2012年11月7日

・ピースボート 脱原発クルーズのご案内



毎年田中優がお手伝いさせて頂いています、ピースボートが今回
世界一周ではなく9日間の‘脱原発クルーズ’を企画しました!

このゲストが一緒に乗船する機会は滅多にありません。

船の中で、寄港地で、たくさんの方と語り合い、たくさんの気付きと
今後の活動へのヒントなどが得れれるはず。

ご都合がつく方はぜひご参加ください!


田中優は12月1日博多~12月4日那覇までの乗船となります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆脱原発クルーズ PEACE&GREEN BOAT2012◆◇
~次世代に「脱原発社会」を引き継ぐために~

http://www.peaceboat.org/cruise/pg2012/index.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●クルーズ行程
2012年12月1日(土)~12月9日(日)博多発着・9日間

●行き先
博多・釜山・沖縄・敦賀・博多

●参加ゲスト(予定)

アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション代表)
雨宮処凜(作家・活動家)
飯田哲也(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
鎌田慧(ルポライター)
田中優(環境活動家、apbank監事、未来バンク事業組合理事長)
古市憲寿(社会学者)
松田美由紀(女優、写真家)
宮台真司(社会学者)
山本太郎(俳優)


3.11以降、日本国内でのエネルギーの見方は大きく変わりました。
福島第一原発の事故にとって「安全神話」は崩れ去り、その被害の大きさと深刻
さは、誰しもが目のあたりにしたのではないでしょうか。そんな中、日本政府は
強引な事故収束宣言を行い、さらに原発の再稼働を決めてしまいました。

第5回「PEACE&GREEN BOAT2012」は、韓国の人々と共に、原発立地地域でもあ
る、釜山、敦賀、博多(佐賀・玄海原発)を訪れます。また米軍基地が集中する
沖縄では、原発に共通する課題として、日本政府と地方の関係について語り合い
ます。

「脱原発」を実現するために必要な再生可能エネルギーに関する知見、「地元」
といわれる地域の経済問題、また、一緒に旅する韓国の人々とたどる、日本と朝
鮮の歴史など、その他にも多くのテーマを扱います。

子どもたちが安心して暮らすことのできる未来を築くために、私たちはどうやっ
て「脱原発社会」を現実にすればいいのか。歴史を変える分岐点に立つ今こそ、
ともに国境を越えて「学び、つながる」旅にでましょう。

※参加費のうち1名につき3,000円を福島支援プロジェクトの基金となります


●クルーズパンフレットの閲覧・印刷
 http://www.adjustbook.com/lib/?us=2686&bk=3770

●資料請求ページ
 https://z112.secure.ne.jp/~z112116/office/request_pg2012.shtml

●お問いあわせ
 03-3362-6302(ピースボート)

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...