2013年3月4日

動画「子どもたちの保養についての必要性」田中優メッセージ

優さんより子どもたちの保養について、メッセージです。


「今保養のために一時でいいから他の地域、安全な放射線量の低い地域に保養させようと
いうことで運動をしてくれているわけだけれども、それがいかに大事か。

実際にチェルノブイリでもそうやって保養して帰ってきた子どもはその後の状態が良い。

何でかと考えてみると実に簡単で、放射線が当たるってことは常に遺伝子が壊され続けて
いる。それを一生懸命修復し続けているから、体の免疫の方はいつも目一杯働かされて
疲れちゃっているんですね。

それがそんなに免疫が働かなくてもいいんだという状態のところに、少しの時間でも
いけることがあるとしたら、その分だけ免疫を休ませることができる。

いよいよ事態は深刻になってきて、というか現実になってきて、例えば甲状腺がんの

子どもがついに3人まで見つかってしまってあと7人もグレーという状態になってきて
いて、100万人に1人しかならないはずの病気にこんなになっているというのは、
免疫がとてもとても疲れてしまっていることの結果でもあります。

だからそういった運動を支えることも大事だし、もし汚染されている地域で困っている

人たちが現実に今あなただったら、とにかく声を出して欲しいんです。

“私も行きたい”という風に言ってもらうことが大事だと思うので、とにかく子どもの

免疫を休ませるために保養の運動に、ぜひ、関わって下さい。」


http://youtu.be/QUAXK79BMxc


元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...