2012年7月30日

「Rolling Stone」にインタビューが掲載されました!




音楽雑誌「Rolling Stone(ローリングストーン)日本版」での田中優インタビュー内容がwebにてアップされています。一部ご紹介させて頂きます。

★全文はこちら⇒ http://www.rollingstonejapan.com/politics/yu-tanaka/
-----------

『日本には優れた技術がある 
 原発をやめてスマートグリッドにすれば世界で最高の競争力が持てる』

-3・11の前後で明確に変わったことは何でしょう?

「震災以前、原発の否定はタブーだったし、なくていいと考える人は非常に少数でした。
脱原発というと『原始時代に戻りたいのか』と言われ、人々はそれに納得していた。
今はそんなバカなことを言う人はさすがにいませんよね」
-チェルノブイリからずっと一貫して脱原発という姿勢を貫かれてきたいちばんの
 理由は何ですか?

「僕は『義理人情』って言っているけど、親しい友人はもちろん、人々が嫌な目に遭わせられることが許し難い。特に子供が虐げられるのは本当に嫌なんです。
 先日出たデータですが、政府の統計で、事故から一年経った今、福島県内の子供たちの死亡率が1・5倍伸びている。事故による被害のピークは約10年後で、7年後くらいからさまざまな病気が急激に増えます。それを考えると当然この後、トータルで万単位の被害者が出る可能性がある」


-それはよく言われる甲状腺がんや白血病で?

「がんは一部です。実際には心臓病や高血圧などの循環器系です。
ユーリ・バンダジェフスキーが徹底的に調べ上げています。疾病と体内セシウム量の比例関係を見いだしました」

-辿っていくと「世界的な原子力マフィア」ということになってしまうかもしれませんが、根本的な原因はどこにあるんでしょう?
「僕は金だと思います。金の切れ目が縁の切れ目で、最近メディアが結構きついことを報道するようになりましたよね。あれは東電から広告宣伝費が出なくなったからです。

 現在、東電は総括原価方式(公共料金を設定する方式のひとつ。燃料費、運転費用、営業費用などをまとめた費用を“総括原価”とし、それに一定の利益を上乗せして料金を算出する方式)で電気料金を設定していますが、その中にオール電化の広告宣伝費を入れられなくなった。事故以降、東電はオール電化のコマーシャルを自粛しており、禁止に向かっています。
 2014年からは、総括原価方式そのものも廃止される方向です。経済産業省の『電力システム改革専門委員会』での取り決めです。今後まだ紆余曲折があるとは思いますが」


-さらには再生可能エネルギーの全量買取制度も7月に施行されると。

「それももちろん重要ですが、はるかに重要なのが電力の自由化です。東電は利益の91%が家庭向けの電気料金から得ています。自由化されると、この高すぎる電気から、もっと安い電気にみんな逃げます。

 そもそも総括原価方式も、戦後の復興期に、集中的に今後大きくしたいインフラに有利になる仕組みとして進められてきたものなんです。発電所や電力が足りなかった時代に、『つくればつくるほど儲かる』という仕組みが、安定期に入ってもずっと続けられてきた
ことが問題です」

-総括原価方式の廃止」と、もうひとつの大きな肝だと思われる「送電線の自由化」も実現されるんでしょうか?

「今なお方針上、実現されることにはなっています。実際に『次世代エネルギー・社会システム実証地域』に選定された北九州市の八幡東区東田地区では、スマートグリッド(次世代送電網。IT技術を使い、使用量に合わせ電力を自動的に調整する仕組みで、発電量が不安定な自然エネルギーに適していると言われている)の実証実験を行っていて、独立して電力を供給しています。新日鉄の工場で作られる余分な電気を利用しているんです。
今エネルギー業界では、そのような話をずいぶん聞きます。ピーク消費を下げさせるため、時間帯によって電気の価格が約4倍高くなったりしますが、需要を調整すれば、余っている電力の有効活用で足りるようになるのです」

-明るい未来への変化の兆しも、少しながら見えてきている?

「僕はデータ・マニアなんです。だからデータを調べ上げ、その事実を『こうでしょう?』と出すのがいちばん好きで、それが自分の役割かなと思っています。その情報を全部オープンにして、みんなが情報という武器を持つようになれば社会は変わるだろうと思ってる。
 僕の目標は『社会を変えて、もっといい社会にする』いうことなんです」

-そこでおっしゃる「いい社会」というのは、どんな社会でしょう?

「きわめて単純です。人間は最終的に滅びるけど、その滅びるまでの時間を短くするのが
悪いことで、延ばすのがいいことであると。そう考えた時、将来を長く保たせることができ、そこに住む人たちが不幸な状態ではない、つまり差別とか格差がない状態で長く住み続けられたらそれがいちばんいい。

 『データから考えたらこうしたほうがいいでしょう?』というだけのことで、『原発を
すすめてもいいけど、それじゃあ人類が滅びるのを近づけちゃうよ』と。そのうえで、
自然エネルギーにしたほうが儲かるんだから、という説明をするようにしているんです」

-誰でも、儲け話には耳を貸す?

「みんな説教には耳を閉じるけど、『儲かりまっせ』って言われるとピクッと振り返って
くれる(笑)。実は日本はエネルギーの輸入量が莫大で、去年31年ぶりに貿易赤字になり
ました。一年間に、海外の石油、石炭、ウラン、天然ガスのために23〜27兆円を払っているんです。自然エネルギーに変え、そのお金を国内にまわしたら、一都道府県あたり毎年
約5000億円以上が入る。そしたら雇用だって増えるんです」

-ドイツは約27万人増えたとか。

「約12倍に増えました。オーストリアではバイオマスにした地域で15倍伸び、しかも
電気料金が下がりました。そういったことが現実にある。現在、世界でいちばんお金が
注ぎ込まれているのがスマートグリッドです。それには、『省エネ製品』『バッテリー』
『電気自動車』『自然エネルギー』『IT技術』の5つの技術が必要なんですが、日本はその
すべてにおいて世界一優れているのです。だから、原発をやめてスマートグリッドの技術
を磨いていけば世界で最高の競争力を持てるのに、なぜやらないのというだけの話なんです」

2012年7月28日

7/29(日)新潟県内で2講演です!

新情報も満載です。お時間のある方はどうぞお越しくださいませ★

7月29日(日)


10:30~12:00
会場 新潟駅南プラーカ3 貸し会議室KENTO

「子ども達の未来のために、今知っておきたい原発の事」
参加費 1,000円
問合せ 千野正人 TEL 090-2607-7689

ーーーーーーーーーーーーー

14:30~16:30
会場 村上市教育情報センター(村上駅  徒歩10 分)

「未来のまちを創る、森とエネルギーの話 」~永続可能な循環社会~ 
参加費 1,000円 
主催 村上のエネルギーを考える会 担当 斉藤 
   TEL 090-7410-4916



























村上市 会場地図

大きな地図で見る

2012年7月27日

<緊急拡散希望>原子力規制委員会の人事に対して


<優さんより、緊急拡散希望です!>

こんな都合の良いことが通ったら大変なことになりますね。
“恥ずかしい”とか“私原発のことは関係ないから”、とか言っている場合じゃない気がします。
電話はできない、という人にはネット署名もありますので自分なりのアウトプットをどうぞよろしくお願い致します!

--------------

田中優より

ヤバイことになった! 
原子力規制委員会を政治から独立した機関にしたんで、5年間は彼らを辞めさせられない
しかも総理の権限ではなくなり、彼らが原発再開を決められる。
首相官邸に何十万人デモしても、「私の権限にないから」と無視されることになる。

決められてしまうまでにあと数日
ここでまともな人事にしないと、原発推進は決定的になる。
今、撤回させないと運動が無意味になる。
この事態、ヤバイでしょ? 拡散して~!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-7d28.html


オンライン署名はこちら。もちろん僕も署名しました。
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/


◆でも今回は緊急度が高いので、出来れば直接細野大臣へ抗議・要請のお電話やメールを!

【細野豪志(環境相、原発事故収束担当相)】

・国会事務所 FAX:03-3508-3416 TEL:03-3508-7116
・地元事務所 TEL:0559-91-1269 FAX:0559-91-1270
・細野議員個人へのお問い合わせフォーム http://goshi.org/contact/

2012年7月26日

7/28(土)さいたまにて、阿部一理さんと講演会



7月28日(土)

会場 さいたま市民会館おおみや 小ホール
さいたま市大宮区下町3-47-8(大宮駅駅東口 徒歩15分)

11:00~11:45 マリオ&はるちゃん演奏会

12:30~14:45 田中優講演会
(福島第一原発と放射能の最新情報、そして原発に頼らない社会へ)

15:00~16:30 阿部一理さん講演会
(免疫力を高め、内部被ばくからいのちを守る食の智恵)

参加費 中学生以上 前売り1,500円、当日の介助者、小学生以下は無料

【振込先】(振り込みが確認でき次第、予約完了とします)
ゆうちょ銀行の場合 記号:17430番号:46866721、
他金融機関の場合 店名:七四八(読みナナヨンハチ)
店番:748、預金種目:普通預金、口座番号:4686672 
口座名義はいずれもヨコタシノブ

【お問合せ連絡先】
横田 忍 080-3113-9401  yokochanTAC@softbank.ne.jp
横田 亘 070-6921-4271  wataruyokota@willcom.com

【主催】ニコニコクラブ~みんなが幸せな笑顔になりますように~


2012年7月25日

7/26 「エネルギー・環境の選択肢」についてコメントします。

<拡散希望!・ネット中継予定>

□◆ 田中 優 より このイベントへ向けて ◇■□■

現在、政府の進める「エネルギー・環境の選択肢(原発と再処理の選択肢)」
をどう考えるべきでしょうか。従来にない切り口を出したいと考慮中です。

-----------

【エネシフジャパン第23回  「脱原発実現への選択肢」を考える 

・日時 7月26日(木) 17:00~19:00
    (パス配布のため、なるべく17時までにお越しください)

・会場  衆議院第一議員会館 多目的ホール
     http://bb-building.net/tokyo/deta/459.html
・資料代 500円(※資料がある場合)

 毎週金曜日、首相官邸付近では「原発再稼働反対」の市民の声がこだまし、
名古屋市や大阪市をはじめ多くの自治体首長も「再稼働反対・脱原発」を主張しています。
 また国政では「反増税・脱原発」を掲げた新しい党や会派が立ち上がっています。

 そうした中で、脱原発を実現するには市民自らによる脱原発シナリオが必要です。
現在、政府は「エネルギー・環境の選択肢(原発と再処理の選択肢)」を示し、「国民的議論」を進め、8月末に原発の将来を含む新たなエネルギー政策を決定する予定です。

 今回のエネシフジャパン勉強会では、田中優氏から政府の「エネルギー・環境会議」が示した「エネルギー・環境に関する選択肢」への対応についてお話を聞き、私達の「エネルギーシフトシナリオ」について討論します。

「原発ゼロ」の政策実現に向けて超党派で取り組む「原発ゼロの会」からも報告があります。

IWJ中継予定あり! http://www.ustream.tv/channel/iwj7 

イベント詳細  エネシフHP http://sustena.org/eneshif/

2012年7月24日

田中優より:飯田哲也さんへの応援演説




-田中優より-

7月19日、山口に飯田哲也氏の応援に行ってきました。スタッフたちとの写真です。

飯田さんは20年来の活動仲間です。彼は知っての通り、国内的にだけでなく、国際的にも活動家として有名です。
東京でISEPのままいれば、リスクもなく活動できる。しかしそれをなげうってまで出馬したのです。

ここで応援しなかったらオトコがすたるという感じで出かけてきました。

面白かったのは飯田さんが自分のスタンスを崩していないこと。
「一票を」なんて言わない。

「もし山口を、そして山口から日本を変えるつもりがあるなら一緒にやろう」
と言う。当然選対泣かせで、もうちょっとウエットなムードを出してほしいと思うところだ。


しかし飯田さんは態度を変えない。
その我が道を行くおかげでストレスがなく、思いっきり元気なままで、周囲の方が追いつけなくなるぐらいタフなままだ。
一緒に回ってうれしくなった。

ぼくとの対談はもちろん打ち合わせゼロ。でもお互いに考えているところ、目指しているところは同じ。
ぼくが目論んだのは飯田さんがエネルギー問題だけの人ではないことを示すことだった。
目論見通り、彼はきっちりデータを示しながら次の時代の社会を描いて見せた。

「ドイツの就業者一人当たり輸出額は日本の約三倍、もちろんドイツ人が日本人の三倍働いているわけではない。
安いものをたくさん作ろうではなく、価値の高いものを誇りを持って作っていくべきではないか。
中国を目指して競争するのではなく、ドイツを目指して行くべきだ。


山口にはそれを可能にする資源と人と文化と技術がある。
日本の一地域が変わることで日本中を変えていく、その一歩を踏み出したい」と飯田さん。

時には見解が違うこともある。それでも同時代に活動している仲間がいることは幸せなことだ。


意見が違うなら論議すればいい。飯田さんは聞く耳を持っているし、その活動もいつも柔軟だ。


ぼくは飯田さんを信頼している。



近日中にぼくの無料メルマガで紹介します。⇒ http://www.mag2.com/m/0000251633.html 


参考:日本とドイツ 就業者一人当たりの輸出額

2012年7月23日

講演会レポート 7/22習志野にて

7月22日、千葉県習志野市にて田中優講演会「-習志野環境講座- 「子どもたちの未来のために、~エネルギーのこと~  」が開催されました。

「古い冷蔵庫を買い替えたら、電気料金がこんなに安くなります!
地域のグループで無利子で買い替えたい人に融資したら、その人は一銭も持たずに融資してもらい、
浮いた電気料金から融資してもらった分を返済していくことで、誰も損しないどころか得するばかり!環境は経済に反するなんてウソです。省エネだけで事業ができる、そういう仕組みをみんなで考えて作っていけばいい」


という話に皆さん釘づけで 「へー」「はー」と会場から驚きの声が出ていました




習志野市長にも来て頂き、一言ご挨拶を頂きました。(39歳だそうです!)
副市長も来られ、副市長は最後まで講演を聴かれてました。


千葉県を中心に活動されている2人組の「打花打火(だかだか)」さんhttp://daka2.web.fc2.com/ の演奏が優さんの講演後にありました。とってもステキでした。


地元のイベントに地元でがんばってらっしゃる方が来られるのは嬉しいですよね。^^

主催頂いた竹宵の会&実行委員会様、ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

2012年7月22日

7/27(金)大阪市にて「経営で考えるべきこと」




「 不都合な真実。私たちの未来。
~大震災以降、会社・店舗経営で考えるべき事~ 」


■講演内容
・ap bank (桜井和寿(Mr.Children)、小林武史、坂本龍一らが設立)監事を務める田中優氏の緊急フォーラム
・経営者が考えるべき未来の子どもたちの笑顔とは?
・関西の計画停電は回避できないの?
・未来を考えた経営の本質(パネルディスカッション)

特に会社・お店経営者の方必聴です!(一般参加ももちろんOKです)

 7月27日(金)19:00~21:15

会場  大阪市中央会館 ホール(大阪市中央区島之内2-12-31)
※地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車徒歩6分
地図 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html


参加費 1,500円 Just Smile!!メンバー 1,000円
定員 250名
主催 Just Smile!! by MERRY PROJECT TEL 06-4794-0902(クレフグループ内)

MAIL morita@justsmile-merry.com
HP http://justsmile-merry.com/


【お申込みフォーム】→https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGtudEplQklDTWVaTVdUQWo4aXhSV3c6MQ


■パネラー■

◆ 田中 優

◆ 阪口 竜也 (社)難病の子どもとその家族へ夢を/推進委員会会長、フロムファーイースト(株)/代表取締役 http://www.yumewo.org/ http://ffei.jp/

◆ 後藤 将  世界経済フォーラム グローバル・シェイパー/日本代表メンバー、(株)アトレ/代表取締役 http://www.marketing.io/

◆ 森田 大輔 NPO法人MERRY PROJECT/理事・事務局長、 (株)クレフクリエイティズム/代表取締役 http://www.merryproject.com/ http://csr.bz/ http://www.clefgroup.com/



2012年7月19日

7/20 岡山わらにて、船越康弘さんと初共演!ワークショップも。

田中優も絶賛するわらさんでの食事を田中優と一緒に、ドームハウスでの講演、夜までがっつり優さんとトークなど盛りだくさんです!まだ若干お席に余裕があります。
講演のみ参加も大歓迎です★

優さんが以前わらさんの屋敷を見た際、「この造りは本物だ!」と感激していました。
今回は船越康弘さんとの初共演、しかも二人の講演に加え、1日目は優さんと一緒に考えるワークショップもあります!
この機会にぜひご参加くださいませ★

7月20日(金) 14:00~
会場 百姓屋敷わら (岡山県高梁市川上町下大竹2085)

「今、ここから出来る!明るく幸せな暮らし方!」
船越康弘さんとの初共演。講演+ワークショップあり。

●スケジュール

【7/20(金)】
13:30 集合
14:00 田中優講演&ワーク ~エネルギーの自給と自立~
17:30 夕食
19:00 ワークショップ①
      田中優さんと一緒に考えよう
    -田中優出演はここまでですー


【7/21(土)】
6:00 オプション ~自然と繋がる~
8:00 朝食
9:30 船越康弘 講演&ワーク ~明日からの暮らしに繋ぐ 医・食の自給と自立~
12:00 昼食
13:30 解散

参加費 1泊2日(講演込み)(3食付) 20,000円

    講演のみ(両日とも各)     3,000円


主催 和楽プロジェクト 担当 山室 MAIL info@warapro.jp
TEL 0866-48-3243 携帯 090-9503-4968
HP http://wara.jp/hyakushoyashikiwara/s57.html
http://wara.jp/hyakushoyashikiwara/s57.html



 会場地図

 
大きな地図で見る

2012年7月18日

<緊急決定!>7/19山口にて飯田哲也さん応援演説に行きます!


優さん、明日は朝の5:30に家を出て飯田さんの応援演説に向かいます^^

山口県内で5ヶ所!しかも街頭演説もあります。優さんの街頭演説は貴重すぎます(笑)

誰か録画&アップしてください!

そして山口の皆さま、お近くの会場へぜひ足をお運びくださいませ★

田中優より

「飯田さんと意見が異なることがあるけど、ぼくは飯田さんを信頼しています。
何より同時に別な場所で頑張っている人の連帯感があるんです。
みなさんも応援お願いしますね。」


「ハードな日程ですが、山口に行きます!
でも多くの人に知っておいてほしいことがあります。
彼の知識は幅広く、単なる原発単独イシューの人ではないということです。
山口県の経済活性化のためにも必要な人なのです。」

◆7月19日(木)(予定)

  7:40  羽田空港発
  9:15  山口宇部空港着 
11:00 土原公民館(個人演説会会場)  
13:00 阿武町 浦公民館(個人演説会会場)
15:00 萩 本行寺(個人演説会会場)
17:15 アトラス萩駐車場(街頭演説)
18:00 サンライフ 萩(個人演説会会場)


-☆---★--☆--★--☆--★--☆--★--☆--★--☆--★--


2011.6月に開催された田中優さん&飯田哲也さんの貴重な対談イベントです。
この後、FUNKISTも登場してました。ここでしか聴けない話などたくさんありました。
ぜひ、全編ご覧くださいませ★http://www.ustream.tv/recorded/15656248

(一部抜粋)

優さん 「本当にこういう人が続出してくることが大事、飯田哲也を殺せば運動は終わる、
田中優を殺せば・・って何人か殺したら運動が終わっちゃうっていう社会だったら、
本当に絶望的になっちゃうよね。」

飯田さん 「もっと社会全体が底上げしてみんなが参加すれば。我々の言っていることは
普通に考えたら当たり前のことを言っているだけですよね」

優さん 「俺もそう思っているんだけどね。過激なことを言っているつもりもないし。
だって現実にみんなおカネで動くし、そのカネの仕組みが今言ったように何%とれるって
いう仕組みの中で、色んな業界を押さえちゃうっていう構造になってたわけじゃない。
こいつを変えていかないと我々の未来はなくなっちゃうと思うんだよね」

飯田さん 「そうですよね」

飯田さん「 優さんとは18年。優さんはもともと金融をやってエネルギーに入ってきて、
僕はエネルギーをやって金融に入って今はクロスオーバーしているけど、優さんは広げて
いくのが得意な人なんですよね、僕はこうつき進んでとにかく問題の核心はどこだって
つき進む感じなので、今日は優さんとどんな話になるのかなと思ってきたんですがなかなか
良いコラボ─レーションが出来たし、やっていること自体もちょうど良いコンビネーションで、
これからも一緒に広げていければと思っています。」

優さん 「本当だね。僕は実はこういうのが一番嬉しいの。時々しか会えないんだけど、
ところが‘今頃、あいつ絶対やってる’ し、‘俺も今やってる’、それがお互いを同時代に
シンクロしているっていうのが、一番やっぱり僕にとっては心強いし楽しいんだよ~。
同じ時代に生きてて同じ時代にがんばっている、それが時々会えるって、言うのがすっごく
嬉しい。そういう関係で今後も一緒にやりましょう!」

飯田さん 「ぜひまたやって行きましょう!!」

-☆---★--☆--★--☆--★--☆--★--☆--★--☆--★--

動画はこちら↓




【写真】対談の様子


Video streaming by Ustream

2012年7月17日

新潟日報に優さん講演会が掲載されました。



7月6日に新潟・新発田にて午後に食の安全について、夜に地域おこしのお話をしました。
その様子(記事は食の安全について)が7/11付の新潟日報に掲載されました。


優さんのお話聞いたをその記者の方は「度肝を抜かれた」とつぶやいて帰って行かれたそうです。


それに地元の本屋さんが優さんの書籍販売をしに来られたんですが、その方も優さんのお話に聞き入ってしまったらしく、講演後には名刺交換をしてました^^

ちなみに写真に後ろ頭が写っているのは私マネージャー渡辺です。
母親が「優さんとあんたの後ろ頭が載ってたよ!」とメールくれました。^^;

加藤さん、日記にアップして頂きありがとうございました。

2012年7月16日

<無料>今月の天然住宅バンクミーティングのお知らせ







田中優が理事長を務めます「天然住宅バンク」では毎月どなたでも参加可能なミーティングを開催しています。
今月は7/17(火)19時から、参加費無料です。
場所 東京都新宿区歌舞伎町2−19−13 ASKビル4F


新しい社会の仕組みを作るため、おカネのシステムを作るための作戦会議です。
お気軽にお申込みのうえお越しくださいませ★

詳細・参加お申込み → http://www.tennenbank.org/blog/?p=752

田中優より賛同メッセージ


7/16は歴史的な日になるかもしれません!
ご都合つく方、ぜひ代々木へ!!ぜひアクションを!

当日参加できない田中優よりメッセージです。

『原発は利権です。合理的な理由はありません。
二度と動かせないように、社会的な仕組みを作りましょう。』


賛同人がこんなに!http://sayonara-nukes.org/sandou/
http://sayonara-nukes.org/2012/06/0716sayonara_nukes/
0716集会

2012年7月14日

7/15 公開録音の様子がラジオで放送されます

7/9に公開録音された様子が、7/15のこちらのラジオ放送で聴けます!

日時  7月15日(日)22:00~22:54

番組名 81.3FM 「 J-WAVE PLUS 」 

番組HP http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

ナビゲーター 堤未果(JAM THE WORLD水曜日ナビゲーター)
ゲスト   田中優(環境活動家)、萱野稔人(哲学者・津田塾大学准教授)
http://tanakayu.blogspot.jp/2012/06/j-wave.html

公開録音の様子から、ちょっと過激(?)なお話も盛り込まれていると思います。

お聴き逃しなく!

-------------

写真は7月9日に行われた公開録音の様子です。

優さんは堤未果さんも萱野さんもお会いするのは初めてだったそうです。
でもお話している内にすっかり意気投合してました。






抽選で当選したリスナーの皆さん

ap bank fes '12 に優さんのトーク出演決定!!


いよいよ今年の ap bank fes が始まりました!
今日は前夜祭で優さんも会場である静岡・つま恋に入りました
そして、fes1日目となる本日の14日には優さんがトークで出演させて頂くことが決定しました!


優さんは1回目から参加の皆勤賞で、毎年このfesに何かしらの形でお手伝いできることがとっても嬉しいようです。^^

日時 7月14日 14:45~
会場 つま恋  eco-reso boothにて
タイトル ミニトーク2「田中優さんに何でも聞いてみよう!」

ご参加される方、ライブの休憩時間にありますのでぜひお越し下さいませ★
タイムテーブル http://fes.apbank.jp/contents/timetable.php



2012年7月12日

7/14 天然住宅おうち見学会@大田区のお知らせ

田中優が共同代表を務めます、非営利の住宅会社「天然住宅ではモデルハウスみたいなものは経費も高くつくし結局ゴミになってしまうため建てません。その代わり、実際に天然住宅で建てた方のおうちにおジャマして、快適さを体感して頂いたり家の方へ色々と質問してみたり、建設途中の様子を見て頂く見学会を実施しています。

7/14(土)に見学会が行われます大田区のS様邸は、築3年、総2階、ロフトやバルコニーを加味して約27坪、2世帯のお住まいです。

●見学ポイント●

建て坪約12坪の中に、1階には奥さんの仕事部屋とご両親の寝室。
寝室には、特注のベッドや窓から見えるこだわりの藤棚も見どころ。
2階のリビング&寝室はつながりを持ちながらも緩やかに仕切ることもでき、
食卓に皆が集まるときには広く使えるように工夫されています。
また、あらわしの天井がさらに広い空間を演出してくれています。

夏・冬通して天然住宅で過ごしてみての住み心地や、自然素材との付き合い方や工夫、経 年変化など詳しく建て主さんにも聞いていただけます。
地震の時の揺れ方なども是非聞いてみてください!

◆都会の密集地でも広くスペースをとれるよう工夫したフリー設計住宅
気温と体感の違いを感じてみてください。
◆構造→手刻みのくんえん杉材を使用。
◆内壁→快適クロス張りなど、天然住宅の木の快適さを感じていただけると思います。
◆外壁・屋根→ガルバリウム、システムバス、システムキッチン、ペレットストーブ。

快適に、長く、親しみを持ちながら、住んでいただきたいのが天然住宅です。
是非、それを実践してくれているS様邸へ見学にお越しください。

 日時 
7/14(土)10:30~12:00、13:30~15:00(2回を予定)
 お話:施主様 + 天然住宅
 場所:大田区羽田(最寄駅は京急「穴森稲荷」駅)近郊
 参加費:1,000円/組

お申し込み受付:
http://tennen.org/kengakuentry120714.html
先着順 各日20名様限定。
http://tennenjutaku.seesaa.net/article/279466613.html


2012年7月10日

7月講演会情報


すでに開催済みのものもありますが、ご参考くださいませ★

-------------------
<新潟・新発田>7月6日(金)2部制
会場 新発田市 コモタウン内コモプラザ

・昼の部 13:00~14:30
「子供と食べ物とこれからと」
参加費 1,000円/未就学児無料

・夜の部 18:30~20:00 
「優さんから聴くここだけの話」
参加費  一般 1,000円/高校生以下500円

主催  田中優さんを新発田に呼ぶ会
TEL 0254-26-2051 佐藤 090-7268-3349

-----------------
<福岡・博多> 7月7(土)~8日(日)
第4回 全国NPOバンクフォーラム

http://npobankforum.com/

問い合わせ もやいバンク福岡事務局
TEL:092-522-8339、E-Mail:info@npobankforum.com

-------------------
<東京・六本木> 7月9日(月)19:00~
会場 六本木ヒルズ森タワー49階「アカデミーヒルズ」

FMラジオ J-WAVE 「JAM THE WORLD」公開録音イベント

ゲスト 田中優、萱野稔人(哲学者・津田塾大学准教授)
ナビゲーター 堤未果(JAM THE WORLD水曜日ナビゲーター)

--------------------
<島根・川本町> 7月10(火)~11日(水)
・優さんと一緒に行くバスツアー
7月10日(火)13:00~17:00
定員 50名
参加費 無料

・田中優講演会 7月11日(水)9:00~
「地宝論~江の川周辺の地域資源循環」
会場 川本町笹遊里
参加費 500円

主催 樹冠ネットワーク
申込・問合先 TEL 090-4579-4634 (樋口) 090-5262-6487(武安)
Eメール : jukan5@yahoo.co.jp FAX : 0855-72-1999(樋口)

------------------
<岡山・わら> 7月20日(金) 14:00~
会場 百姓屋敷わら (岡山県高梁市川上町下大竹2085)

「今、ここから出来る!明るく幸せな暮らし方!」
船越康弘さんとの初共演。講演+ワークショップあり。

主催 和楽プロジェクト 担当 山室 MAIL info@warapro.jp
TEL 0866-48-3243 携帯 090-9503-4968
HP http://wara.jp/hyakushoyashikiwara/s57.html

------------------
<京都市> 7月21日(土) 14:00~18:00
会場 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30、法然院

「あなたの明日(あした)!」
参加費 前売2,500円/当日3,000円

主催 むすひの杜 TEL090-558-8254(豊永)
MAIL musuhinomori@gmail.com

---------------------
<千葉・習志野> 7月22日(日)13:30~15:30
会場 習志野市消防会館5階講堂 (京成津田沼駅、徒歩6分)

「子どもたちの未来のために、~エネルギーのこと~ ?」
定員 150~200名
資料代  500円

主催 竹宵の会&実行委員会
担当 尾曽昭雄 TEL 047-475-3704

---------------------
<大阪市> 7月27日(金)19:00~21:30
会場  大阪市・中央会館 ホール

「 不都合な真実。私たちの未来。~大震災以降、 会社・店舗経営で考えるべき事~ 」

参加費 1,500円 Just Smile!!メンバー 1,000円
定員 250名

主催 Just Smile!! by MERRY PROJECT 担当 森田大輔
MAIL  morita@justsmile-merry.com
HP http://justsmile-merry.com/

--------------------
<埼玉・さいたま市> 7月28日(土)11:00~16:30
会場 さいたま市民会館おおみや 小ホール(大宮駅駅東口 徒歩15分)

11:00~11:45 マリオ&はるちゃん演奏会
12:30~14:45 田中優講演会
(福島第一原発と放射能の最新情報、そして原発に頼らない社会へ)
15:00~16:30 阿部一理さん講演会
(免疫力を高め、内部被ばくからいのちを守る食の智恵)

参加費 中学生以上前売り1,500円、当日の介助者、小学生以下は無料

主催 ニコニコクラブ~みんなが幸せな笑顔になりますように~
横田 忍 080-3113-9401  yokochanTAC@softbank.ne.jp
横田 亘 070-6921-4271  wataruyokota@willcom.com

--------------------
<新潟市> 7月29日(日)10:30~12:00
会場 新潟市 駅南プラーカ3 貸し会議室KENTO


「子ども達の未来のために、今知っておきたい原発の事」


参加費 1,000円
問合せ 千野正人 TEL 090-2607-7689

--------------------
<新潟・村上市> 7月29日(日) 14:30~16:30
会場  村上市教育情報センター  (村上駅、徒歩10 分)

「未来のまちを創る、森とエネルギーの話 」~永続可能な循環社会~ 

参加費 1,000円 
定員  200名 

主催 村上のエネルギーを考える会 担当 斉藤 TEL 090-7410-4916



2012年7月8日

7/22(日)千葉・習志野にて 田中優講演会


-習志野環境講座-
 「子どもたちの未来のために、~エネルギーのこと~  」


日時 7月22日(日) 13時30分~15時

会場 習志野市消防会館5階講堂

会場住所 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番43号、消防本部5階講堂、習志野市役所前
       (京成津田沼駅、駅から徒歩6分、500m)


予約不要です。先着 150名様
資料代  500円

託児あり、要予約(締切日7月14日)、500円、 1歳から、託児の申し込み先090-5645-7481


主催 竹宵の会&実行委員会
お問い合わせ 担当 尾曽昭雄 TEL 047-475-3704

会場地図
 
大きな地図で見る

2012年7月7日

本日のフォーラム、田中優出演時間変更のお知らせ


皆さん、おはようございます。

今日福岡で開催されるNPOバンクフォーラムのため、昨日が新潟講演だったため今日の午前中に新潟空港から福岡空港へ飛ぶ飛行機で優さんは移動予定だったのですが、何とその飛行機が”欠航”になってしまったことが先ほどわかりました!

・・ということで優さんが登壇予定でした13時からの全体会に間には合うことができず、今日の夕方頃のどこかの時間で登壇することになりました。

もし本日優さんの会に参加予定だった方、またはお知り合いでいらっしゃいましたら拡散頂けたら嬉しいです。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

http://npobankforum.com/

2012年7月6日

『 市民がカネを支配する 』

 「市民が自分たちで金融をする」、そんなNPOバンクを最初に始めたとき、 周囲はうまくいくはずがないと言い、金融機関には相手にもされませんでした。  

 しかし今や全国に市民が作るNPOバンクがたくさん生まれ、市民が市民の力と 融資で起業することも可能な時代に入りました。金融機関にも市民事業に融資するところが増え、城南信金のように意志を示す金融機関も登場しました。  

 私自身がNPOバンクを始めてから19年目。こうして進展できたのは、全国の各バンクの人たちの誠実な活動の賜物だと思います。  
 もし私たちが騙したり嘘をついたりしていたら、今の状態はなかったはずです。 

 よく言われるように信用は作るのに10年かかりますが、壊すのは1回で足ります。 
人は誰でもおカネのこととなると神経をとがらせますから。  

 そんな中、東日本大震災によって引き起こされた原発事故は社会を一変させてしまいました。それまで無償で得ていた野草も山菜も果物も魚も水も汚染され、カネを出さなければ買えないものにされてしまいました。  

 私の理想は「カネがなくても暮らせる社会の実現」です。そのためにカネを使おうと考えてきたのです。カネは単なる手段ですが、カネを得るのが目的になったとき、カネは人を支配する道具になります。この主客逆転が社会を貧しくしているのです。今や東北の人々は後ろ盾だった自然を奪われ、都会のようにカネがなければ暮らせない場所に変えられつつあります。  

 私たちは奴隷労働するために生まれたのではありません。私は市民の金融の仕組みを使って目的化したカネを、元の道具に戻したいと思います。私たちはカネの手綱を握り、役に立つ道具に飼いならさなければなりません。  

 NPOバンクは、目的化したカネを手段に戻し、私たちの望む社会を形成するための機関だと思います。 これからも皆で力を合わせて、市井の市民の作る社会を実現させたいと思います。 


-----------------

こちらは、7/7~7/8に福岡で開催されます「全国NPOバンクフォーラム」
に向けて、代表である田中優からのメッセージを転載いたしました。

(7/6発行の田中優無料メルマガでも掲載しております
http://archive.mag2.com/0000251633/20120706190558000.html

フォーラム詳細 ⇒ http://npobankforum.com/

今年は福岡にて開催!フォーラムのみ参加は当日でも受け付けております!





2012年7月5日

岩波「世界」を読んだ感想を頂きました。

もうすぐ次号になってしまいます!

現在発売中の岩波の「世界」に優さんの最新解説が掲載されています。
優さんが1つ1つ、データを丹念にとっていったグラフが載っています!

こちらは優さんHPを作成頂いた上村実生さんがこの優さん解説を読んだ感想です。
嬉しい感想をありがとうございます!
ぜひお早目にお買い求めを~\(^o^)/

-☆---★--☆--★--☆--★--☆--★--☆--

田中 優さんの解説がわかりやすくて、またまたシビれてしまいました。

「原発なくても電気が足りるって話、ほんまでっか?」
の答えが優さんのページにあります。本屋でぜひ。

よく「経済のこと考えると、原発はやっぱり必要。」という一見もっともらしい理屈がありますが、その理屈、実は経済のことなんて考えてない。「原発に莫大なお金が集まることで得をしている一部の利益」を、全体の利益に見せかけるために「経済」という言葉に置き換えてるだけ。

ほんとに経済のこと考えるなら原発いらないと思う。徹底的な分析にもとづいた、もっと“経済的なやり方”を、田中優さんが具体的にわかりやすく説明しています。

こういう、至極まっとうな話が流れてこない既存メディアは、ほんとに見る気がしない。

岩波「世界」http://www.iwanami.co.jp/sekai/





2012年7月4日

<初島根!>優さんと行くバスツアー&講演会




田中優が講演の依頼を頂いてから22年ほど経ちますが、何と今まで島根での講演会はなかったそうです!

今回は初島根での講演会+優さんと一緒に地元を巡るバスツアー(バスツアーは何と無料!限定50名)もあります。
この機会に、どうぞご参加くださいませ♪

※お申し込みは7月5日(木)までです!


<島根・川本町> 

★ 優さんと一緒に行くバスツアー 
  7月10日(火)13:00~17:00
(地元のチップボイラーや製材所を優さんと一緒に巡ります)

   集合場所 川本町笹遊里
定員 50名
参加費 無料

★ 田中優講演会 7月11日(水) 9:00~

「地宝論~江の川周辺の地域資源循環」
会場 川本町笹遊里
参加費 500円(昼食代)

★その他、懇親会も予定されています。ご希望の方はちらしをご覧ください。


主催 樹冠ネットワーク
申込・問合先 TEL 090-4579-4634 (樋口) 090-5262-6487(武安)
Eメール : jukan5@yahoo.co.jp  FAX : 0855-72-1999(樋口)

2012年7月2日

7月21日(土)京都にて山本公成さんと!




優さんも絶賛の山本公成さんのコンサートもあります!

<京都市> 7月21日(土) 14:00~18:00

会場 法然院、方丈の間(京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30)
    (JR京都駅・阪急河原町駅・京阪三条駅より 市バス5系統
      岩倉行 浄土寺下車 大文字山に向かって徒歩10分 )

「あなたの明日(あした)!」

13:30 開場
14:00 山本公成コンサート
15:30 田中優 講演
17:00  ともに語ろう
18:00 閉会

参加費 前売2,500円/当日3,000円

問い合わせご予約、連絡先
むすひの杜  
Fax 072-292-4089 tel 090-5058-8354
e-mail musuhinomori@gmail.com

主催 むすひの杜