2013年3月3日

天然住宅主催 3月17日 「未来の当たり前を考えよう」




3.11東日本大震災から2年の月日が経とうとしています。

家族の健康や住む場所、食べるもの、エネルギー、真剣に向き合い奔走してきた人ほど、
明るい未来を描けなくなっているのかもしれません。

しかし、このような状況だからこそ、未来への希望をもってほしいと考え、
今回のイベントを企画しました。

今、天然住宅共同代表田中優が、マエキタミヤコさん、てんつくマンと進めている
「未来の当たり前プロジェクト」


電力自給を可能にする具体的な方法を提案して話題を呼んでいます。
2/2(土)に開催されたこのプロジェクトの キックオフイベントには、250人以上が集まり、
注目度は日に日に高まっています。
今回、その電力自給の新たな提案のお話をしたいと思います。


同時に天然住宅でも、エネルギーに関するこの取り組みを紹介するとともに、
住まいについての「未来の当たり前」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

是非、ご参加ください。


【日 時】 2013年3月17日(日) 1時30分~17時


【会 場】 ワンネスGAホール(JR山手線・京浜東北線 田端駅北口徒歩8分)
       東京都北区田端6-9-7


【定 員】 100名(先着順受付)
      ※モニターを設置した別室での聴講もできます。
     お子様連れの方でもお気軽にお越し下さい。

【参加費】 1,000円(中学生以下無料)
事前申し込みの上、当日会場にて参加費をお支払い下さい。


≪プログラム≫
13:30~    開会あいさつ
13:45~14:30  田中優「オフグリッドの実現とパーソナルエナジー」
14:30~15:00 マエキタミヤコ 「どう広告していくか」
15:00~15:10 休憩
15:10~15:40 相根昭典 「天然住宅とエネルギー自給」
15:40~16:00 天然住宅バンク「天然住宅バンクの活用」
16:00~    質疑応答
16:50~    終了

▼お申し込みはこちらより
http://tennen.org/seminarentry130317.html



会場地図

大きな地図で見る

家庭は「グリッド」から離れよ

オフグリッドしている田中優の自宅 「グリッド」 と突然言われてもわからない言葉だろう。 「電気の送電網」 のことだ。 多くの人が地球温暖化の問題で、最大の問題なのが「電気」であることは知っていることと思う。 その電気は、大きな電力中心に配られ、最後に残った小...