2015年8月2日

『市民による市民のための市民金融機関のチカラ-お金の使い方と、使われ方-』その2

2015.6.8発行田中優無料メルマガより 

 未来バンク事業組合理事長 

田中優

 『市民による市民のための市民金融機関のチカラ
   -お金の使い方と、使われ方-』  その2 

 その1 http://archive.mag2.com/0000251633/20150405093000000.html からの続き 


 ■問われる預金者のモラル  

未来バンクを設立したころ、東京の「安全信用組合」「共和信用組合」の二信組
が破産しました。二信組は、事業の六割がゴルフ場などリソート開発で、バブル
崩壊とともに経営も崩壊しましたが、二信組の経営を支えていたのは、他金庫
他銀行よりも高金利だと群がった預金者でした。  

日本の個人貯蓄は一千二百兆円。これを眠らせている金融機関はありません。 
預けた金は当然ですが必ず使われています。預けた本人は貯蓄と思っているの
でしょうが、実際は金融機関によって投資されている。それが自らの意に沿わな
いものへの投資である可能性は非常に高い。  

もう原発はイヤだと思う人は多いと思いますが、そうした人の預貯金は原発推進
企業に白紙委任で投資されていたりする。日本の自然環境をこれ以上壊したくな
いと強く思っている人の預貯金も、大々的に自然破壊に加担する企業に融資され
ていたりする。  

最悪の事例が戦争でしょう。  
太平洋戦争では国家予算以上のお金が戦費に投入されましたが、原資は郵便
貯金でした。日本はいま戦争をしていませんが、アメリカの軍事行動を貯金で支
えてい る面かある。  

アメリカは財政も貿易も赤字で、赤字額はイラク戦争開戦直前の二〇〇二年末で
約三百兆円と天文学的なのに、イラク戦争やアフガニスタン紛争で五十兆円とも
いわれる戦費を投入しています。  

それを可能にする一つは、日本人の貯金です。僕たちが銀行貯金をすると、銀行
はその貯金を日本銀行に預けます。すると日本政府は国債の一部である「政府
短期証券」を発行してそのお金を借り、ほぼ全額をドルと両替し、アメリカ国債を
購入するのです。  

日本はいままで約百兆円のアメリカ国債を購入していますが、借り換えが操り返
されるだけで、アメリカからは一円も戻ってきません。いうならば、日本人が汗水
たらして稼いだお金は、僕たちの知らぬまに、いちばん望まない戦争に投入され
ているということになります。 


 ■いいものはないのか?  

金融機関は大手であるほど、福祉や環境保護といった事業に融資をしない、これ
も問題だと思いました。  

貯金をなんとかしなければと、僕はグループKIKIの会報に原稿を書いたのが出
版社の目に留まって、『どうして郵貯がいけないの』の出版につながりました (一九
九三年)。おそらく財政投融資の問題を初めて世に問うた本だと思います。    

そうしたら読者から、「では、どこに貯金をしたらいいのか?」との問い合わせが
来た。僕が勧めたのはタンス貯金か労働金庫。労働金庫は大企業には融資をしま
せんから、悪くはない。そうしたら、「『悪くない』じゃなくて、いいものはないのか?」
と質問が来る(笑)。  

僕は仲間と考えました。そして「必要なのは、自分たちのお金を自分たちでコン ト
ロールする場だ」という意見でまとまったんです。  
それが未来バンクにつながった。 

 未来バンクのパンフレットにはこう書きました。  
「出資金は元本を保証するものではありません。リスクを皆で共有するものです
から、貸し倒れが発生したときなどには、元本を割り込むこともあり得ます」  
配当もなければ、元本そのものも減っていく可能性を強調した。で、NPO業界では
いっせいに白い目で見られた(笑)。  

当時、僕は、あるNPOで金融研究部門も立ち上げていたので、そこの事務所の
一角を未来バンクに貨してもらえないかと打診したら、「貸金業者に事務所を貸す
わけにはいかない」と断られました。金貸し=汚いと思われていたわけです。 
「そんなのやっても無理」とか「配当ゼロでいったい誰が金を出してくれるんだ」 と
いった批判も飛び交いました。  

そこで僕を含め四人が百万円ずつを出して、一九九四年四月に未来バンクを立ち
上げました。やがて新聞報道や口コミで徐々に組合員が増えて、三カ月後には五十
人から計一千二百万円の出資が寄せられた。  

融資第一号は、ソーラー発電、風力発電、自然エネルギー商品を扱う事業者の
組合「レクスタ」を通じての、三人の市民のソーラーパネル設置でした。レクスタの
担当者は、「趣旨です、趣旨!自分たちの頂けたお金を、自分たちで環境事業に
融資するという万針は実に明解」といって評価してくれました。嬉しかったですね。


 --- その3に続く 

 ▼マガジン 『望星(ぼうせい)2014.10月号』  特集 「みんながトクする投資」 より http://www.tokaiedu.co.jp/bosei/contents/1410.html 

 ※田中優がインタビューに応えたものを、 発行元の編集者が文章にしたものです。