2014年9月14日

教訓から学べ。コアキャッチャーと地下ダム案、今からでも!

田中優より

「教訓が必要です。

ひとつはひとたび事故になると、
吉田所長の想像した通り「チャイナシンドローム」を起こし得るので
「コアキャッチャー」の設置が不可欠であること。
これが規制委員会では検討されていません。

もうひとつは甘い楽観的な予測をして、

次々と手遅れの対策を打つのは間違いであること。

当初から京大の小出さんが主張して採択されていたはずの
「地下ダム案」しておくべきだったのを、

「費用が掛かりすぎて株主総会を乗り越えられない」
などと馬鹿げた理由からしなかったことが、
コストを限りなく高いものにしてしまっている。

悲観的な予測を立てて、
最悪の想定から順に対策していくことが必要だと思います。

もちろん今からでも。」






重大事態・溶融核燃料取り出し不可能に!/石棺密閉以外方法なしの可能性・・・


東電福島第一原発1号機の溶融核燃料が、
ぺデスタル台座の外に漏れ出している可能性が明らかになった。
 なんと、事故からちょうど3年半の9月11日、

マスコミ報道で、原子炉内のとんでもない事態が公表された。・・・



元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...