ページ

2014年4月18日

ピックアップNEWS:「ODA、軍事利用の解禁検討」

◆◇ 田中優より ◇◆


「いよいよODA(政府開発援助)がきなくさくなってきました。
 ところが問題にすべきNGOのほうの足並みの乱れも問題です。
 政府資金を得たんだから日の丸を掲げろ(これ自体が海外の国によっては危険だし、
市民の直接のつながりをめざすNGOが国にからめ取られたんでは地球市民はでき
ない)とか、外務省の指示に従え(そうしないと「自己責任」でバッシングされるぞ)とか
言われても、反対しきれない団体も多いのか実情です。

 こんなのに従っていたらFGO(For Government Organization=政府のための組織)
になっちゃうよ。
 さらに兵器も援助できるようになったらどうなる?」
 


NEWS

「ODA、軍事利用の解禁検討 政権、民生支援から転換」
(朝日新聞 2014.4.1)
http://www.asahi.com/articles/ASG307DRSG30UTFK00R.html
 

2014年4月17日

4/20(日)天然住宅 完成見学会@滋賀・彦根



【4/20(日)天然住宅 完成見学会@滋賀・彦根】

田中優より
「滋賀県にも天然住宅が建ちます。
国産木材を買い叩かずに使い、安全で健康に暮らせる家が標準になってほしいです。」

※田中優は参加できません。

…………………………………………
─☆  ・4/20(日)完成見学会@彦根
/|\…………………………………………

滋賀県彦根市での見学会が決定しました。

今回、建て主のT様と、地元の工務店秋村組さんの協力で
滋賀に天然住宅を建てることができました!誠にありがとうございます。
T様のご厚意でお引渡し直前の完成見学会を開催させていただきます。

延床面積40坪の総二階+ロフトのお宅です。
1Fのダイニングには薪ストーブが置かれ、吹き抜けを設けています。
広々とした天井をもつリビングには南側からの陽の光をたっぷりと取り入れます。
リビングには小上がりの和室があり、建具を開ければさらに広がりを感じられます。

内装仕上げは、無垢杉のフローリングと、オリジナルの布クロス、一部漆くい仕上げ。
外壁は、ガルバリウムと一部塗り壁仕上げでアクセントをもたせています。

もちろん、天然住宅仕様で安全な素材だけで建築しています。
是非心地よい空気感と手触りを体感していただければと思います。

お待ちしております。

★建物データ
建築面積:78.55平米(約23.76坪)
延床面積:133.98平米(約40.34坪)
間取り:5LDK
工法:木造(強化筋交工法)

日時:2014年4月20日(日)AM/PM 10:30~12:00,13:30~15:00
場所:滋賀県彦根市(近江鉄道本線「ひこね芹川駅」)から徒歩15分
※お車でお越しの方はご相談ください。

参加費:無料
内容:天然住宅の取り組みについて代表相根より講演+完成見学会

▼お申し込みはこちらから
http://tennen.org/tours/140420/

2014年4月13日

パパ目線で追う避難・移住 「福島原発事故後に暮らす」

【福島原発事故後に暮らす
 ~この小さな手に未来のバトンを渡したい~】

2月に書いた原稿が、岡山で無料配布されている「こられぇおかやま vol.2」に
掲載されました!




この冊子、岡山での就労、企業、行政サービス、食べ物、子育てなどなど、
色んなことが掲載されています。
岡山への移住を考えられている方、移住された方など、ぜひご参考ください。


▼子ども未来・愛ネットワーク
http://kodomomirai.businesscatalyst.com/index.html


************

『パパ目線で追う避難・移住』コーナーより


「福島原発事故後に暮らす」(田中優)

 2012年12月に転居してきました。
 福島原発事故の後、講演会を依頼されて汚染地にも行きました。
そこで「できればここに住んでいない方がいい、でも出られなければ次のことに気を
つけてほしい」と話していました。

 他人にそう話していながら、自分が汚染されている東京に住み続けることに矛盾を
感じて転居したのです。妻に子どもができる前だったのですが、岡山に来てから妊娠
がわかりました。

 今子どもは生後7か月(※2013年7月に産まれました)、すくすくと育っています。
子どもを育てるのは20年ぶり。もうすぐ孫が生まれるのに自分の子どもです。

 赤ん坊は自分で生きられず、すべてを大人に委ねて育っていきます。人間はこの作業
を営々と続けてきたのですね。子どもが苦手だったはずの妻は、子どもが生まれてから
別人のように子ども好きになりました。「母性本能」は信じませんが、すべてを頼り切
る赤ん坊の存在がきっと人を変えるのだと思います。

 ちょっと老けていますが父として、この子が生きるに値する社会にしてあげたいと
思うのです。最近「リセット」という言葉が脳裏に浮かびます。思えばぼくが環境運動
に参加したのも、26年前に子どもが生まれたおかげでした。

 子どものおかげでぼくは何度でもリセットされていきます。これでいいのか迷ったり
悩んだりするけど、その姿を見ていると「このまま続けよう」と勇気が湧きます。

 ぼくらはリレーのランナーみたいに次の世代にバトンを渡すために生きているんじゃ
ないかな。

 一番上の子はすでに社会人で非営利事業を支え、次の子は弁護士の卵で、玄海原発
訴訟の手伝いを始めた。三番目の子はホームレス支援活動のNPOで、ハードな仕事
に前のめりになっている。

 この赤ん坊がどんな子になってくれるのかはわからないけど、生きるのを楽しみに
暮らしてほしい。

 この小さな手に未来のバトンを渡したいんだ。
 


2014年4月10日

ピックアップNEWS:日本でも危険なダム誘発地震

◆◇ 田中優より ◇◆

ダム誘発地震の話です。
イタリアのバイモントダムでは山崩れが起きて、2000人以上のふもとの村を壊滅させています。
日本でもやん場ダム、設楽ダムなどほぼ確実に地震が誘発されそうなダムがあります。
少しは学ぶといいんだけど。」

 



<参照>

2014年4月9日

9坪ハウス見学会:4/10(木)~13(日)すまうと×天然住宅オープンハウス@戸塚



田中優より

「ぼくは小さな家のほうがいいと思う。
 それでも化学物質を使わず安全な素材で伝統的な建て方をする。
 今回はそこに、これまた極力化学物質を用いない「すまうと」さんの
 家具を置いた状態での見学会です。

 外装はガルバリウムにアースして、
 電磁波カットもできるようにしています(窓はしていません)。
 どうぞお越しください。」

 ※田中優は同席できません。


===== 概要 =====


天然住宅の規格プラン、初めての「9坪ハウス※」ができました。

1階にリビングダイニング、水回りを設置、
2階はあえて間仕切りを設けず、1ルームで広々と使用します。

当日は、天然住宅に協力してくれている、
家具やインテリアを中心としたものづくり集団「すまうと」さんの協力のもと、
ダイニングテーブルや椅子など、家具を設置した状態でご覧いただけます。

接着剤を可能な限り排除した、無垢材のおしゃれな家具、
天然住宅の雰囲気にもピッタリです。

今回は、期間中(4月10(木)~13(日))予約制での見学会となります。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

※「9坪ハウス」は、建坪が9坪、総二階で延床面積は18坪のコンパクトでシンプルな住宅です。


★建物データ
建築面積:29.82平方メートル(約9.04坪)
延床面積:59.64平方メートル(約18.08坪)
間取り:1LDK
工法:木造(強化筋交工法)


■日時:2014年4月10日(木)~13(日) 10:00~16:00

■場所:神奈川県横浜市戸塚区南舞岡
    JR戸塚駅からバスで10分+徒歩3分
    もしくは、地下鉄ブルーライン「舞岡」駅 徒歩15分

    ※詳細はご予約後にご連絡いたします。

■参加費:無料

■内容:スタッフが天然住宅とすまうとの家具を個別にご案内します。


■お申し込み受付:お申し込みはこちらから
 http://tennen.org/tours/140410/

2014年4月7日

御礼:JVC年賀状、ハガキ収集キャンペーンがいつもの3倍!

【ご協力感謝申し上げます!】

田中優も理事を務めます「JVC(日本国際ボランティアセンター)」で3/31まで
行っていました「年賀状、はがき収集キャンペーン」ですが、皆様のご協力の
おかげで例年の3倍も集まったそうです!!
http://www.ngo-jvc.net/jp/notice/2014/01/20140115-postcardcollection.html


中には田中優フェイスブックやメルマガなどの告知でお知りになり、
かき集めたら何と50枚以上も見つかったので全部JVCへ送ったとの
お話もありました。

送って頂いた皆様、告知して下さった皆様、本当にありがとうございました。
活動費として有効に使わせて頂きます。

キャンペーンは終了しましたが、はがきなどは随時集めておりますので
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年4月6日

有料メルマガ3月号は『農業を追い詰める農薬開発』(前・後)

田中優、有料・活動支援版メルマガの3月号は 最近問題視されているネオニコチノイド系農薬を中心としたお話です。 農業だけでなく私たちの身近なところでも使われている農薬、 その危険性や対策方法など、ご興味のある方はぜひお読みください!

『農業を追い詰める農薬開発』 前編(3・15発行)・後編(3・30発行)


<抜粋>

ネオニコチノイドとの遭遇
 ネオニコチノイド問題にぼくが関わることになったのは、「美味しんぼ」の原作者の
雁屋哲さんに「環境と食をテーマにマンガを描きたいのでアドバイザーをやってくれな
いか」と頼まれたのがきっかけでした。
 
 

 
 

(中略) ・・・その対象で特に問題になったのはアセタミプリドというネオニコ系農薬成分で
した。そのアセタミプリドが一番使われているのはどこでしょう。
 
 なんと東京都なのです
 
 
(中略) ・・・かつて国内で「農薬を飲んで自殺する」人が多かった。しかしその原因を調べた
結果は驚くべきものだった。死因は農薬本体の毒性ではなく、添加物の毒性が大きかった
のだ。  たとえば遺伝子組換え作物で用いる除草剤「ラウンドアップ(成分名グリホサート)」
では、15%添加された界面活性剤のおかげで中毒症状を起こしていた。それなのに、
添加物が問題にされずに本体だけの毒性しか調べていないのだ。


(中略)

・・・こうした農業が実現した今、農薬はもう要らない。要るとしてもごくわずかに
一時的に利用するだけでいい。「いたちごっこ」になってしまう理由のひとつは、
中途半端な農薬利用が耐性を作らせてしまったせいなのだから。

 だから自信を持って反対しよう。
 もうこれからの農業には農薬は不要だと。



<項目>

・ネオニコチノイドとミツバチ
・農業をダメにする農薬マフィア
・ネオニコ農薬の持続性、水溶性、対ハチ毒性
・人体影響
・実例
・気をつけなければならない食品
・あちこちに使われるネオニコ農薬
・生き物に聞けは農薬は不要だ  など



 
 

★ 登録初月は無料でご覧頂けます。まずはお試し読みをどうぞ 



■有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
 バックナンバーのみも購読可能です 540円/月 2回発行 
 http://www.mag2.com/m/0001363131.html
 

2014年4月5日

ピックアップNEWS:黒子のバスケ事件 犯人の供述全文が興味深い

田中優より

黒子のバスケ脅迫事件について。

「いわゆる「負け組」に属する人間が、成功者に対する妬みを動機に犯罪に走ると
いう類型の事件は、ひょっとしたら今後の日本で頻発するかもしれません。
明け透けに申し上げますと「こんなキモい奴は死刑でいいじゃないですか!」
という気持ちです。」
 

これ、なんと犯人の渡邊博史氏自身の供述です。

犯罪者の記述なのに、気持ちが伝わります。


↓   ↓   ↓
 
「黒子のバスケ」脅迫事件の被告人意見陳述全文公開

1 http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140315-00033576/

 http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140315-00033579/


2014年4月4日

4/7まで先行チケット発売: 5/18開催 ライヴ・アースまつやま 


毎年田中優もトーク出演させて頂いています愛媛・松山での
「ライヴ・アースまつやま」、今年は5月18日(日)に開催されます。 今年は三宅洋平さん、GAKU-MCさんらの参加も決定!!   【2014出演者】
 
 三宅洋平 LITTLE TEMPO GAKU-MC    DEWACHEN 田中優 Cendrillon+Djs 【HP】 http://liveearth-matsuyama.com/
 
そして4月1日から4月7日までの1週間限定で、 とってもお得な「先行グループチケット」の発売が始まりました! 通常、前売1500円 当日2000円のところを、 『先行グループチケットスタート!♪』 (4名)¥4000です!! ぜひご検討ください♪ ↓   ↓   ↓ <店頭販売> ●モアミュージック 30組限定! 愛媛県松山市大手町1-9-10 089-932-3344 ●Keep-on 10組限定! 20時以降の購入 愛媛県松山市二番町1-7-11 089-986-7668 ●DUKE SHOP※電話・ネット予約なし 【松山店】松山市大街道2-1-3-1F 【高松店】高松市丸亀町4-7 【高知店】高知市帯屋町1-10-14 <プレイガイド> ●ローソン・ミニストップ店頭(Lコード:61704)  ※電話・ネット予約なし ●サークルK・サンクス・セブンイレブン店頭(Pコード:226-197)  ※電話・ネット予約なし ●ファミリーマート店頭 ※電話・ネット予約なし

4月20日(日)神戸にて講演会

 


あなたも節電と発電の達人に! 神戸でんでんフェス

【日時】2014年4月20日(日)11時~16時

【場所】神戸市勤労会館7階大ホール
    市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分
【参加費】1000円(原発事故避難者の方は500円・18歳以下無料)※お子さん連れ歓迎(保育士による保育はありませんが、お昼寝や気分転換ができるスペースを確保しています)

【内容】
 ●節電と発電の実践報告
 ●節電と発電に関連するブース展示
 ●講演 田中優さん「電力会社に頼らない生活はできる!」

【主催】神戸でんでんフェス実行委員会

【連絡先】 kobe.dendenfes@gmail.com  090-8528-32507(松本)

【フェイスブック】  
https://www.facebook.com/events/218361838357074/