2017年6月14日

『 種子法廃止」は何をめざすのか 』

2017.5.18発行 田中優無料メルマガより

『 種子法廃止」は何をめざすのか 』


■教科書検定の意見

 東京書籍の小1向け教科書の「にちようびの さんぽみち」の記載が変更を余儀なくされたという記事があった。いつもと違う道を歩き、見慣れたまちの新しい魅力を見つけるという内容で、この中にパン屋さんが出てくる。

 これに対し「学習指導要領に照らして扱いが不適切」という検定意見がついたそうだ。文科省は「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義を考えさせる内容になっていない」と言い、和菓子屋さんに変えさせたそうだ。「ラーメン屋」だったら、「スパゲティー屋」だったら、首相が好きな「天婦羅」だったらどうなんだろうと思う。


■和菓子は国産で作れなくなる

 「和菓子屋」で落ち着いたんだから、日本の主食として知られる「コメ」なら文句なしだろうと思う。しかしその重要な「主要農作物種子法」が廃止される見通しだ。「稲、大麦、はだか麦、小麦及び大豆」は、主要な農作物種子として都道府県で管理されてきたが、それが改正ではなくいきなり廃止されるのだ。

 この法律は戦後の食糧の足りない時代に、食糧増産のため、国・都道府県が主導して「優良な種子の生産・普及を進める」として制定されたとされる。これは今国会に提出された種子法廃止法案について農水省が作成した説明資料に書かれている。まさに「国家的要請」として、公的種子事業が制度化されてきたのだ。


 この種子法によって稲や麦、豆の種子を都道府県が保存し、普及すべき優良品種(奨励品種)を指定してきたのだ。「原種と原原種の生産、種子生産ほ場の指定、種子の審査制度」などが規定され、都道府県の役割が位置づけられている。


 ここで扱うのが「原種と原原種」で、言葉を変えて言うと「純系種」を扱っている。優れた性質を持つ品種を純粋なまま保存し、それを栽培した種(こちらを「原種」という)を農家に推奨していく。ということは別な種を掛け合わせた「F1種」ではないものを保存しているのだ。


 これがなくなると、種はみんな交配してしまって「純系種」はなくなってしまう。何か病気が広がって絶滅した時も解決できない。それどころか「我が国や郷土の文化と生活に親し」むための和菓子すら、大豆もコメも小麦も元の味ではなくなってしまう。


■大企業に支配される「食」

 この種を保存するのは大変な作業だ。大豆では周囲4キロの範囲から花粉が飛んできて受粉してしまうという。そうするともはや原種にはならなくなる。しかし今や野口種苗を除いて、多くの種苗メーカーは「F1種」を中心に販売している。種を採取しても次の世代は良いものが育たないが、品質も生育時期も同一の作物が作れるのだ。種の価格は高いが、品質も出荷時期も揃うので販売しやすい。


 こうして「F1品種」が種メーカーの主流となっていったが、その流れはそこで止まらなかった。ご存知の通り別な生物の遺伝子を入れ込むことで、食べる虫を殺したり、自分の売る除草剤にだけは耐性を持った作物を作った。これが遺伝子組み換え作物(GMO)だ。それと同時に必要になるのがこの組み換えた遺伝子を、特許権で守ることだった。


 かつて生命は特許の対象ではなかったが、今や生物の持つ遺伝子配列は特許権の対象となっている。GMOを作ったモンサント社は、自分の作ったGMOの遺伝子と交配した作物があると訴訟して特許料を払えと訴えるようになった。勝手に交配させられた被害者なのに、訴えられて特許料を払わせられるのだ。


 種のビジネスはそこまで発展してしまっている。すると邪魔なのは原原種を保存している相手だ。種子法によって種子を保存しているところは特許権など取っていない。するとその遺伝子配列を調べて奪うことができる。特許を奪って原原種を育てているところがあれば、特許権侵害として訴えることもできる。

 そして日本のように大切に原原種を保存しているところがあると、彼らにとっては邪魔な存在になる。彼らは「F1」のときのように高い金を払ってでも買おうとする客が必要なのだ。安くいい種を保存していて売るところがあったら、商売にならないからだ。

 だから民間企業への開放を旗印に(今までも推奨種に民間が作ったものもあったが)、高く独占的に販売したいのだ。すでに海外では公共の独占してきた種を自由化したところもあるが、そこに入り込んでいるのは「モンサントとシンジェンタ(これもスイスのアグリビジネス=農業総合会社)」ばかりになっている。


■餌に差し出される私たちの暮らし

 そう、これらアグリビジネスの意向が反映されたのが「主要作物種子法の廃止」なのだ。つまるところ巨大企業への日本市場の売り渡しにほかならない。それがいろいろな分野に同時に広げられている。水道の民営化、下水道の民営化など、日本で広がりつつあるが、その後に民営化した国がどうなったかを知っておいた方がいい。水質は悪化した上、水道料金は値上がりし、途上国では暴動まで発生した。先進国では、たとえばイギリスなどで進んでいるのは「再公営化」の動きなのだ。


 こうして見ると不思議なことだ。政府が、国民の貴重な公共財である種や水などを海外の巨大企業に売り払いながら、「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義」などと偉そうに言えるのか。どの口がそう言うのかと思う。


 「郷土の文化や生活に愛着」を持ちたいのなら、現政権だけは支持しない方がいい。パン屋どころか和菓子屋すら従来通りには存続できない。言葉ばかりでやっていることは真逆の方向ばかりだ。政治家も信念などではなく、所有する株の発行企業や得られる収益にばかり従っている。ただうまいのは、言葉では逆のことを言うことと言い逃れだ。本当の代理人を選ばないと、私たちはいつの間にか大企業の餌にされてしまうだろう。




イメージ




◆◇◆◇ 参考情報 ◆◇◆◇◆◇


田中優有料・活動支援版メルマガでもこの種子法について取り上げています。

「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(上) (2017.4.30発行)
 ~種子法廃止は何のためか ~

 ・種子法廃止の本当の目的と行く末 
 ・エフワン種って何?
 ・「種子法」と「育苗法」
 ・遺伝子組み換え作物(GMO)との関係
 ・育てる種から買う種に
 ・知的所有権で守られた種

「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(中) (2017.5.15発行)

 ・種子法廃止はタネの独占をめざす 
 ・世界飢餓にまつわる12の神話
 ・「ほっとけない世界の貧しさ」キャンペーンの欺瞞 




「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(下) (2017.5.30発行)

 ・種子法廃止はタネの独占をめざす 
 ・田中優がススめる運動の3つの方向性
 ・「食べるにわ」プロジェクト 


などなど書かれています。


ご登録月分は“無料”でお読み頂けます。
ご登録はこちらより↓

田中優 有料・活動支援版メルマガ 未来レポートhttp://www.mag2.com/m/0001363131.html


種を制するものは世界を制す・・・
今世界中で何が起こっているのか?ぜひお読みください


-----------

また、これまでに種子法について田中優がフェイスブックで発信してきました一覧です。ご参考ください。(日付は発信日)


■2017.4.29
田中優「種子法廃止でみんな遺伝子組み換え作物にされてしまった未来で、こんな事態が起きるのかな?」

発掘した土器から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみたら… 6枚
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1384367231619926


■2017.4.25
田中優「大学の授業で「主要農作物種子法」の話をした。
この記事にはF1種が問題にされているが、実際問題はたぶんモンサントとシンジェンタ。
当然コメに遺伝子組み換え作物が入ってくるだろう。
その原種は種子法で売り払われた種が使われるだろう。」

種子法廃止に広がる不安
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1379802312076418


■2017.4.17
田中優「主要作物種子法廃止に進んでいて、調べるにつれて印鑰(いんやく)さんの
言っている通りのことだと思うようになりました。たくさんの努力の結果が失われて、
それをアグリビジネスの商品作物が埋めていくことになると思います。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1370541843002465


■2017.4.17
田中優「種子法の解説です。」

【種子法廃止】種子の自給は農民の自立
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1370541073002542


■2017.4.17
田中優「長いけれど、種子法廃止の目的、近未来の状況が見えてくるので紹介したい。」

世界的企業の儲けの「タネ」は種-穀物種子を民間ビジネスに任す時代錯誤は許されず-17.04.14
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1370539863002663


■2017.4.17
田中優「種子法が廃止されたあかつきには、種が民間企業に売り払われる。
もちろん海外のアグリビジネスも買えるだろう。これを進めるのが愛国者?」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1370539223002727


■2017.4.5
田中優「パン屋を非難したくせに主要作物の趣旨はないがしろにする。
コメが大事なんじゃなかったの?」

日本の種子が危ない  主要農作物種子法廃止をめぐる院内集会報告
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1355762141147102


■2017.3.23
田中優「主要作物種子法廃止、水道法改正、共謀法、危険な政府。
続けばもっと悪化するだろう。疑獄事件で政権を倒せないものか。」

水道法改正で「日本の水」がハゲタカ外資に乗っ取られる!
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1342971525759497


■2017.3.10
田中優「昨日流した種子法廃止の話、始まっています。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1330973920292591


■2017.3.9
田中優「「主要農作物種子法廃止」で何が起こるのか、それを知ってほしい。
廃止法案は閣議決定されたけど、これから国会です。」

食卓を支えるタネはどうなる?主要農作物種子法廃止を考える
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1329907920399191


■2017.2.27
田中優「日本の都道府県が種子を管理する主要作物種子法の廃止の閣議決定が
2/10になされたばかり。この流れと合わせて考えてほしい。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1320744621315521


■2017.2.24
田中優「 印鑰(いんやく)智哉さんからシェア。起きている事態はこういうこと。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1318065091583474


■2017.2.13 【種子法廃止 閣議決定】
田中優「ぼくの誕生日は嫌な話の閣議決定誕生日になってしまった。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1308045432585440


■2017.2.10 【種が危ない!!種子法が廃止、多国籍企業の手に!?】
田中優「日本の作物の種を守るのが都道府県の仕事ではなくなる。
では誰が確保する?考えればわかるとおり、世界の巨大種子会社に明け渡すことになる。
これはとんでもなく大きな問題!」

種子法廃止 食料主権に逆行の危険
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/1305290536194263


■2015.12.28 【タネの権利が奪われてしまう!!】
田中優「印鑰(いんやく)さんからシェア。 
この「UPOV1991年条約」がTPPに含まれていることが深刻です。
私たちの命であるタネの権利を奪われてしまう。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/985132894876697


■2015.11.1
田中優「TPPでモンサント法が押しつけられる。いったいどんな内容なのか?
これを読めばわかります。印鑰さんから」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/960624057327581


■2014.10.21 【ベネズエラ、新しい種子法案の登場】
田中優「モンサント法は巨大企業が神に代わって作って良い作物を決めるもの。
こんなバカな話があっていいわけない。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/771219552934700


■2014.9.9 【日本とモンサント法】
田中優「要は「それ、モンサントの種じゃないだろ、それ使うの禁止だぞ! 
種は買うもんなんだよ、モンサントにカネ払わなきゃ農業しちゃいけないんだよ!」
というのが通称名「モンサント法」。これ、日本にも入ってきますよ。
なにせTPP反対だった政党がTPP推進し、
反対してた人が閣僚に入って『原発再稼働』させるような政治ですから。」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/750613008328688


■2014.8.10 【生き物は資本家の知的財産権ではない!】
田中優「これは食べ物の「囲い込み」だ。
世界中の生物は資本家の知的財産権ではない。
テロリスト扱いされるからと、誰も反対できなくなるだろうと考えているのか?
地域の種子こそが大事なのに、独占されてたまるか!」
https://www.facebook.com/tanakayupage/posts/736725193050803


12/21(土)天然住宅完成見学会@中野区 午後の部は田中優セミナーも

☆ 14時からの回は田中優セミナーつき です ~住みつなぐ家~ お母様から娘様へ、そしてお孫様へ。 ぜひ住みつないでいってほしい。そんな家です。 親子3世代で伐採していただいた大黒柱を中心に、2階リビング空間が広がります。 畳スペースには...