2012年9月3日

入院先から~「前傾姿勢をキープせよ」


Rooftop連載コラム「環境はエンタメだ!」に最新コラムがアップされました。入院中に書いた原稿です!

~初めての入院先から~

前傾姿勢をキープせよ

 本当の話かどうか知らないが、こんな話がある。


すばらしく性能の高いロボットを発明した。ところがなぜかうまく動かない。安定化させる装置も万全で、絶対に転ぶことのないロボットなのだそうだ。ところが何度挑戦してみてもうまくいかない。やっとのことで動かすことに成功した。

 なんと原因は実に簡単で、安定化させる装置自体を外してしまったら、どんどん動けるようになったのだ。

 なんだか示唆的に思える。意識して歩いてみると分かる。私たちが歩くときは少し前のめりに重心を動かし、もっと急ぐときはもっと前のめりにし、全速力のときは倒れるぐらいに重心を前に倒す。歩くことは、倒れる重心に追いつこうとする動きなのだ。

 ぼくらが動けるのも、倒れることを恐れないおかげではないのか。

 ぼくは8月23日夜、脳幹出血で倒れた。翌日から入院、ぼくの22年間の講演履歴の中で、初めてキャンセルせざるを得なかった。


脳幹は脳の真ん中にある幹で、最も原始的である代わり、生命機能を司どっている部分だ。ぼくは右手に痺れを感じた時点で左脳だと気づき、これから嘔吐することになるだろうと考えていた。

 しかし左脳だと思ってはいたが、まさか脳幹の出血だとは思わなかった。そこでは呼吸が止まってもおかしくない。

 入院していると、多くの友人から「これまでが働きすぎだから、ゆっくりしたほうがいい」とメールが届く。アドバイスはうれしいのだが、『そうしよう』と思った途端、どうしたらいいのか分からない。眠れない夜に寝返りを続けるみたいに、こっちじゃない、そっちじゃないと悩んでいる感じなのだ。

 そう、ここにロボットの話がつながる。ぼくは動かないでいること自体が向かないのだ。マグロが泳いでいないと呼吸できないように、前のめりに走っていないと呼吸ができそうにない。


 重心を前のめりにするから、前に一歩足が出る。前のめりにしなければ倒れることもないが、それでは一歩も進めない。

 ある友人が言った。

「リスクのない人生などない。ぼくはそのことに気づいてから動けるようになったんだ」と。

 もうすぐ退院できそうだ。さて、前傾姿勢の訓練でもしようか。

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...