2013年11月25日

『未来の農業は農薬や化学肥料を使わない』

田中優メルマガより転載

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第279号
2013.11.24発行

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


※このメルマガは転送転載、大歓迎です。
http://www.mag2.com/m/0000251633.html




□◆ 田中 優 より ◇■□■□


『未来の農業は農薬や化学肥料を使わない』


■奇跡のリンゴ


 映画「奇跡のリンゴ」を観られただろうか。「絶対に無理」と言われていた
リンゴの無農薬栽培を実現した木村秋則さんの苦難と家族愛の物語だ。これが
ヒットしたおかげで多くの人が無農薬に理解を示すようになった。


 木村さんほど深刻ではないが、ぼくの友人の吉田俊道さんも苦労のあげく、
ついに農薬・化学肥料に頼らない農法を実現した。
 彼に言わせると、「簡単すぎて農法なんて呼べるものではない」そうだが。


 もともと彼は九大農学部の大学院まで出て、長崎県の農業指導員になった人
だ。しかし今の農業に疑問を持ち、職員をやめて農家になった。親戚一同から
は大反対され、信頼し続けてくれた母親も思い悩んだまま歩いていて崖から落
ちたり、父からは親子の縁を切るとまで言われたりしたそうだ。


 彼の無農薬野菜の生産が軌道に乗り、「お母さん、もう安心していいよ」と
言えるようになるその少し前に、母は他界していた。彼は「やっぱりお母さん
の誇れる息子だった」って安心してもらいたかったという。



■虫と匂いがヒントになる


 吉田さんの野菜を食べてみると素直な味がする。畑で間引いたばかりのニン
ジンでジュースを作っていただいた。「甘くてうまい」と言うと、「今はまだ
糖度は高くないんだよ、余分な苦みとかがないから甘く感じるんだ。冬になれ
ば糖度が高まるけど」と教えてくれる。


 その作り方は難しくない。「土を良いものにする」、これに尽きる。土に生
ゴミを入れたり、草以外は全く何も入れなかったりする。土に入れた生ゴミは、
徹底して発酵させる。水分が高かったり、温度が高すぎたりすれば腐敗に進む。
白カビのような微生物が広がり、発酵熱で土が暖まれば成功だ。


 しかしすべての畑が完全に成功するわけではない。そもそも虫たちは存在して
いる。ただ爆発的に広がったりしないだけだ。失敗すると彼は、その葉を食べ比
べてみる。苦味・えぐみがあればさらに土を掘る。出てくる生物も大事な指標だ。


 コガネムシの幼虫や太ミミズが出てきたら腐敗に向かっている。匂いを嗅ぐと
かすかな腐敗臭がする。そうなると太ミミズを求めてモグラがやってきて、畑は
無残な状態になっていく。発酵していればシマミミズやカブトムシの幼虫が多く
なる。匂いはかすかな発酵臭だ。


 そうなっていれば作物には強い有機酸類、酵素、ビタミン類、ファイトケミカ
ルなど、高分子の健康成分がしっかり含まれ、虫に食われることが少なくなる。


 有機・無農薬は虫に食われるというのは神話だ。虫は、常に衰弱した個体を
自然界に戻す役割を果たしている。だから強くて健康な野菜は食われないのだ。


 発酵させると有機物はアミノ酸に分解されるが、腐敗は分子レベルにまで分解
する。ここ数年でわかったことがある。それまで植物は分子レベルの養分しか摂
らないと思われていた。
 だから今でも三大栄養素は「窒素、リン酸、カリ(ウム)」なのだ。


 しかし実際の植物は、タンパク質の素になる高分子のアミノ酸を直接吸収でき
る。分子レベルを吸収してタンパク質を合成する労力が不要になる。それが植物
を強くする。これからは分子レベルの栄養素を与えるのはやめて、発酵によるア
ミノ酸を与える方がいい。



■自然に逆らわない


 ではなぜ一方で生ゴミを入れ、他方で一切入れないのか。この理由は窒素固定
菌の活用による。

 生ゴミの場合には窒素分が多いが、炭素循環農法の場合には草以外に与えない
ので窒素はほとんどない。すると土の中に風来坊のように存在する窒素固定菌が、
空気中の窒素を直接吸収してくれるのだ。彼らは根粒菌とも違い、土地に生ゴミ
のような窒素分が与えられるといなくなってしまう。中途半端に与えると、虻蜂
取らずになるのだ。


 荒れた土地には単葉類のイネ科の植物やスギナが生えてくる。それを人々は
枯葉剤で撲滅しようとするのだが、吉田さんのやり方は違う。

 それらを刈り取って積み重ね、ビニールシートを被せて、やはり発酵させるの
だ。それらが土になる頃には、豊かな土地にしか生えない双葉類が生えてくる。
自然を理解するから逆効果になることをしないのだ。


 考えてみるとこれは、ただの進化の繰り返しだ。単葉類が土になって豊かに
なったからこそ双葉類が生まれたのだ。発酵菌がアミノ酸分解をするように
なったからこそ、植物はそれを利用できるようになった。


 学術的には「腐敗」と「発酵」は同じものとされるが、そこには大きな違いが
ある。それはこれから学術側が検討しなければならない課題だ。その発酵を利用
することで、無理なく農業を有機無農薬栽培に変えていくことができる。



■植物の命をいただく


 こうして作られた作物は栄養価が高く、微量元素をきちんと含み、ファイト
ケミカルと呼ばれる人の健康に良いものがたくさん含まれている。


 それを食べた子どもたちは便秘しなくなり、アトピーも病気も少なくなる。
虫が嫌う成分を調べていったところ、「スルフォラファン」であることがわ
かった。それは解毒や抗酸化作用を持ち、ガンの抑制効果が認められているもの
だった。分解酵素を持たない昆虫にとっては毒なのだが、私たちにとっては大切
な薬効成分なのだ。


 腹を空かしてから食べ、よく噛み、お腹をさすって回し、発酵食品をよく摂れ
ば便秘も、病気の温床になる低体温も改善する。それは生命の進化の歴史に学ぶ
ことだ。今、不自然な食を摂るようになって人々の健康状態が悪化したのだから、
自然の摂理に戻ればいい。それだけのことで有機無農薬栽培は実現でき、未来を
豊かなものにできるのだ。


 彼の作ったニンジンジュースは、コップに入れていてもなかなか変色しない。
体に良い抗酸化物質が多いからだ。そのニンジンは直接依頼して手に入れること
もできるし、ぼくのアイデアを応用して「菌ちゃん野菜交換券」を作っているか
ら、人にプレゼントすることもできる。こんな農法が未来に広がったら、なにも
農業の未来に絶望しなくていい。新しくて懐かしい農法が生まれてきているのだ。

( 川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。) 



************


吉田俊道さんの活動はこちらをご参考ください


・NPO法人 「大地といのちの会」 
  http://daititoinotinokai.web.fc2.com/

・フェイスブック 「吉田俊道(大地といのちの会)」
  http://www.facebook.com/profile.php?id=100004562792566

・フェイスブック 「菌ちゃん野菜応援団」 
  https://www.facebook.com/groups/genkiyasai/

・「生ごみリサイクル菌ちゃん野菜作り」の最新ノウハウはこちら 
  http://sdrv.ms/131D34q


************


▼ 田中優有料メルマガ第45号「奇跡のリンゴから未来の農へ」(7/15発行)
でも吉田俊道さんの活動を詳しくご紹介しています。
ご興味のある方はこちらからもよろしくお願い致します。

頂いた購読料の一部は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。 
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください☆

 ↓

田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」  
登録初月は無料、月2回発行、525円/月、バックナンバーのみでも購読可能
http://www.mag2.com/m/0001363131.html



************


◆◇◆ 吉田俊道さんより : 菌ちゃん人参で地域マネー作りました ◆◇◆

『菌ちゃん野菜引換券』

 このハガキを投函すると全国どこにでも野菜が届くハガキを作りました。
https://fbcdn-sphotos-g-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash3/1381457_223862874442471_1192053881_n.jpg




  田中優さんの講演会で、「インフレが始まるこれからの時代こそ、物の価値
に連動する地域マネーが求められる」という話を聞きました。

 世界経済に左右されない地域マネーがこれから必要ですが、まだ地元の商工会
も行政もあまり興味を示さず、これまで動けませんでしたが、この「菌ちゃん
野菜引換券」なら私1人からでも地域マネー(菌ちゃん野菜との交換を保証した
通貨の代わりになるハガキ)が始められます。


 これがある程度広がるようなら、次は地域の生産者仲間でまとまってもっと
大量に発行することも可能になります。


 そうなればそれはもう本格的な地域マネーです。
 各地の生産者の皆様、それぞれの地域でやってみませんか?


 このハガキを、贈物や支払いの代わりに使っていただける方がいらっしゃいま
したら、どうぞ yoshi3@alpha.ocn.ne.jp にメール下さい。
(単に菌ちゃん人参を自分が購入したい場合は、このハガキを使う必要はあり
ません。直接上記にメールで注文して下さい)


◆◇11月30日は田中優の地元岡山・和気町でも講演・実習があります◆◇

※ただし、田中優は同席できません。


生ごみリサイクルで、土が変わる!野菜が変わる!子どもが変わる!!

野菜作りのHow toだけでなく、自然界の命の循環の話や、食育・食の安全・
明日からできる元気な体づくりまで、ユーモアたっぷり、笑いあり、涙あり、
目からうろこの講演会です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 < 講師 吉田俊道先生 >
NPO法人 大地といのちの会理事長
長崎県環境アドバイザー
2007年 総務大臣表彰
2009年 食育ボランティア表彰
   (内閣府特命担当大臣表彰)

著書:「生ごみ先生 元気野菜革命」
   「いのち輝く 元気野菜のひみつ」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


とき:11月30日(土)
   9:00~12:00 講演
   12:00~12:45 昼食タイム 
    (ご持参下さい。ご注文も承ります。1000円)
   12:45~15:00 由加神社横の畑で実習


ところ:岡山県和気郡和気町尺所555
    和気町役場 福祉センター内 教養室


参加料:1000円(中学生以下無料)

参加申込み:お名前、ご住所、お電話番号、参加者人数
      お弁当の注文の有無をFAXかメールでお知らせ下さい。
    (お弁当のご注文は11月25日を締め切りとさせていただきます。)

主催:チーム 和氣で楽しいことしよう!

問い合わせ先:ビッグモリーズ 大森
   tel 0869-92-0266 fax 0869-92-9555
   mail:bigmoriesm@ybb.ne.jp


午前のみ、午後のみの参加も歓迎いたします。