2013年4月1日

ついに開催! 先着20名「田中優的身の立て方講座 関西編」




◆ついに始まります!!
先着20名「田中優的身の立て方講座 関西編」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2012年12月、満を持して岡山に転居し、エネルギー自給生活へのステップを自ら
歩みはじめた田中優。 講演会や著作で示していた「これからの生き方」を本人が
リアルに体現しています。


そんな田中優の活動の源泉となる考え方やノウハウを少人数のゼミ形式でしっかりと
学び、それぞれの身の立て方につなげていきます。 


・前回の東京編での平日夜6回(合計15時間)で実施の内容を、
 今回は週末丸々1日×3回に凝縮。 

・さらに、そのうち1回は田中優自宅を会場に、

 現場視察を盛り込んだ充実の内容でお届けします。

……………………………………………………………


田中優からのメッセージ


「たくさん本を読んで講演を聞いても自分探しが終わらない。

  スキルや語学に精を出しても満足できない。自己紹介は資格紹介ではありません。

 アウトプットがなければその人の姿は見えないのです。 

 アウトプットのためのインプットをしていくためには、何かを覚えることよりも
 「自分がどう感じたか」を大事にする必要があります。

 新しい時代には新たな発想を実現していく力が必要です。

 社会の主体として生きていく身の立て方を実現していきましょう。

 今回の参加者には特別に、完全に電力会社の電気とオサラバしたオフグリッドの

 私の自宅をご案内したいと思います。どうぞご参加ください。」田中優


★ファシリテーターからのメッセージ


「どんな厳しい状況でも具体的な解決策を提示するその姿勢は、まさに活動家ならでは

 もの。私も含め多くの人が勇気をもらったのではないでしょうか。

 その優さんが東京を離れ、岡山に引っ越した事実は、私に強い衝撃を与えました。

 ついに、というかやはり、というか・・・。

 多忙を極める彼がどのように情報を収集・分析し、メッセージを発信しているのか。

 そして、どのように様々な活動を展開しているのか? そんな疑問からはじめたこの
 講座ですが、2013年、講座は新たなステージに入ったと感じています。

 不確実なこの時代に、自分の力で道を切り拓き社会に関わっていく田中優的「技と

 知恵」を意欲ある人達と分かちあうことで、生きるに値する社会を創って行く
 「うねり」を広げていきたいと思っています。」森 雅浩(Be-Nature School代表)

……………………………………………………………


実施概要(全6回コース)


第1回 2013年6月 9日(日)10:00~17:00ごろ 田中優の自宅(岡山)
第2回 2013年6月16日(日)10:00~17:00ごろ 研修施設(大阪市内)
第3回 2013年6月23日(日)10:00~17:00ごろ 研修施設(大阪市内)


★講師:田中優(OFFICE YOU)
★ファシリテーター:森 雅浩(Be-Nature School)


★参加対象:自らの身をたて、社会を変えていく志を持つ健康な方。

 3回の日程にすべて参加できることが条件です


★定員:20名(先着順)

※講師や受講メンバーでfacebookグループをつくります。

 受講までにfacebookのアカウントを取得して下さい。


受講料


田中優的「身の立て方講座関西編」
全3回:48,000円
(全3回分、基本テキスト代込み)
・分割支払い可(申込み時¥30000・6/末¥18000)
※講座会場までの交通費、昼食代は含みません


レポートの提出
申込と同時に、受講にむけての思い、目的などをA4一枚以内にまとめたレポートを

提出して下さい。


講座内容

1) 6/9(日):田中優的エネルギー自給生活現場視察。「これからの生き方」とのその可能性について。

2) 6/16(日):違和感の掴まえ方と情報収集の基本、田中優的身の立て方3原則、インプットからアウトプットへ

3) 6/23(日):自らの身の立て方をプランする。実践へのつなぎとアドバイス。



進め方
講義での知識やノウハウの提供、個人での課題の設定や情報収集、グループでの討議や

作業などを組み合わせ、立体的な構成で講座を進めていきます。 田中優的身の立て方を、
自分のものとして活用し実践につなげていくことがねらいです。


先着20名様!詳細・お申込はこちらまで!
http://www.be-nature.jp/program/2013/schedule_tanaka-2.php

「想定外」の危険な災害

▼多くなる災害廃棄物    今年の台風の被害は大きかった。連日テレビに映る被災地では、水害後の道路にはうず高く廃棄物が置かれ、ほとんど丸々一軒の家屋が廃棄物となっている。  畳を上げ、床を剥がし、床下や壁の内側に使われたベニヤ板を捨て、停電で腐った冷蔵庫の食品も、もちろん...