2016年4月30日

田中優の未来レポート 『「オレのカネだ!」 ~私たちに必要なのはカネのオーナーシップ~』

【2016.4.30有料・活動支援版メルマガを発行しました!】
最新号は 

『「オレのカネだ!」
  ~私たちに必要なのはカネのオーナーシップ~』




私たちが預けている【年金】について、徹底的に田中優が調べたレポートです。


そもそもの年金の仕組み、
これからどうなるのか?
何が問題なのか?
本当に戻ってくるのか?



などがよくわかります。


・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の莫大損失問題 
・年金が出るかどうかも株次第
・やがて企業は「日銀とGPIF」のものになる  
・日本に必要なのは社会的投資以前にオーナーシップ  



「それまでは運用額全体の12%しかなかった株式投資を25%に上げ、海外株も同様の25%に上げた。要は61%を占めていた確実な運用である国内外の債券に代えて、価格変動の大きい株式を50%にしてしまったのだ。」

「・・しかし日本はまだ、それよりはるかに原始的な位置にいる。これだけ大きな問題が、ほとんど誰にも知られていないのだ。国民全員にとって、自分の資金の話だというのに。


 これは戦前から続いている。戦争資金の多くが郵便貯金や国債など、自分たちの貯蓄が用いられたというのに誰も問題にしなかった。まるで自分には何の関係もないかのように。 

 必要なのは「オレのカネだ!」という意識なのではないか。もっと上品な言葉で言えば、貯蓄資金のオーナーシップだ。それなしに解決できない。」(本文より抜粋)











 


★4/30中のメルマガご登録で、4月分の2つのレポートは「無料」でお読み頂けます。


もう一つの4月分のレポートは
『「「電通」をつぶせる時代の到来」』
です。


ご購読はこちらより↓ (登録初月は無料です)
田中優 有料・活動支援版メルマガ 「未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html

家庭は「グリッド」から離れよ

オフグリッドしている田中優の自宅 「グリッド」 と突然言われてもわからない言葉だろう。 「電気の送電網」 のことだ。 多くの人が地球温暖化の問題で、最大の問題なのが「電気」であることは知っていることと思う。 その電気は、大きな電力中心に配られ、最後に残った小...