2008年3月10日

”こども向け”地球温暖化の本を出版しました!




岩崎書店から、

「いますぐ考えよう! 地球温暖化」シリーズ1~3
田中優著  山田玲司画
2940円(税込み)/本体2800円+税
http://www.iwasakishoten.co.jp/ehon_yomou/shinkan_1.html

が出版されました。

+++++++++

 子ども向けですが、内容はもろに最新データです。大人が読んだほうが面白いかも。山田怜司さんのマンガがむちゃ面白いです。
                 ( 田中優 談 )
+++++++++

小学校高学年から中学生高校生に!
でも大人も大満足の、今までになかった本です。
しっかりしたつくりでオールカラーの保存版。
田中優さんの講演会を聞いている感じの文章、最新データ+山田怜司さんのマンガで章ごとに楽しくおさらい、という構成です。 あの「豪快な号外」タッグですね。

学校や地域の図書館にリクエストしておいてもらったり、
入学のお祝いにもぴったりですね!

===================

いますぐ考えよう! 地球温暖化 1
地球温暖化と自然環境 なぜおこる、なにがおこる
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-02851-9.html

 ・地球温暖化が起こる仕組みと、予測される現象を解説。

いますぐ考えよう! 地球温暖化 2
地球温暖化と省エネルギー なにができる、なにがへらせる
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-02852-7.html

 ・家庭、学校、地域・・ それぞれの場で野取り組みを具体的に紹介しながら、省エネルギーによる温暖化防止のヒントを考えます。

いますぐ考えよう! 地球温暖化 3
地球温暖化と自然エネルギー わたしたちの未来、みんなの地球
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-02853-5.html

 ・実際に活用されている自然エネルギーの事例を紹介しながら、持続可能な社会に向けて、どのような社 会をつくっていけるのかを考えます。

====================


地球温暖化をテーマにした学校図書を企画するにあたって、実際に活動をしている方に、子どもたちに向けて書いていただきたいと考え、田中優さんにご相談しました。
マンガのキャラクターは、「ドードー」とプテラノドンの「テラノ」、そして「あかりちゃん」です。小学校5年生のあかりちゃんは、第二巻から登場します。
ドードーは人類によって絶滅した動物、テラノは地球環境の異変によって絶滅した動物を象徴してのキャラクターで、山田玲司さんのアイデアです。
             ~ 岩崎書店編集部担当者より ~



”いますぐ”お近くの本屋さんにお問い合わせを!

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...