2015年12月31日

偽のワクチンで8千人の命を救った医師がいた

田中優「こういう人もいたんですね。すばらしい。」

  ◇   ◇   ◇   ◇  

「偽のワクチンで8千人の命を救った医師」

 ラゾウィスキ医師は男性を助けるため、ある偽のワクチンを製造した。このワクチンを注射すると発疹チフスの陽性反応を呈することが出来るが、実際は病気には罹らない。偽ワクチンを接種した男性の血液サンプルをドイツの実験室に提出したところ、発疹チフスという強い伝染病に罹っていると判断され、収容を免れることになった。 当時のナチスドイツ当局は、発疹チフスを大変恐れていた。

全文はこちらより
http://www.epochtimes.jp/2015/10/24647.html?fb_action_ids=966484196764236&fb_action_types=og.likes

12/21(土)天然住宅完成見学会@中野区 午後の部は田中優セミナーも

☆ 14時からの回は田中優セミナーつき です ~住みつなぐ家~ お母様から娘様へ、そしてお孫様へ。 ぜひ住みつないでいってほしい。そんな家です。 親子3世代で伐採していただいた大黒柱を中心に、2階リビング空間が広がります。 畳スペースには...