2018年5月25日

特典号『田中優 ×船越康弘さん 対談動画』

5月25日、田中優有料・活動支援版メルマガ“特典号”として、

『田中優 × 重ね煮でも有名な 百姓屋敷わら「船越 康弘さん」の対談動画』
 
をお届けしました!
 
こちらは限定公開となりますので、

●有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html


または

●DMMオンラインサロン
「田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう」
https://lounge.dmm.com/detail/962/
 


にご登録頂いている方が閲覧可能になります。
 

食のこと、住まいのこと、健康のこと、エネルギーのこと、これからの生き方について・・約1時間の対談です♪
 


有料・活動支援版メルマガは、5月末までのご登録で「無料」でご覧いただけます。

 
5/15発行の第162号:「 健康に暮らすための第六、第七の栄養素 」と5/30発行予定のメルマガも無料になります。
ご登録はこちらより  http://www.mag2.com/m/0001363131.html


ご興味のある方はぜひご覧ください☆

-------
  
動画より・・
 

船越さん
 「その通り!!だから私は常に面白がって生きていると、面白がっている人に出会えるって言っているので。もっと若い人たちにその本当の意味での面白さっていうのを伝えたいですよね。」
 

田中優

「ほんとにね。みんな何か閉じ込められちゃっているように見えるよね、色んな常識だの学歴だのに。色んなしがらみの中で閉じ込められて生きているみたいだからさ、自由になって欲しいですね。」
 

ーーーーーーーーーー

★船越康弘さんプロフィール★

自然食料理人

1956年、岡山県生まれ。

20歳の時、食養を世界に広めた故桜沢如一氏の思想に出会い、食べ物を変えると人生が変わることを実感。

その後、食養料理の大家、故小川法慶氏に師事。

1986年、岡山県の吉備高原の山奥で自然食の宿「百姓屋敷わら」をスタート。

自然食を単なる健康志向ではなく、幸せと感謝の生きかたに進化発展させる。

2000年、まずは自分から自分を楽しませることを実現させるため、ニュージーランドに移住。

食をゆったり楽しんでもらう宿「オーベルジュ WARA NZ」を開業し、成功させる」

2006年12月、日本に拠点を戻し、百姓屋敷わらでのイベントを軸に、全国でセミナー、講演会、料理教室などを行っている。

著書に「わらのお話」、おいしく楽しくありがたく」「穀物菜食動物・人間」

船越かおりとの共著に「野菜たっぷり重ね煮レシピ」、「わらのごはん」、「わらの料理」がある。

百姓屋敷わらのホームページ http://wara.jp/






2018年5月24日

6月3日(日)「持続可能な食」&「持続可能な住まい」講演会@六本木

同じ会場で違うテーマの2講演をさせて頂きます!


 
第3回ホリスティック コミュニティ Day

テーマ「持続可能な未来~今できること~」
みんなの意識が変わった時に社会は変わる!!

特別ゲスト 田中優さんから学ぶ“持続可能な未来のつくり方”



■日時 2018年6月3日(日)11:00~19:00
 
■会場 株式会社ホリスティックウェルネス 乃木坂スタジオビル


 東京都 港区六本木7-4-14  
http://holistic-wellness.jp/holistic_community_day2018#access

 千代田線 乃木坂駅 3番出口から徒歩3分
 大江戸線 六本木駅 7番出口から徒歩4分
 日比谷線 六本木駅 4a番出口から徒歩5分

  東京ミッドタウン西交差点より徒歩1分
ホリスティックウェルネス 乃木坂

入場料:1,000円(当日支払)

・2階のイベントプログラム(特別講演は別途1,500円)、地下にご入場いただけます。
・1階の飲食、路面のマルシェのみのご利用の場合は必要ありません。


17:30~田中優さんの特別講演について
入場料+特別講演 =2,500円  ※早割⇒5/31までの事前振込み 2,000円

席数に限りがあるため(定員30名)、事前予約のご協力をお願いします。

1)メールフォームにて、イベント名・ご氏名・ご住所・連絡先などをお知らせください。⇒ http://holistic-wellness.jp/holistic_community_day2018#form

2)事前振り込みの場合は、お申し込み後1週間以内に、下記口座へお振り込みください。
 ※「申込人名」と「振込人名」が異なる場合は、ご連絡ください。
 ※ご入金が確認できない場合は、キャンセルとさていただくことがあります。

<お振込先> 
三井住友銀行 六本木支店 普通 7586921 カ)ホリスティックウェルネス


ーーーーーーーーーーー

■田中優講演はこちら
 
14:00~14:40 「持続可能な住まい」
入場料1000円の中に入っています


田中優より

「今の住まいは持続可能でない。住まいのほとんどはシックハウスにつながる化学物質にまみれていて、鈍感な人でなければ健康に暮らせない。
 
 中国では「中国の白血病患者児童の9割の住宅が高級リフォームされており、毎年210万人の子供が内装材料が原因で死亡している」と中国工程院院士の呼吸疾病専門家の鐘南山(しょうなんざん)氏が報告している。さらに記事は「化学物質を使わなければ建築ができないとしている。

 しかし私たちのする非営利の「天然住宅」では、有害な化学物質を排除し、300年もつように住宅を建て、しかも値段で叩かれて青息吐息の山側にしっかり支払いをする住宅建築を行っている。しかも高くない価格で。

 実現は不可能ではないのだ。健康を保つには空気が一番大事だ。私たち人間は飲食で体内に入れる重さの五倍も呼吸から体内に入れている。食品以前に空気が大事なのだ。さらに今は電気や水、熱の自給をめざしている。その「天然住宅」も設立して10年経つ。新たな仕組みによって持続可能な住まいを選択できるようにした。どんな仕組みで建てるのかを紹介したい。」
 

 
  
特別講演 17:30~19:00「持続可能な食」 


定員30名様、特別講演につき、入場料+1,500円(5月31日までの事前振り込み2,000円)

田中優より

「主要農産物種子法」がこの4月から廃止され、種子が企業に支配されようとしている。遺伝子組み換え作物は除草剤を撒いても枯れない種を開発する。ということは除草剤を使うことが前提だ。MIT(マサチューセッツ工科大学)の報告によれば。それによって2025年には子どもの半数が自閉症になる可能性があるという。日本の種子はどうなるのか。

 それ以前に日本では、「要指導児童数」が激増している。ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、自閉症、情緒障害などで、今や教育機関が崩壊しかけている。100人に一人だったものが10人に一人となった。同時期に販売量が増加したのが「ネオニコチノイド農薬」だった。

 体を維持するための食事が体を壊してしまうのだとしたら、「食べるべきか食べないべき」なのだろうか。大切な食を守るには丈夫な作物を育て、素材を活かせる調理をし、その前提となる「土地づくり」をしなければならない。しかしそれを簡易に実現できる原則がわかってきた。今や年間の出生数が100万人を切ってしまった。子どもを大切にできる社会には何が必要なのだろうか。」


 
■主催  株式会社ホリスティックウェルネス
 

【お申込み・詳細はこちらへ】
http://holistic-wellness.jp/holistic_community_day2018
http://holistic-wellness.jp/holistic_community_day2018#form


★田中優特別講演のフェイスブックイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/238894973357424/






2018年5月23日

vol.1 田中優1『電力の未来はオフグリッドしかないかも』~オフグリッドトークライブ書き起こし 

株式会社Re様のホームページにて、田中優×オフグリッドの生みの親でありパーソナルエナジー開発・販売をされている粟田さんとの対談イベントでの書き起こしを公開中です。

イベントは2016.2.20に開催されました
https://tanakayu.blogspot.jp/2016/02/off-grid-live2016.html





----------------------------

vol.1 田中優1『電力の未来はオフグリッドしかないかも』
    http://re-energy.co.jp/news/97/


----------------------------

 ぼくは電気の専門ではないですが、電気の話で出回っているニュースが結構ウソだらけな状況だと思います。

 その辺については後で粟田さんの方から紹介して頂くということで、早速ぼくの方からプレゼンテーションを始めていきたいと思います。


▼”電力の未来はオフグリッドしかないかも”

 最初のスライドは、パリ協定が決まった時のCOP21の写真、その時にみんな大喜びをして環境NGOは良かったと京都議定書以来のパリ協定が決まって、これで地球温暖化は止めていけるかなというような話になったんですが、実はこのパリ協定が何でまとまることができたのかと見ていくと、二重底なんですよ。

 二重底の協定で、各国が法的拘束力を受けるのは「合意」、法的拘束力を受けないのは「決定」、というように「合意」と「決定」に分かれていまして、何と各国がこれだけ二酸化炭素を減らしますよ、というのは法的拘束力がある「合意」なんですね。

 ところが、それを守るかどうかについては「決定」なので、守らなくても全然法的にサンクション(社会的制裁)を受けないですね。

 それ以外のところでも各国、途上国のところでも被害が出てくるから、その原因を作ったのはほとんど先進国だから、被害が出てきたところにちゃんと賠償をしましょうとか、そこに費用を流しましょうとか言うのはみんな決定事項になっていまして、「合意」ではないんですよ、法的拘束力がないんです。

 だから結構これって、さすがはフランスだなと感じます。ごまかし見事でだからこれで「合意」ができたんだなぁという状況になっています。


 そしてアメリカがまた色んなものを文句をつけまして、賠償責任とか、何せ地球温暖化を起こしたのは先進国の出したCO2なので、先進国が原因者なんですが、それに対する賠償については一切やらない、ということをアメリカが強引に中に入れ込んじゃったんですね。

 そういうような形でかなりこれは問題あるパリ協定です。


 そしてそのパリ協定ですね、これがまだ発行していないわけですね。発行するための条件というのが55か国及び世界の排出量合計の55%の国が合意した、批准した時にこれについては発行するんですが、何とそういう風に55%にしてしまうと、アメリカと中国とロシアこの3か国が拒否権を持つことになってしまうんです。

 つまりその3か国の内のどれかが「オレやらないよ」と言ったらこれはつぶれちゃうんですよ、この協定。

 ですので実質的にアメリカ・中国・ロシアが嫌だと言ったら、これはもう協定は発行しなくなるんです。


 だからNGOが、例えば日本の大きなNGOとかがかなりこのパリ協定が出来て良かった!これで地球の未来は救われた!みたいなことを言っているんだけど、中身見ろよ、とぼくは正直言って思いますね。これでは残念ながら地球温暖化を防止することはできない、という状況の協定になっています。

 そこから考えると、この地球温暖化防止というのがじゃあ今回ので楽観的になれるかというと、到底なれないですね。


▼経済のグローバリゼーションの光と影

 さらに問題があります。さらに問題があるのは、この協定って国家同士の協定なので、国家と国家をまたがるところについては規制を受けないんですよ。例えば今、地球上で貿易がすごいですね。貿易で言うと例えばシンガポールから東京まで荷物を運んだ場合の運賃と、神戸から東京まで荷物を運んだ場合の運賃と、どっちが安いかご存知ですか?

 実はシンガポールから運んだ方が安いんですよ。何でシンガポールから運んだ方が安いか?

 これは国境線を超える燃料は税金がかからないんです。だから我々は今リッター100円とかでガソリンを入れているけど、その内の63円くらいが税金です。その63円が国内では税金としてとられるから荷物を運ぶと高くなるんですよ。

 ところが国境線を超えて運んでくるときにはその分が全然課税されないので37%、リッター100円で言うと37円ですね、それで物を運んでくることが出来るんです。だから今のグローバリゼーションというのはこんなものトリックで、あのグローバリゼーションが成り立っているのは、国境線を超える燃料が非課税になるからです。

 もし国内と同じように課税したら、アメリカ以外の国はガソリンにかなり税金をかけていまして、日本がガソリン税が高い高いと言うけどヨーロッパの方が高いですよ。

 アメリカ以外の国では税金が非常に大きく掛かっているので、その結果もし国内と同じように国境線を超える輸送に税金をかけたならば、その日のうちにグローバリゼーションって終わります。だって運んだって近い方が安いもの。

 それが近くじゃない遠くから運んだ方が安くなるのは、これは税金が作ったトリックなんですよ。


 そのおかげでグローバリゼーションが発達してきて、実はここで農業をして何かを作った、それを東京に運ぶよりも韓国に送って韓国から東京に運んだ方が安くなるんですよ。なんでかと言うと国境線を超える燃料には税金がかからないからです。その結果経済のグローバリゼーションが成り立っているわけですね。
 
 それは皆さんも体験したことがあるはず。例えば今2月だけど、2月にロサンゼルスに飛行機で飛んで帰ってくる、いくらかかるか知っていますか?2万円くらいですね、ロサンゼルスまで。日本国内で一番安いLCCに乗って羽田から2万円で往復するとなると、北九州くらいなんですね安い飛行機で。

 じゃあ北九州の隣にロサンゼルスがあるの?ということになりますよね。実は距離と全然関係がなくて、それは国境線を超える燃料が税金がかからない、それだけのことで成り立っている仕組みなんです。

 ここの部分が今どんどん増えているんです。そのせいで国内で物を運ぶよりも国境線を超えた方が得じゃないということになっていっちゃっている。


 これに対処しているのは何とヨーロッパだけでして、ヨーロッパは面白いことにそれを「二酸化炭素の取引で穴埋めをしろよ」という条約というか、EUの中の協定を作っていまして、ヨーロッパではヨーロッパの上空を飛んだ飛行機には全部課税されるんですね。

 それに怒り狂っていたのが何と日本政府でして、日本政府は何でお前のところ勝手に税金をとるんだよなんてことを言っていますが、これが本来あるべき姿なのに、残念ながらこのパリ協定の中には入っていない。


 もう一つ巨大なものが入っていません。戦争軍事のCO2です。戦争軍事のCO2はどこの国でも全部シークレット扱いなんですよ。おかげで全然わかっていない。

 どれくらいあるの?一応レスターブラウンが調べた結果では、地球全体の二酸化炭素の10%くらいだと言っているんですね。

 直接の戦争・紛争で3~4%、あとそれを製造するために6%くらい使っているので、合計で10%くらいは戦争・紛争、こういったものから出されている。

 これは自由なんですよ、パリ協定の対象ではない。そうするとどうなりますか?
パリ協定を大喜びしてこれで地球は救われたとやっていると、戦争と貿易のおかげでみんなで滅びる、という結果を招くんですね。これだからぼくはダメだって思います。


▼国家に頼むのもうやめたらどう?現実にCO2を出さない暮らししちゃおうよ

 じゃあどうしたら良いのかと考えると、国家に頼むのをもうやめたらどう?って思うんですね。国家とかに頼んで何とか解決してもらえるって思いこむのは、もうやめたらどう?それよりも現実に二酸化炭素を出さない暮らししちゃおうよ、それによって現実に我々解決できているんだけど、何であなた解決できないの?という風に言っていくことの方が大事じゃないかという風に思うんですね。

 そして日本の中の二酸化炭素の排出についてよく言われるのは、皆さんのライフスタイルの問題だ、皆さんが努力すれば解決します、というような言い方ばかりされていますが、国内の中で家庭が出している二酸化炭素は5%だけ。
 
 そして間接的に出しているものがあります。我々が電気を使うんだけども、発電所で出している分がある。その間接排出量を含めても16%しかないんですよ。

 だから我々がそれこそ爪に火を灯すような暮らしをして、CO2をゼロにしようと努力したとしても、16%減るだけ。全然解決しないですね。

 じゃあその二酸化炭素は一体どこのどいつが出しているんだということが気にかかるわけですが、ここのこいつです。


▼日本国内のCO2排出量の50.1%は超大口の企業から

 日本の中の二酸化炭素を出しているのは、超大口の企業132事業所、これだけで50.1%。日本の中の二酸化炭素の半分を出しているのは、132か所の超大型工場だけです。だからもし地球温暖化を止めたかったら、テロリストを雇って132か所を吹っ飛ばせば半分減るという状況ですね。

 そしてその中の分類でいくと一体どこが一番CO2を出す原因になっているのって見ると、発電所です。

 ですからね、ここ名古屋では中部電力が問題なんですよ。地球温暖化って聞かれたら、あぁ中部電力の問題ねって思ってください。それが一番正しい理解であって、皆さんのライフスタイルを変えたってこれっぽっちも変わらないですよ。

 何でかというと、例えばよく言われるのが一日一分シャワーの時間を短くしましょう、なんてことを言われるわけだけど、水はほとんどCO2に関係しない。そしてガスも大した量じゃない。そんなことをやっても解決しないんです。

 解決するとしたら、発電所を何とかすること。そして132か所の大口の中に発電所が入っていますが、こういうようなところを対処することが大事だというような構図になります。

 「でも我々電気を使っているよ」と思うわけですが、その電気の中で家庭や小さなお店が消費している電気の量というのは、なんと事故前、2010年が多かったので2010年でデータをとってみると、22%に過ぎないんです。家庭だけでないですよ小さな事業所も含めて。それでも22%ぽっちしかない。

 じゃあどこが電気を使っているの?産業用特別高圧、業務用特別高圧、高圧線が直接工場に入っているところ、そこが消費をしていて3分の2の電気消費をしているわけです。

 だからやるべき事はこの大きな工場がライフスタイルを変えるべきなんです。
なのに家庭のことばかり言われているというのが現状ですね。

+++++++++++++++++++++++++


<<現在vol.7まで公開中☆>>

▼vol.2 田中優2 『電力の小売り自由化と家庭のエネルギー消費』
http://re-energy.co.jp/news/222/

▼vol.3 田中優3
『自然エネルギーにも使い方があるんだ』
http://re-energy.co.jp/news/228/

▼vol.4 粟田隆央1『パーソナルエナジー誕生秘話』
http://re-energy.co.jp/news/252/ 



▼vol.5 粟田隆央②『震災、原発事故、橋の下世界音楽祭』
http://re-energy.co.jp/news/257/

▼vol.6 粟田隆央③『すべてのエネルギー消費者が、エネルギー生産者になる』
http://re-energy.co.jp/news/263/

▼vol.7 粟田隆央④『オフグリッドを切り拓いてきたからこそわかる事』
http://re-energy.co.jp/news/268/



2018年5月17日

「緊急警報 恐れていた時代が来てしまった」

▼年間の出生数が100万人を切る

 列車に乗っていて嫌な気持ちになった。泣き叫ぶ子どもと母がいて、その母をたまたま乗っていた無関係の初老の男が怒鳴った。「泣かせるな、迷惑だ」ということらしい。そこにまた無関係の男が初老の男に怒鳴った。「子どもの前で母親を怒鳴るな、子どものことは無視していろ」と。ぼくは圧倒的に後者の味方だ。子どもは泣くものだから怒ったって仕方ないと思う。こんなことがあると、母親は電車に乗れなくなってしまう。

 この子どもに冷たい初老の男を見ていて、嫌な社会だと思った。その男はいかにも皆を代表して怒鳴ったつもりの態度でいるようだ。

 そんな社会の中、ついに新たな子どもが生まれなくなってしまった。なんと年間の出生数が、100万人を切ったのだ。しかも二年連続で。単純な計算で1億人の人口を養うのだとしたら、一人が100人を養わなければならない。100万人の100倍でやっと一億人だ。

 しかもADHDだったりLD、自閉症といった『要指導児童』と呼ばれる子どもたちが激増し、10人に一人以上となった。子どもたちを大切にしない社会の罰のようだ。



厚生労働省HPより

▼子どもたちを大切しよう



 すでに遅いけれど、子どもたちを大切にしよう。毒物を食べさせたりするのではなく、毒物だらけの住宅に住まわせるのでなく。まず大量に摂取してしまう室内の空気を気にしよう。家に使う木材自体に、ぼくが問題の根源と思っている農薬「ネオニコチノイド」殺虫剤が使われているのだから。

 そしてゴキブリ対策の薬やペットのノミ取り薬もガーデニングの薬も気にしよう。それは子どもの脳に作用するばかりか妊娠の確率すら下げている可能性もある。子どもの脳の中にドーパミンを分泌させて、「勉強どころじゃないんだ、今これをしないと」と集中力を拡散させる。それは関門を潜り抜けて母体から胎児に、臍帯血から脳へと入り込んでしまう可能性がある。



▼自発的年金辞退資金


 ぼくらの作ったNPOバンク(天然住宅バンクなど)に緊急の資金プールを作りたい。題して「自発的年金辞退資金」のプールだ。かつかつな人は無理しなくていいが、とにかく私たちの世代だけが甘い思いをしてツケを次の世代に残すのは嫌だ。だからもちろん全額でなくていいから、少しでも年金を辞退して、次の世代に渡したいのだ。

 友人が「信頼資本財団(カネが信頼になる時代を超えて、信頼こそが資本になる時代へ)」という公益財団を立ち上げてくれている。私もその評議員の一人となっているが、そこであれば寄付控除が受けられる。税負担の一部が免除されるのだ。そうして次の世代の負担を少しでも減らしたいと思うのだ。


ーーーーーーーーーー

◆田中優より・・

今回の皮むき間伐ツアー、ぼくが行けるのは土日のみになりますが、土曜夜の講話では、これら子どもの学習障害などに対する解決策の話をしたいと思っています。
体調が万全でなくて間伐に役立つほど体力があるかどうか不安ではありますが。
興味ある方はぜひご参加ください。


◆◇◆◇◆ 5/26(土)-28(月) 皮むき間伐ツアー2018 in くりこま ◇◆◇◆◇

今年もエコラの森で、皮むき間伐&植林体験ツアーを開催します!!

このハイブリッド林業を体験できます。
ご興味のある方はぜひご参加ください。
http://tennen.org/event/kawamuki2018.html

皮むき間伐ツアー2018

-----------------

田中優が共同代表を務めます非営利の住宅会社「天然住宅」のHPでは、田中優のコラム「住まいと森のコラム」を配信中です。

「森を守って健康で長持ちする」住宅や森の再生へのヒントなどがたくさん入っています。

☆--★ コラムは 第104回 まで更新中!☆---★  

田中優の「住まいと森のコラム」 

■目次一覧 http://tennen.org/yu_column 


★☆★ 天然住宅 ホームページはこちら★☆★
http://tennen.org/ 

・施工例 http://tennen.org/gallery
・お客様の声 http://tennen.org/voice
・こだわり ~高断熱適気密・お家で森林浴・工法~ http://tennen.org/kodawari
・プラン集 http://tennen.org/plan
・見学会のお知らせ http://tennen.org/event
・住宅コーディネートって何? http://tennen.org/coordinate
・資料請求 http://tennen.org/request


他にもたくさんのこだわりがあります。
ぜひHPでチェックしてみて下さい。

6/1 鎚起銅器職人の大橋保隆さんによる銅鍋づくり体験in岡山・和気町


世界にひとつ、末代物を自分の手で・・
鎚起銅器職人の大橋保隆さんによる

銅鍋づくり体験in岡山・和気町』 ご案内


田中優の移住先、岡山・和気町にて、田中優の10年以上前からの友人である新潟・燕市の伝統工芸、鎚起銅器(ついきどうき)職人の大橋さんに来て頂き、銅鍋作りのワークショップを開催します!


イベント後は、田中優も同席し大橋さんを囲んでの夕食会を予定しています。


ご興味のある方は、ぜひこの機会に世界にひとつだけの銅鍋作りをご体験ください。
ワークショップ、夕食会、どちらかのご参加も大歓迎です。

Facebookイベントページより参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/165798074114118/


または田中優HPのお申込みフォームより送信ください
http://www.tanakayu.com/form/contact.html

お問合せも
http://www.tanakayu.com/form/contact.html へ


--*--*-*--*--*--*--*--*--*--




〜世界にひとつの自分の銅鍋を作ろう〜

鎚起銅器(ついきどうき)とは、金鎚で打ち起こしながら作った銅器のこと。

その伝統工芸品を作り続けている職人、大橋保隆さんに
和気町では初めての銅鍋づくり体験をして頂く事になりました☆

***************

新潟県燕市の伝統工芸、鎚起銅器。

その技術で1枚の銅板を叩き続けて銅鍋にする時間。

叩いて叩いて形になってゆく器作りです。

その日のうちに完成し
その夜からご自分の銅鍋で料理を楽しんでいただけます。

世界にひとつのご自分の鍋。
自分の中から生まれる器の素晴らしさ
その鍋で作られる料理の美味しさを
是非、体験いただければ幸いです。

***************

【銅鍋の性質・効果】
銅は熱伝導性が高く、まんべんなく熱がゆきわたる性質があります。 

焼きものはムラなくふっくらと、煮物は芯まで柔らかく仕上げることができ
銅イオンの効果で、茹で野菜が色鮮やかに仕上がるという効果も☆

【光熱費削減】
入れた水も驚くほど早く沸騰し、
煮込みなどの長時間の調理にはガス代の節約に♪

抗菌性が高いことから「銅壺の水は腐りにくい」と古くから言われ
衛生面でも改めて脚光を浴びています。


【貧血予防にも】
また、銅は鉄を体内で必要な場所に運ぶ働きをしており
鉄の吸収を助ける物質として、貧血を防ぐ働きがあると言われてます。

鉄だけでなく、銅が不足すると貧血になり
鉄を補充しただけでは貧血が改善しないそう。
貧血を予防するためには、銅と鉄を両方取る事が大事なんです!

昔の家庭の台所には、いつも鉄鍋と銅鍋がセットで置いてあったそうです。

イメージでいうと、鉄はお父さん・銅はお母さんのような感じ*


【万能なんです】
沸かす・茹でる・炒める・揚げる・器として使う、
そしてなんとパン作りまでできる銅鍋✨

銅は吸収率が低いので、毎日の料理で少しずつ摂取できればいいですよね♡


【世界にひとつだけ、末代物を自分の手で】

一枚の銅板を金槌で叩き起こして形を創る
「鎚起銅器」を通して

親から子へ
子から孫へ

歴史を繋ぐ器を一生もののお鍋を、自分の手で作ってみませんか??



【日時】2018年6月1日(金) 10:00〜16:00頃

【会場】すみれのお宿 岡山県和気郡和気町岩戸493−1
https://goo.gl/maps/WnWsQQvXr3E2


【料金】
18,000円(この日だけのスペシャルはるママランチ付き♪)
お支払いは当日会場にてお渡しください


【申し込み締め切り】 5月28日(月)


【作る銅鍋について】
銅鍋のサイズは、材料が30cmで
製作すると、2㎝程小さくなる程度のものになります。

形は自由で、最終的に両手に取っ手がつきます。


【定員】最少催行人数5名様、最大で10名様まで 。


【持ち物】
・各自飲み物
・耳栓
・滑り止め軍手
・クッションまたは座布団(木の台に座るのでお尻の下に敷くもので)
・お子様連れの方はお子様のごはんや飲み物


【キャンセルポリシー】
イベントの特性上
●3日前までのキャンセルは70%
●前日・当日キャンセルは100%
の代金を頂きますのでよろしくお願いしますm(_ _)m



=お子様について=
基本的にお子様連れでも可能ですが、銅板を叩き続ける音が大きく時間も長いので
それでも大丈夫であれば♪

その他何かご質問があれば、コメントかメッセージでお問い合わせください(^^)


当日1日のイベント後は、大橋さんを囲んでの夕食会を予定しています。


【職人ギルド、インタビュー】
鎚起銅器職人の大橋 保隆さん
http://shokunin-guild.com/2017/09/tsuikidoki-ohashiyasutaka/

このイベントページを作成するにあたり、

写真は公開グループ「鎚起銅器てづくり銅鍋愛好会」より、
https://www.facebook.com/groups/252134978298904/

文章は「鎚起銅器職人の大橋 保隆さんによる銅鍋づくり体験in岡山」ページより、管理人様より了解を頂き使わせて頂きました。


なお、同イベントを、

6月3日(月)倉敷の駕龍寺さんにて、
https://www.facebook.com/events/168706177277146/


6月4日岡山市の大自然のめぐみ料理 Mojiroさんにて
https://www.facebook.com/events/473904729679067/

開催します。