2016年8月16日

伊方原発3号機 再稼働へ

田中優より

長く止めていたから
再稼働の際の危険性はある。
ぼくは長く反対運動していたから、はらはらするのはもう30年間になるのだけれど、慣れることはない。

海洋性のプレート地震に気づき、活断層性の地震に気づき、中央構造線が活断層であることに気づいた。

しかしそれらの知見の前に設計された原発が8月12日に動き始めた。
ばかげている。判断に知性はないのか。

  ◇   ◇   ◇   ◇  

▼「伊方原発3号機 きょう再稼働へ」 (NHK 2016.8.12)

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、四国電力は12日午前9時ごろ原子炉を起動し、再稼働させることにしています。伊方原発3号機が稼働するのは5年4か月ぶりで、四国電力は慎重に操作を行うとしています。

伊方原発3号機では、10日から核分裂反応を抑える「制御棒」に関する設備の検査が、原子力規制庁の検査官の立ち会いのもと行われています。これまでのところ問題はないということで、四国電力は、12日午前9時ごろ制御棒を引き抜いて原子炉を起動し、再稼働させることにしています。

全文はこちらより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160812/k10010632071000.html


元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...