ページ

2015年5月21日

『生命体、破滅の足音』

2015.4.27田中優無料メルマガより


『 生命体、破滅の足音 』

 ■数年前、雑木林で  
 
 今や全員が勤め人になってしまっているが、三人の男の子がいる。しかしかなり 最近まで、
一緒にカブトムシなどの虫取りに出かけていた。ぼく自身が昆虫を捕まえるのが好きなこと
もあるし、子どもたちの側も親になる前に自分で虫を捕まえられるようにならなければ、とい
う気合を持っているようだ。  

 虫は種類によって特定の木に集まる。その暮らしを理解すると、予想外な場所でも捕まえ
ることができる。そうして成人している子どもたちと共に、昆虫採集に出かけていたのだ。  

 しかしある年のこと、目を背けたくなるような現実に出会ってしまった。いつも採りに行く
場所は梨畑に沿った雑木林で、あまり下草の高くないフェンス沿いの場所だった。そこを
訪ねると、カブトムシが腹這いになり、足を絡ませながら死にかけていた。しかも一匹や
二匹ではない。こんなにこの森にいたのかと思うほどのたくさんのカブトムシが、すでに
死んだもの、死にかけているもの、おそらく数日という連続性ををもって転がっているのだ。 

 子どもたちにぼくは言った。「農薬だ」と。  

 思えばその時から次第に虫捕りから遠ざかることになった。二度と見たくないという気持
ちもある。しかも福島原発事故以降は、それまで聞いたこともないような昆虫の奇形が見
つかり始めた。あくまで一方的な思い込みだが、ぼくと昆虫との美しい思い出と無垢なる
存在に対する思いを壊したくなかったのだ。 


 ■ネオニコが作る「沈黙の春」  

 それはおそらくネオニコチノイド系の殺虫剤だろう。今では専門的には「浸透性、 持続性、
水溶性殺虫剤」と括られる。ネオニコと成分は異なるが、同様の被害をもたらすフィプロニ
ルという名の殺虫剤も現れているからだ。  

 それらの殺虫剤は殺すべき対象であるカメムシだけでなく、トンボやミミズ、甲虫類をも
殺してしまう。そしてダニとクモ類にはほとんど害がない。その結果、撒いた場所はクモや
ダニが増え、ミツバチの大量死についても「ダニのせいだろう」 と言われるような状況に
なっている。 

  これに対する世界的研究が行われた。「浸透性殺虫剤タスクフォース」というもので、
世界中から集まった中立の立場のさまざまな分野の研究者によって、 1121もの査読付
き学術論文を読み解きながら進めてきた研究だ。昨年日本を含むアジアでも発表され、
辞書のように厚い報告書が、間もなく日本語でも読めるよ うになる予定だ。※
(※ 2015.4.30に発行されました 
http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2015/05/wia_20150502.pdf ) 


 その調査結果は寒気を感じるほどのものだ。1990年代に入ってから(それはネオニコ
が使われ始めた時期だ)、ヨーロッパの各地から昆虫と野鳥の数が著しく 減少した。殺虫
効果を生かすため、作物の種子自体をネオニコに漬けておく。 すると育った作物もまた
殺虫効果を持つからだ。  

 ところがこの殺虫剤は著しく分解が遅く、数カ月から数年も土壌内で蓄えられる。それま
で使われていた「有機リン系農薬」のように数日で分解しはしないのだ。毒性が減らずに
残るだけでなく、殺虫剤が分解された後の成分も、最初の殺虫剤と負けず劣らずの毒性を
持っている。  

 毎年農地として利用されているなら、分解する間もなく蓄積することがある。 その処理を
した種子の数粒を野鳥が食べただけで致死量に達することもある。被害を与える効果が、
生物種によって大きく異なるためだ。  

 そして怖いのは、これまでの殺虫剤のように臭い匂いがしたり、木の葉の上にべたべた
と残りはしない点だ。何も気づかずに虫たちは被害を受け、ことによると絶滅してしまうだ
ろう。 

 そう、カブトムシたちは何度かに渡って殺虫剤で殺されていた。だから撒いた日に対応
して死骸が並んでいたのだ。何の警戒心も持たないまま。


 ■ネオニコ漬けになった私たち 

  しかしこのタスクフォースの報告書には書かれていないことがある。重大なのが人体
に対する影響が書かれていないことだ。  ヨーロッパでは今年までの3年間、ネオニコ殺
虫剤は使用モラトリアム(不使用) されていて、その理由の一つには人体に対する危険
性も書かれていた。

 それは誰の研究発表によるものだったか。なんと日本人研究者によるものなのだ。数人
しかいない研究者だが、それでもきちんと追い続けてくれている。それはたまたま群馬県
でクリニックを開業している医師が統計的に調べ、その基礎データを研究者に渡してくれ
たおかげだった。その最新調査結果を聞く機会を得た。  

 主に出る症状として「抑うつ」「短期記憶の喪失(過去三日間の食事内容を書かせて
るとわかる)」「高血圧」「心不全」「皮膚病」そして「振せん(手の 震え)」などがある。

 特にこの震えである程度の判定ができる。手を伸ばして握り、その後に指先まで伸ばし
てみたときに指に震えがあるかどうかで見ることができる。職場でやってみてほしい。もし
震えがあったとしたらネオニコ中毒の可能性がある。  

 ネオニコ系殺虫剤が最も使われているのは果実で、健康のためにと果実をよく食べて
いる人が危ない。次に茶葉だ。野菜にも使われるし、家庭内のゴキブリやイヌネコのノミ
取りにも使われている。それを除去していくと一週間程度で症状が収まることが多い。
ネオニコはニコチン系殺虫剤なので、喫煙者の方が大丈夫になることも多い。  

 もしこうした殺虫剤がなかったなら、人々はもう少し賢くなっている可能性すらある。 
最新研究は被害のない対照群と被害のある人の比較で、その尿中に含まれるネオニコ
系殺虫剤とその分解物の検出結果だった。なんと被害の出た人は、そうでない人と比べ
て33倍も検出されていた(オッズ比というが、33を超えていた)。 これほどのオッズ比など
聞いたことがない。被害とネオニコ接種との間には、ほぼ間違いない関係があると言える
だろう。 

 このネオニコといい、放射能といい、私たち暮らしは五感では感知できない毒物に囲ま
れ始めた。しかも両者ともに脳にダメージを与え、本人は気づかないままに問題を集中し
て考え続ける能力が失われていく。  せめて子どもたちだけでも守れないものかと思う。

2015年5月20日

手虫の大量発生の原因と小鳥の急激な減少

田中優より
「今全国的に毛虫が大量発生している。
この事例での原因は「小鳥の急激な減少ではないか」と。

先日ネオニコチノイドなどの浸透性・水溶性・持続性殺虫剤のレポートで、
世界的に「小鳥が減少している」という報告を見たばかり。
こういうことだったんだね。」


テングチョウ異常発生エノキが丸裸状態です。マイマイガの影響か?と思われますが、テングチョウの異常大発生が原因のようです。テングチョウの異常発生の原因は小鳥の急激な減少の様に思われます。生きものの連鎖は恐ろしいものです。いつ人間に襲い掛かるか解りません。その原因が人間で無い事を祈らずにはおられません。
Posted by 岐阜・美濃生態系研究会(関市・美濃市・岐阜県) on 2015年5月14日

松戸市 甲状腺超音波検査判定結果



田中優より
「松戸市のこの結果をどう見たらいいだろうか?」



▼松戸市甲状腺超音波検査判定結果 松戸市公式ホームページ



「千人塚」での殺戮。こんな仲間につくなんて。



田中優より
「ここでは女学生らが機銃掃射で千人以上殺された。
これは戦争法違反。 こんなことをした国(米軍)の仲間につくなんて。」


淀川河川敷に女学生ら千人以上の遺体…大阪市旭区「千人塚」法要、今年が最後
 http://www.sankei.com/west/news/150509/wst1505090049-n1.html


昭和20年に大阪を狙った空襲は8回を数えるが、6月7日、城北公園付近に避難した
人々を狙った銃撃は、最も凄惨な無差別攻撃の一つだったといわれる。  

朝からの焼夷(しょうい)弾の大量投下で工場や民家が炎上するなか、公園には、
四国から集められ、近くの繊維工場で働いていた女学生も集団で避難していた。  

米軍機はそこをめがけて低空から機銃掃射を執拗(しつよう)に繰り返し、
木に隠れた女学生まで撃ち殺したという。・・・

2015年5月19日

5/31まで公募 ネオニコチノイド系農薬による汚染調査



一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト


2015年度特別公募「ネオニコチノイド系農薬によるミツバチの生活環境汚染調査」――
検証用サンプルの測定費用を助成!


一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストが毎年実施している「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募に、2015年度は追加で特別助成を行います。


「田んぼ」と「果樹その他」の2部門で、

ネオニコチノイド系農薬による蜂蜜や花粉、
周囲の水質などの汚染状況を検証したい

個人・団体の応募をお待ちします。

測定結果はabtで取りまとめ、年度内に公表する予定です。



応募締切: 2015年5月31日

採否通知: 2015年6月中旬

調査結果発表: 2016年2月末までの適当な時期


▼詳しくはこちらから
http://www.actbeyondtrust.org/info/1949/


「ダムはほんとうに必要ですか?」パタゴニアの支援でラッピングバス始動!


パタゴニア、すごいですね!
ラッピングバスにこんなメッセージが
↓   ↓   ↓
写真は 「石木川まもり隊」ブログ  石木ダム考えようラッピングバス始動! より

『パタゴニアは石木川を守る活動を支援します。』










▼石木川まもり隊フェイスブックページより
 https://www.facebook.com/ishikigawamamoritai

---------------------------

『5月2日からラッピングバスが走っています。
アウトドア用品メーカー「パタゴニア」の支援で1年間佐世保市内を走ります。
「失うものは美しいもの。ダムはほんとうに必要か考えましょう。」』

---------------------------

今後も注目していきます!

2015年5月15日

『 商品が創る革命 』 5/17ライヴ・アースまつや出演に向けて

田中優無料メルマガより

毎年出演させて頂いています
「ライヴ・アースまつやま」出演に向けての田中優メッセージです 

今年は2015年5月17日(日)に開催、 

何と田中優トーク出演が12:20~、16:00~の2回 

素敵なアーティストも出演、ヨガコーナーやオーガニックなお店など多彩です。 
皆様、会場にてお待ちしています! 

 ★出演者、タイムテーブル、出店リストなどこちらよりチェックを 
http://liveearth-matsuyama.com/





--*--*-*--*--*--*--*--*--*--

 □◆ 田中 優 より ◇■□■□

 『 商品が創る革命 』

 ■新時代のブレイクスルー  

 ぼくが子どもの頃、そろばんが習い事の定番だつた。習い事が嫌いなぼくは逃げ出して
 しまったが、達人が暗算するのは今でも驚嘆の目で見ている。しかしその時代はカシオの
 計算機が全く塗り替えてしまった。その電卓もたちまち値段が下がり、百均で買えるほど
 のものになってしまった。そろばんは電卓に消されていった。定番の習い事が趣味になっ
 てしまった。  

 同じように新たな商品は時代のブレイクスルーになっていく。これまで電気は原子力で
 命懸けで作られてきた。少なくとも電気はそれほど価値あるものと考えられてきたのだ。 

 しかし我が家は今、電力会社の送電線につながっていないが電気に困ることはない。 
わずかな太陽光発電パネルと充電装置で電気が自給できているからだ。そうなってみると、
 たかが電気に命を賭けるのは異常に思える。


 ■新たな商品が時代を創る  

 江戸時代、「千歯扱き(せんばこき)」という稲の足踏み脱穀機が生まれた。別名「後
 家殺し」、効率が数十倍上がり、後家さんの働き先を失わせたという機械だ。産業革命
の頃には機械のせいで職を失った人たちによる「ラッダイト運動」という機械の破壊活動
が行われたそうだ。今の原発再稼働や原発推進は「ラッダイト運動」ではないだろうか。 

  新たな商品は新たなライフスタイルを生み、意識を変える。私たちが今進めるべき運動
 は、時代をブレイクスルーさせる新たな商品の開発ではないのか。その商品は決して新し
 くなくていい。  

 古くからある技術に新たな技術を加えて、超高性能な品を創ることもできるからだ。
 ITEという技術は、従来からの鉛バッテリーを何度も再生する技術だ。これまで環境負
 荷の大きさから疎まれてきた鉛バッテリーが、再生されるごとに環境負荷を半減させて
いく。これをソーラーと組み合わせると、安くて付加価値の高いオフグリッドが可能になる。 
これがもう寿命が尽きた技術と思われていた鉛バッテリーを、文字通り再生させた。


 ■地方からの発明を  

 電気を使うことが悪なのではない。その発電方法が問題だったのだ。それなら電気と組
 み合わせてもっと画期的なものを生み出せないか。電卓はその後、さらに進化している。
 かつてはコンセントにつなぐものだった。しかし今電卓を使うためにコンセントを探す人
 はいない。あのわずかなソーラーだけで電気は足りるからだ。液晶という省エネ技術が
オフグリッドを実現したのだ。  

 その発想と充電技術の発達を組み合わせたら、将来の家電製品は日が当たればコン
セン ト不要にすらできるだろう。冷蔵庫はわずか15年ほどの間に97%もの節電に成功
した。 その電力消費量は畳一枚分のソーラーで発電できる。もし充電装置が発達すれば、
畳一枚 分のソーラーを日当たりのいい場所に設置できればコンセント不要になる。冷蔵
庫は将来、 屋外に置くのが当たり前の品になるかもしれない。  

 新たな時代は忘れられている従来技術と、新たな技術の組み合わせから生まれるので
はないか。プラスチックのエネルギー浪費と環境負荷が見直されて、木質資源に代わる
時代だ。燃料もまた石油、ガスなどの化石資源から木質バイオマスに変化しつつある。
 メディ アも広告媒体としては斜陽化しつつある。インターネットなら都会である必要が
ない。  

 つまり条件に恵まれているのは地方になる。さらに地方なら、消費と生産を一体化させ
 ることができる。ここに変化の芽を見る。 

  2015年を新たな視座から新たな商品が生み出し、社会を変えていく始まりの年に
できないだろうか。

--*--*-*--*--*--*--*--*--*--

2013年度トークはこちら





 


2014年度トークはこちら

特攻は美しくない


田中優より

 「ぼくはいろんな場面で「乗り遅れる体質だ」とずっと思ってきた。
たぶん陶酔する能力が低いのだと思う。
でも自分に陶酔する人を見るにつれ、この性格も悪くないなと思い始めた。」




「今日の一言 上官は 出撃しない。上官に目をかけられている者は指名されなかった。」

http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-1238.html

漫画や小説に書かれていることを あたかも 「歴史的事実」と思い込む人が居ることを 
当初信じられなかった。   

しかし、 色々な意見をネットで見るようになり、 そういう社会状況であることが 
わかってきた。   
ノンフィクションと フィクションの違いを 見分ける力が 国民の間に不足している。 






2015年5月13日

『自然エネルギーを市民の手に取り戻そう 』

田中優無料メルマガより

□◆ 田中 優 より ◇■□■□ 



 『自然エネルギーを市民の手に取り戻そう 』


 ■太陽光発電の買取中断、本当の理由  


九州電力が太陽光発電からの固定買取を中断したことを皮切りに、全国半数の 
電力会社が自然エネルギーからの電気を買取中断した。そのため電力会社への
批 判が集中した。 

  その多くは電力会社の買取中断が恣意的なものであり、送電線を増強してでも 
買取りを広げよというものだった。しかしこれには誤解がある。中断されたのは事業
向けの大きなものだけで、小さな家庭向けの太陽光発電ではなかったのだ。  

 九州電力は中断した理由について、大きなメガワットを50kW未満の小規模事業
に分割したものが多く、「公平性が保てない」と話している。しかしそのくせ 50kW
未満の太陽光発電の買取りを再開し、今なお買取中断しているのはそれ以上の
大きな事業者の設備だけだ。  

 この50kW未満に分割する大規模な太陽光発電はそもそも理不尽なものだった。 
送電ロスが著しく多い低圧送電線に流し、変電設備が不要なために発電した電気 
は遠くまで届かず、しかも管理する有資格者不要、200万円以上かかる変電施設 
も不要、グリーン減税の対象として投資家の税負担が軽減されるものとなってい た。 

 その電気は電圧を整えていても発電量の変動が大きい。しかしそのまま家庭系 
の低圧送電線に流し込むので、家庭などの電化製品の寿命を縮める可能性がある。 
少なくとも事業者が用いる高圧の電気では使えないレベルの電気だ。  

 一方、一般家庭が売電したとしても屋根の広さから10kW未満しか乗せられず、 
買取期間は事業系の20年に対して10年、得られる利益は事業者と比べて半分しか
ない。買取りの費用は電力会社の事務経費を含めて、すべて家庭などから徴収して
いるのだから、電力会社にしてみれば経費負担の問題はない。  

 今回、買取中断されたのは、家庭系ではなく中規模より大きな事業系の太陽光
 発電だった。これに市民が憤るのはお門違いだ。 本当の問題はどこにあるのか。
それを知るべきだ。  

 今回の買取中断は、送電線の容量の問題だった。高圧送電線は太陽光発電の
買 取問題以前から、原子力の再稼働と石炭火力発電の増設ですでに一杯だった。

  その「容量」には二つの意味がある。入れられる電流量と、高圧線を不安定に
する電圧の変動範囲だ。今回買取中断に至ったのは、入れられる発電量以上に 
「変動範囲の容量」の問題が大きかった。

 太陽光の場合、日が陰ると発電量が 10分の1に下がり、±5%の範囲しかない
圧変動に悪影響を及ぼしかねない。 これが最大の問題だったのだ。 


 ■新たなエネルギーを古いシステムで語るな  

 それに対して市民側は情報の公開とともに、高圧線の増強や揚水発電の活用
な どを主張した。私はこれは間違いだと思う。本来の自然エネルギーのメリットは
 地域分散型の電気にできることだ。

  ところが買取量を増やすために高圧線の増強や揚水発電利用を拡大したのでは、 
本末転倒ではないか。従来型の電力供給側の論理を進めなければ自然エネルギー
が伸ばせないとしたら、未来はさらに電力会社に支配されることになる。  

 電気需要を見直し、必要な量を近隣で発電し、小さなコミュニティーごとの電気シ
ステムを構築して使う。スマートグリッド(送電線網)のような電気供給システムに
向いているのが太陽光発電なのだ。  

 もともと電気の消費は、三分の二までが大きな企業の消費、家庭の消費は全体の
 五分の一しかない。その小さな電気消費のために、巨大な設備を構築するのは合
 的でない。  






 自然エネルギーを伸ばすには、それに見合ったシステムが必要だ。揚水発電も
超伝導のスーパーグリッド構想も、どちらも蓄電を含んでいる。しかし蓄電には供給
側の電力会社に巨大なものを設置させるよりも、自然エネルギーに蓄電設備をつけ
 るか、消費する側に小さな蓄電設備を設置した方が経済的だ。

 美味しい水を得るに は蛇口の先に浄水器を設置すればよく、水道局の浄水場に
活性炭装置をつける必要はない。費用がかかる上にトイレを流す水まで美味しい
水になる。  

 必要な場所に小さく装置を入れる方が合理的だ。  

 電気の大部分は大企業が使っているが、その価格は家庭の電気の三分の一
程度となっている。しかも自然エネルギー買取の費用のほとんどは家庭が負担
させられ、 出力が不安定な電気もまた押しつけられている。  

 電気は企業の使う「大きな電気」と、家庭の使う「小さな電気」を分けて考えるの
がいい。家庭などの「小さな電気」に、大きな発電をする風車や水力などは使えな
い。それらは発電量が多すぎ、しかも電気消費が足りないと空回りして壊 れる装
置だからだ。無理にそうしようとするから巨大な送電線や揚水発電が必要になる
のだ。

 「小さな電気」には太陽光発電を充て、大きな電気に他の自然エネルギーと蓄電
装置を用いればいい。



 ■エネルギーを自給する気概を  


 2016年からは家庭の電気も自由化される。他国で見るそれは、携帯電話の乗り
 換えに似たものだ。しかしそのときにもまだ電気が上意下達の仕組みで、すべて
 の市民は電気を与えられるだけの存在だとしたら、電気の民主化は実現しない。  
 
 そのときにはメニューを選ぶお客様ではなく、自分たちで電力会社を設立する 
存在でなければいけない。それには自分たちで電気を自給していく気概が必要だ。

  その電気自給のオフグリッドすら、すでに高価でもない仕組みができているのに
自給しようとする人は少ないままだ。この程度の気概では、電力会社の意のまま
従わさせられてしまうだろう。 

  巨大増強グリッドに最大でも10%も使えず3割の電気をムダにする揚水発電に
したならば、電気料金は限りなく高くなり、原発や従来型の発電方法に適した仕組
みになり、独裁・強権・管理国家に進んでしまうだろう。  

 必要なのは「エネルギーデモクラシー」ではなかったのか。
 市民の手にエネル ギーを戻していこう。

 「自給エネルギーチーム(自エネ組)」が導入しているバッテリーの再生技術に
より、電気を自給するのは難しいことではなくなった。



  あとは私たちがどれだけ気概を持つかだけの話なのだ。


 ( 川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。) 


--------------------------------

   ●より詳しい情報は、こちらをご参考ください● 


 田中優有料・活動支援版メルマガ 

 ■『使えない電気を、投資家利益のために増強する愚(上)
  ~せっかくの自然エネルギーを中央集権にしてはいけない~』 (2014.10.30発行 第76号) 



『使えない電気を、投資家利益のために増強する愚(下) 
 ~自然エネルギーを旧態依然の器に盛るな!~ 』  (2014.11.15発行 第77号)  



をご覧ください! 詳しく解説、図や写真も多数用いています。 

 

まぐまぐ 有料・活動支援版メルマガ
 「田中優の未来レポート」


 ・月2回発行、540円/月   登録初月は無料! 
・バックナンバーのみでも購読可能  

 ★サンプル、ご購読手続きはこちらより
 → http://www.mag2.com/m/0001363131.html