2010年4月12日

ダムに頼らず地域活性するには!? @愛知県

愛知県の中根さんから、29日のイベントのお知らせをいただきました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月29日(祝)にとっても楽しいイベントがあります。会場は「設楽ダム」の建設予定地「愛知県設楽町」の、廃校です。
映画「水になった村」は徳山ダムが舞台の「じじばば」のお話。観た人それぞれのココロに多くのお土産を残してくれる、とっても素晴 らしい作品です。
優さんは午前にも午後にも登場します!
食品バザー、フェアトレードの販売もあります。ピクニックがてら、ご家族で、お仲間で是非遊びに来て下さーい♪



ダムに頼らず地域活性するには!?
「ecoでpeaceな未来を選択しよう!」

と き 4月29日(祝・木)

ところ 旧名倉中学校講堂    (愛知県 北設楽郡 設楽町 東納庫字 ヲトシ山2-2)

入場料 大人 1,000円、小中高大生 無料



9:30  開場
10:00  田中 優さん講演会
11:30  市野和夫さん講演会
12:30  シンガーソングライター 高森ゆうきコンサート
13:40   映画「水になった村」上映会
15:30  田中 優さんのおはなしと質疑応答
17:00  コーヒータイム


☆市野和夫さんプロフィール 「設楽ダム建設中止を求める会」代表。愛知大学総合郷土研究所 所員。愛知大学元教授。



☆高森ゆうきプロフィール 東京で活動しているシンガーソングライター。
http://www.takamoriyuki.com/


☆映画「水になった村」~降り注ぐ笑いが 僕の宝物だった~  
監督・撮影 大西暢夫/企画・製作 本橋 成一

1957年、岐阜県徳山村にダム建設の話が広まった。 総貯水量6億6千万立方メートル、日本最大のダムだ。 当時徳山村の住民は、約1600人。 みな次々に近隣の街につくられた移転地へと引っ越していった。 それでも、何家族かの老人たちが、村が沈んでしまうまでできる限り暮らし続けたい、と、街から戻って来た。 写真家の大西暢夫が初めて村を訪ねたのは今から15年前のこと。 だれもいないと思っていた集落に家があることに驚いた。 以来、ジジババたちの暮らしに魅せられ、東京から徳山村まで片道500キロ、 バイクで高速道は使わず山道を走り抜けて何度も何度も通った。 そしてその村でジジババたちは大西を「兄ちゃん」と呼び,共にたくさん食べ、いっぱい笑った。 村には季節ごとに土地で採れるものを大切にする、暮らしの知恵や技がある。 食卓にはいつも食べきれないほど大盛りのごはんが並び、山はジジババたちの笑い声に満ちている。 2006年秋、いよいよ工事が終わり、水がたまり始めた。 もう誰も、村に帰ることはできない。 ジジババたちの変わりゆく暮らしに寄り添った15年間の記録。


共 催 映画「水になった村」を上映する会
名倉文化スポーツクラブ
バンビーノバンビーナhttp://banbino.jp/
  
申込み・問合せ  
shop@banbino.jp(中根)

………………………………………………………………



12/21(土)天然住宅完成見学会@中野区 午後の部は田中優セミナーも

☆ 14時からの回は田中優セミナーつき です ~住みつなぐ家~ お母様から娘様へ、そしてお孫様へ。 ぜひ住みつないでいってほしい。そんな家です。 親子3世代で伐採していただいた大黒柱を中心に、2階リビング空間が広がります。 畳スペースには...