2015年6月29日

東電、海外に210億円蓄財 公的支援1兆円 裏で税逃れ

田中優より 
「オランダやイギリスが最も大きな税の逃避地(タックス・ヘイブン)なんだけど、 
こういうところを利用して税で成り立つ東電は税逃れをする。 
そんな会社に税が注がれるんだからめちゃくちゃな話だ。」 

  ◇   ◇   ◇   ◇  

「東電、海外に210億円蓄財 公的支援1兆円 裏で税逃れ」(東京新聞 2014.1.1) 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014010102100006.html

東京電力が海外の発電事業に投資して得た利益を、免税制度のあるオランダに蓄積し、
日本で納税していないままとなっていることが本紙の調べでわかった。 
投資利益の累積は少なくとも二億ドル(約二百十億円)。 
東電は、福島第一原発の事故後の経営危機で国から一兆円の支援を受け
実質国有化されながら、震災後も事実上の課税回避を続けていたことになる。 

「想定外」の危険な災害

▼多くなる災害廃棄物    今年の台風の被害は大きかった。連日テレビに映る被災地では、水害後の道路にはうず高く廃棄物が置かれ、ほとんど丸々一軒の家屋が廃棄物となっている。  畳を上げ、床を剥がし、床下や壁の内側に使われたベニヤ板を捨て、停電で腐った冷蔵庫の食品も、もちろん...