2015年10月2日

福島の甲状腺がん急増137人に。

田中優より 
「福島に住んでいた大塚尚幹(しょうかん)さんは地震のあった3/11日の夜に福島を離れている。
あんなに楽天的な人なのに、それでも「最初の半年はつらかった」と言っている。   

もともと「100万人に1人か2人」の発生率なのに、これでも「放射能との因果関係は考えにくい」と御用医師たちは言い続けている。水俣のときみたいに。   

甲状腺にはセシウムも溜まるので、大塚さんやぼくのいる岡山に来られてはどうだろう。
冗談ではなく。」     

================

以下、大塚尚幹さんコメント  

「福島県137人、茨城県3人・・・。群馬や栃木、千葉・・・はどのくらい甲状腺癌が出たのだろう。 私の住んでいた川内村は280人に1人の割合。 
甲状腺癌ばかり目立つが他の病気もいろいろあるはず。 多くの人がこうなると感じていたはず。 

でもその情報に耳をふさいで、都合のよい情報だけを信じて、その場に暮らし続けた・・・。
いろいろ言い訳があっても結果は結果! 
こうなることを避けたいがため、生活を捨てて避難・移住した。 

最初の半年は辛かった。仕事はないし、原発が気になるし、子どもたちのことも気になるし。 
でも、今は家族みんな元気で暮らせている。 
これ以上、甲状腺癌がでないよう遠くから祈り続けています。」 

================


【最新】福島の甲状腺がん急増→子供達の身にいったい何が起きた? | 福島原発事故後の日本を生きる 
http://www.sting-wl.com/fukushima-children6.html より転載

2015年8月31日に公表された最新の福島県民調査報告書によると、福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の126人から11人増えて合計137人になりました。


家庭は「グリッド」から離れよ

オフグリッドしている田中優の自宅 「グリッド」 と突然言われてもわからない言葉だろう。 「電気の送電網」 のことだ。 多くの人が地球温暖化の問題で、最大の問題なのが「電気」であることは知っていることと思う。 その電気は、大きな電力中心に配られ、最後に残った小...