2013年6月21日

「消費の時代を超えて、生産の時代へ」

「消費の時代を超えて、生産の時代へ」 


 ▼ そうだ、〇〇を食べに行こう

 街中の看板を見て、思わず店に入った経験はないだろうか。
田舎に引っ越して、大きな違いに気づいた。広告が少ないのだ。田舎の近所の
弁当屋には「店主、変わりました」と看板が出ていた。なんのこっちゃと思った
ら、以前の店主は愛想が悪い上、注文を間違って覚えては違った品を押しつける
人だったのだというという。田舎では広告ではなく、リアルな近所の回覧板の話
なのだ。

 たまに地方都市に出ると、その広告の多さに目を奪われる。そしてたいして
腹も減ってないのに「〇〇を食べに」店に入ってしまうのだ。
 都会に売っているものは消費するものばかりだ。ところが田舎では人気のある
店が違う。地域の人とばったり会くわすのがホームセンターだ。DIY(Do It 
Yourself)の店が多い。

 そこで売っているもの自体が都会と違っている。いわゆる消費材ではなく、
「生産の道具」を売っているのだ。電気をもらうのではなく発電機を買う。
トマトを買うのではなく、トマトの苗を買う。この違いが大きいのではないか。


 アベノミクスなどと言われて消費や投機が煽られ、その結果円安が進み、株価
上昇が続いている。一見すると景気上昇が起きているように見える。違うのだ。
価格が上がっていく側面では、乗り遅れずに投資すれば得になる。誰もがウナギ
登りの時期に乗り遅れまいとして投機しているだけなのだ。


 これはバブルだ。消費が伸びる一方で、所得は増えていない。むしろ給与所得
で見ると減り続けている。国家レベルでも国の歳入は増えていないのに消費ばか
り増やしている。収入が増えていないのに消費ばかりが伸ばすのだから、これは
いずれ崩壊する。崩壊するとき、元の状態より悪くなる。おそらくインフレが進
んでモノの価格が上がり続ける中、所得は増えないのだから、より深刻な状況に
陥るだろう。


 ▼ 労働生産性の向上を活かすには

 思い起こすと、私たちの社会の労働生産性は著しく向上した。かつてなら何十
人が数日がかりで作った製品を、機械はわずか数分で作ってしまう。著しく労働
生産性は上がったはずなのに、私たちの労働時間は短くならないし、収入も上
がっていない。労働の強度で言えば、むしろ増えてしまっている。
 これはいったいどうしたことなのだろう。

 確かに私たちが購入する自動車など、モノの価格は下がった。しかしそれでも
生活は一向に楽にならない。この労働生産性の向上を生かす方法がないものだろ
うか。

 この方法を田舎に引っ越したおかげで見つけた。生産用具の価格もまた著しく
下がっていたのだ。広告に乗せられて余分な品を買い込まなければ、この生産用
具の価格の低下を生活に役立てられる。自動車ではなく耕運機を購入するなら、
それは生産につながる。


 消費を煽られて、多くの人が「資産」と思い込んで購入する「自動車・ヨット
・別荘」。これらは実は資産ではない。資産とは、持っていることで収入が得ら
れるものを指す。自動車を持つことで、「税・車検・保険・ガソリン代」を払わ
なければならない。収入が増えるどころか支出が増える。これは「負債」なのだ。

 資産にしたいなら、生産財を買うべきだ。モノには消費材と生産財がある。
その生産財を販売しているのがホームセンターなのだ。


 残念ながらアベノミクスの後には、大きなインフレが来てしまうことだろう。
少しのインフレなら歓迎すべきことだと思うし、必要な投資がされるなら公共
事業も悪いことではないと思う。しかし旧態依然とした必要ないダムや道路工
事など、有効需要につながらない公共事業では無駄遣いにしかならない。

 それを嘆いていても仕方ない。それならインフレ時に役立つ仕組みを市民自ら
作るのがいいだろう。


 ▼ インフレ社会こそ地域通貨

 インフレ・デフレはモノとカネとの相対関係でしかない。
モノの価値が上がってカネの価値が失われるときがインフレ、デフレはその逆で、
カネの価値が上がってモノの価値が下がるときだ。これまで数十年に渡って日本
にはデフレが続いてきた。だからモノを買うよりカネを貯めていた方が得になり、
人々は今日買うより明日の方が値段が下がるからと買い控えをしてきた。それが
日本国内の生産をつぶしてしまった。だからややインフレに向かうこと自体は
歓迎すべきものだった。生産によってインフレが起こるが、インフレによって
生産が作れるわけではないのだ。

 インフレのとき、カネを持つよりモノを持った方が得になる。しかしだからと
言って不要なモノや消費材を買っても意味がない。そう、そのとき必要なのが
生産財なのだ。

 水や電気、エネルギーなどを自給する装置は価値を生む。それが生産財だ。
そしてもうひとつ、インフレに進む社会では、モノの価値と一緒に動く地域通貨
が役立つ。地域通貨はモノやサービスを担保にして動く。同じ「大根一本」と
交換する地域通貨は、インフレによって価格が高くなろうが、同じ大根一本と
替えなければならないからだ。

 日本の地域通貨ブームは、1999年放映のドキュメンタリー「エンデの遺言」に
よって始まったために、時期が早すぎた。しかしインフレ時代の到来を前にして、
いよいよ必要になる時代に入ろうとしている。


 一方人々は、これまで労働生産性の向上による果実を手にすることができずに
いた。しかしその果実は生産用具に結実している。それならば生産用具を利用
しよう。トマトを買うのではなく、トマトの苗を買うのだ。


 私の家では太陽光発電で電気を自給できるようになった。使いきれないほどの
電気を手にして、電動草刈機や電動ノコギリを使う。次には電気自動車を買おう
と思う。家賃や電気料金、水道料金は不要になり、灯油は木質ペレットに入れ替
わり、やがてガソリン代も不要になるだろう。


 その分だけ、稼ぐおカネが少なくても暮らせるようになる。おカネに頼らない
社会になったとき、戦争も地球温暖化の問題も、雇用の問題すら解決している
だろう。
 そのためにできることを模索していきたい。 


( 川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。) 



6月20日発行の 田中優無料メルマガ より
http://archive.mag2.com/0000251633/20130620100000000.html