2013年12月31日

『 生きる時間は旅、暮らしは実験だ 』

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第292号
2013.12.31発行

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


※このメルマガは転送転載、大歓迎です。
http://www.mag2.com/m/0000251633.html


今年最後のメルマガ配信です。
皆様、今年も大変ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えくださいませ。


昨日発行されました有料・活動支援版メルマガは、

田中優もかつて感じていたコンプレックス、知られざる今までの経歴、突然の父の
死で気が付いたことなど。

新たな年や人生の目標をどう立てるか考えている方、今コンプレックスを感じいる方
などぜひお読み頂きたい内容です。



□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■ 



『 生きる時間は旅、暮らしは実験だ 』

  ~弱点に怯えて憶病になるより、
   自分らしく生きるためにアグレッシブになる方がいい。~


 もともと過去を振り返るタイプではない。いつも先のことばかり考えている。
でも年末ぐらい過去を振り返っていいかもしれない。

 過去を考えてみると、あまり良いことはない。格好つけだった若い日を思い出すと
恥ずかしくて仕方ないし、多の人に嫌われた体験を思い出せばイヤな気持ちになる。

 だけど良かったのかもしれないな、と思えることもある。
 そっちの方だけ思い出すことにしよう。

 新年になったら今年こそ、みたいなことを考えがちだ。そこでよく「外国語を習得
しよう」なんて考えていたこともある。今でもごくわずかに英語が話せる程度だが、
今思うとそれ以上しなくてよかったと思う。


 なぜそう思うのかを発端にして、自分の考えを話してみようと思う。


(中略)

 それより重要なのは、自分の長所を伸ばすことだろう。自分が好きで好きで、得意な
部分を伸ばしていく方が、スキルにするために向きもしないものに努力するより有益
だろう。

 しかし一般的にはスキル習得に人生の多くの時間を注ぎがちだ。するとどうなるか。
自分の弱点を克服するための努力ばかりしていると、弱点の少ない人にはなれるだろ
う。しかし突き抜けた個性は得られない。その人なりのコンテンツが得られなければ、
表現以前に表現すべきものがない。中身のない表現ほど虚しいものはない。
 


(中略)


 ぼくの父は、73歳のときに原付バイクにひき逃げされてこの世を去った。犯人は見つ
かっていない。その父の突然の死はショックだった。

 今なお父に気の毒で仕方ないことがある。博覧強記だった父は、本を書きたかったの
だ。そのためにいろいろ調べ、あり得ないほど勤勉に学び続けた人だった。しかしそれ
が突然の事故によって絶たれてしまった。父がどれほど努力して学んだ人であっても、
どれほど良心的で民主的な人であったとしても、もはや知らない人が知ることはできな
い。アウトプットしないでいると、その存在を知ることはできなくなってしまうのだ。


 人の存在はアウトプットされたものによって感知される。
 だとすれば、アウトプットを自分でコントロールする必要があるだろう。


 それを意識してから、ぼくは変わったのかもしれない。ぼくが講演をし、本を書き、
さまざまなトライをするようになったのは、父の死以降のことなのだ。 
 

(中略)
 

 今という時点は常にスタート地点だ。生きられる時間は有限なのだから、自分なりの
ものにしなければならない。ところがそこで、多くの人は自分の欠点を補うために時間を
費やしてしまう。そうではない。欠点のない円のような丸い人間になるために生まれて
きたのではないのだ。自分らしい多角形の存在になることが必要なことなのだ。


 新年を迎えるにあたって、誰しも次の年をどう過ごすのか考える機会を得るだろう。
 そのとき、弱点をなくすために丸くなるのではなく、弱点を持つことを武器にして
もっと多角形の自分らしい形をめざせたらいい。
 弱点に怯えて憶病になるより、自分らしく生きるためにアグレッシブになる方がいい。
 そう思うのだ。


 動こうと思うときに重要なのは行動そのものではない。なぜ動こうと思うかの動機
なのだ。動機さえしっかりしていれば、行動はおのずとついてくる。高尚な動機でなく
ていい。ただ自分になるために生まれたのだ。



 さて来年、ぼくはどんなチャレンジをしたいだろうか。




■もし過去に学ぶとしたら

■「やり直せない人生なんてない」

■スキルはコンテンツを作るためのもの

■学ぶことは自分の考えをつくること

■コンプレックスから解放される

■シュールリアリズム的思考

 
■アウトプット



田中優有料・活動支援版メルマガ 『 田中優の未来レポート 』
第56号/2013.12.30より抜粋



つづき、より詳しくご覧になりたい方はこちらよりどうぞ☆


【田中優の未来レポート】
 登録月無料、バックナンバーのみでも購読可です
 http://www.mag2.com/m/0001363131.html


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ 有料・活動支援版メルマガ バックナンバー 


第55号 「価格で選ぶ人は価格で裏切る」(2013.12.15)
第54号 「不完全オフグリッドのすすめ」(2013.11.30)
第53号 「原子力規制委員会さん、「水の泡」って知ってる?」(2013.11.15)
第52号 「2013年11月8日、「私たちの未来を賭けたUFOキャッチャー」が始まる」(2013.10.30)
第51号 「どんな時に「融資OK!」と思うか」(2013.10.15)
第50号 「新しくない新たな林業」(2013.9.30)
第49号 「森を守って健康、長持ち」天然住宅」(2013.9.15)
第48号 「日本を、北半球を終わらせかねない福島原発汚染水問題」(2013.8.30)
第47号 「暑すぎる! 地球温暖化のせいだろうか」(2013.8.15)
第46号 「もうダムはいらない 」(2013.7.30)
第45号 「奇跡のリンゴから未来の農へ 」(2013.7.15)
第44号 「あなどらないで、放射能 」
      ~間もなく「放射能下の日本に暮らすには(筑摩書房)」が刊行されます ~ (2013.6.30)
第43号  「自然エネルギーの推進だけでは解決しない!必要なのはコミュニティーグリッド化だ」 (2013.6.15)
第42号 「最新講演録 」 (2013.6.1)
第41号 「太陽光発電、電気自動車って、良いの?悪いの? 」 (2013.5.15)
第40号 「憲法の大切さを思う 」 (2013.4.30)
第39号 「乾燥炉に熱くなる 後編 ~森と住宅~ 」 (2013.4.15)
第37号 「乾燥炉に熱くなる 前編 ~森と住宅~ 」 (2013.3.30)
第36号 「一問一答~電磁波問題ってどうなの? 」 (2013.3.15)
第35号 「オフグリッドにしたら、世界が平坦になった 」 (2013.2.28)
第33号 「汚染がれきをどうするか」(2013.2.15)
第32号 「ゴミ問題の本当のこと」(2013.2.1)
第31号 「一問一答~JAS有機認定・ベーシック・インカムについて~」(2013.1.15)
第30号 「岡山県の古民家から」(2012.12.31)
第29号 「リニア中央新幹線の夢は、夢のままがいい」(2012.12.15)
第28号 「一問一答~原爆で除染の必要はあったの?~」(2012.11.30)
第27号 「木材乾燥の革命」(2012.11.15)
第26号 「ワクワクする未来を「オフグリッド」運動、事始め」(2012.10.31)
第25号 「綿花の話」(2012.10.15)
第24号 「どう放射能を避けたらいいのか」 (2012.10.2)
第23号 「電力リテラシーが必要だ」(2012.9.18)
第22号 「先行情報 第2回田中優的身の立て方講座募集します!」
第21号 「自分で伐採する林業、「自伐林業」の可能性」(2012.8.31)
第20号 「隠されたアイスランド革命」(2012.8.15)
第19号 「原発比率、「ゼロ、15%、20~25%」の選択」(2012.7.30)
第18号 「エネルギーの自立で食っていく」(2012.7.18)
第17号 「日常生活からのテイクオフ」(2012.7.8)
第16号 「事業で社会を変えていく」(2012.6.19)
第15号 「大飯原発の再稼働は不要だ」(2012.5.31)
第14号 「資源エネルギー庁のデータを信じない理由」(2012.5.15)
第13号 「合鴨米はがき商品券」作成(2012.4.30)
第12号 「放射能の健康被害、何が本当に危険なのか」(2012.4.16)
第11号 「おーい、原発!消えてなくなれ」(2012.4.1)
第 9号 「省エネが先だろ」(2012.3.15)
第 8号 「寒さだって役立つ資源」(2012.3.1)
第 7号 「本当の履歴書(後編)」(2012.2.16)
第 6号 「本当の履歴書(後前)」(2012.2.16)
第 5号 「放射能が消せたら、どんな未来を作りたいだろう?」(2012.2.1)
第 4号 「福島第一4号機の真相?」(2012.1.17)
第 3号 「やさしく無視してあげる♪」(2011.12.31)
第 2号 「未来の辞書から〔やらせダム〕」(2011.12.18)
第 1号 「田中優より発行にあたって、山仕事のイノベーション」(211.12.16)

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...