2014年3月20日

ピックアップNEWS:残留農薬:ネオニコチノイド系 基準緩和案を再検討

◆◇ 田中優より ◇◆

「パブリックコメントが初めての成果かな?

元経団連会長の米倉氏の会社からの緩和申請でしたが、コメントは1件を除いてすべてが緩和に反対でした。

緩和の申請はできるけど、厳格化の申請の方法がないっておかしくないか。」
 


NEWS

残留農薬:ネオニコチノイド系 基準緩和案を再検討
(毎日新聞 2014.3.18)


ネオニコチノイド系農薬の食品への残留基準を緩和する案をまとめていた厚生労働省は18日、緩和の是非について再検討することを決めた。この農薬はミツバチの大量死の原因の一つと指摘されている。

 「(緩和後の)基準値が高すぎる」など意見募集へのコメントが1657件寄せられたほか、欧州食品安全機関(EFSA)が昨年12月、2種類のネオニコチノイド系農薬が「発達中のヒトの神経系に影響する可能性がある」との見解を発表したことを踏まえた。

 厚生労働省は、内閣府食品安全委員会に健康影響のリスク評価を再度依頼し、その結果を基に改めて検討する。

 見直しの対象となっているのは、ネオニコチノイド系農薬「クロチアニジン」の野菜や穀類などへの残留基準値。

ホウレンソウ40ppm(現行3ppm)、カブ類の葉40ppm(同0.02ppm)、ミツバ20ppm(同0.02ppm)などの案が厚労省審議会の部会で了承されていた。

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...