参加しようとする分岐点にいるから、
だからこそ現実を知ってほしいと思います。

米兵として『ファルージャの大虐殺』に参加してしまったことの反省から、
リアルな戦争とはどんなものなのかを伝えるツアーになっています。」


※田中優は出席できません。
http://blogs.yahoo.co.jp/kotyannomama/17024160.html
http://iraqhope.exblog.jp/23740726





▼ツアー概要(facebookイベントページ)

https://www.facebook.com/events/778212778882905/?pnref=story

イラク戦争の検証を求めるネットワーク主催の、

集団的自衛権や激動のイラク情勢についてのキャンペーン。

11月20日から27日まで、東京、京都、神戸、名古屋、大阪、再び東京と、
スピーキングツアーを行いますので、是非、ご参加、シェアよろしくお願いします!



集団的自衛権、米軍のイラク空爆を問う!
元米軍海兵隊員の反戦アクティビスト、
ロス・カプーティさんスピーキングツアー


■ロス・カプーティさんプロフィール

1984年生まれ。米軍によるイラクでの最悪の虐殺とされる2004年11月の

ファルージャ総攻撃に米軍海兵隊員として参加。
そこでの経験はカプーティさんを反戦運動へと駆り立てました。

罪悪感に苛まれ、軍服を燃やしたカプーティさんは、
「The Justice for Fallujah Project (ファルージャの正義プロジェクト)」を設立。

同プロジェクトには、言語学者・社会哲学者のノーム・チョムスキー教授など
米国の著名な反戦活動家も参加、米国の戦争犯罪の犠牲者との連帯を促進し、
米国によるすべての戦争と占領を終結させるため活動しています。

また、イラクの戦争犠牲者への「ISLAH -Reparation Project-(イスラーハ 
-償いプロジェクト-)」の共同設立者となり、イラク支援ボランティアの
高遠菜穂子さんの協力も得ながら難民・国内避難民支援や医療支援を行うと同時に、
和解、平和構築などにも取り組んでいます。


■ロスさんから日本の若者達へ伝えたいこと


彼はどんな青春時代を過ごしたか、
どんな想いで軍に入隊したか、
ファルージャでどんな経験をしたのか、
どんな想いで軍服を燃やしたのか。


自身の体験を中心に、
帰還兵のPTSDについてなどを、
日本の若い世代に向けて、
お話してもらおうと考えています。


また、イラク現地への支援と交流を続けている立場から、
現在、国際的に問題となっている「イスラム国」にどう対処すべきなのか、
武力行使しかないのかも語ってもらいます。


そして、あの凄惨なファルージャ総攻撃から10年という節目、
開戦以来イラクは最悪の状況となり、
世界はさらなるテロの脅威にさらされている中で、
ロスさんが「償いプロジェクト」を行っていることの意味、
戦争を起こしてしまった国の人間が、
戦争被害にどう向き合い、
どう行動していくか、
その実践についても語ってもらいます。

企画・主催 イラク戦争の検証を求めるネットワーク
お問い合わせ先 志葉 玲 (メール reishiva@gmail.com / 電話090‐9328‐9861)


----------------------


【東京・記者会見&院内集会】2014年11月20日(木)17:00~19:00
衆議院第二議員会館の第7会議室
主催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク

----------------------


【京都】2014年11月21日(金)18:30~20:30(交流会あり)
かぜのね 多目的スペース
http://www.kazenone.org/
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク 市民社会フォーラム


----------------------


【兵庫】2014年11月22日(土)17:00〜19:00(交流会あり)
元町映画館 2階「黒の小部屋」
http://www.motoei.com/
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   市民社会フォーラム

----------------------


【奈良】2014年11月23日(日)18:00〜20:00
土庫病院4階研修室
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   ロスさん&高遠さんと語る会

----------------------


【名古屋】
2014年11月24日(月)18:30~20:30(21:00まで延長可能)
名古屋第一法律事務所 3階会議室(名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル)
資料代:1,000円
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 元原告&元弁護団有志


----------------------


【大阪】
2014年11月25日(火)18:30~20:30
会 場 エルおおさか709号室
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   市民社会フォーラム
   WSFおおさか連絡会
   イラクの子どもを救う会

----------------------


【東京・シンポジウム】
2014年11月26日(水)19:00~21:00
明治大学研究棟2階 第9会議室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
資料代:1,000円 (学生無料)
パネラー:柳澤協二、谷山博史(交渉中)、ロス・カプーティ
ファシリテーター:志葉玲
イラク現状報告:高遠菜穂子
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク

----------------------


☆ロス・カプーティさん招聘ご支援のお願い


ロス・カプーティさん招聘では、ロスさんや通訳他スタッフの交通費、
宿泊費などの多額の費用がかかります。
こうした活動を継続していけますよう、
是非、多くの方々からのご助力いただけますよう、事務局一同願っております。


▼活動資金カンパ (1口1,000円以上) 振り込み先


・郵便振替の場合
口座番号:00230-6-116390
口座名:イラク戦争の検証を求めるネットワーク


・他金融機関からの振込みの場合
ゆうちょ銀行 当座預金
店番:029(ゼロニキュウ) 口座番号:0116390
口座名:イラク戦争の検証を求めるネットワーク

2014年11月18日

松戸市議選、増田かおるさんが当選!

田中優も応援演説やイベント登壇をさせて頂いていました、
増田かおるさんが松戸市議会選挙に当選されました!!

本日、お忙しい中増田さんより直接田中優事務所に当選のご報告がありました。
お母さんとして、子どもたちのためにも放射能対策なども変えていって頂きたいですね☆
田中優と増田かおるさんは25年前からの知り合いだそうです。

これからも応援しています!(スタッフ)


増田かおると子どもの未来の会 応援の声より






○●○●○●  松戸駅前にて 応援演説の様子 ○●○●○●○●










▼「真実を探すブログ」

【速報】千葉県の松戸市議選、放射能被ばく対策を訴えたDELI氏と増田かおる氏の当選が確実に!DELI氏は僅か48票差でギリギリの当選!