2010年7月24日

29日三重鈴鹿講演会!「人間らしいお金の仕組みって? ~ 持続可能なコミュニティ経済」

聞いてみたくなるタイトルですね!
お近くのご友人に是非お知らせください!

2010年7月29日木曜日19:00~

「人間らしいお金の仕組みって? ~ 持続可能なコミュニティ経済」


パネリスト
内藤正明 (鈴鹿カルチャーステーション館長・京都大学名誉教授) 
熊野英介  (アミタ株式会社代表取締役社長・信頼資本財団理事長)
田中 優  (未来バンク事業組合理事長・立教大学大学院非常勤講師) 

世界的な金融危機にこれという決め手のない中で、経済再建が声高に 叫ばれていますが、一方では地域の人やもの・エネルギー等地域にある ものを社会資源として見直し、その力を最大に生かしていこうという流れ も着実に広がりつつあります。総務省も地域主権型社会・緑の分権改革 を打ち出し「志のあるお金」を謳うようになってきました。誰もが健康で快適に安心して暮らせるコミュニティを、いよいよ主体的に 実現していく時代のようです。当ステーションではチャレンジシリーズ第 一回として、人間らしい「お金の仕組み」を考えるためのセミナーを開催いたします。新しい市民型金融の日本の草分けである田中優氏、新しい企業活動と同時に信頼資本財団の創設など信頼を資本とする考え方と手法を打ち出している熊野英介氏、当ステーション館長の内藤正明、いずれも持続可能社会実現を志す各分野のトップランナーで、三人の顔合わせは大変得がたい機会です。三人を囲んで新しい経済を考えるための機会といたします。ぜひご参集ください。


三重県鈴鹿市阿古曽町14-28鈴鹿カルチャーステーション (SCS)
アクセスなど
http://www.scs-3.org

参加費¥1,500円
主催者 一般社団法人 鈴鹿カルチャーステーション
連絡先 鈴鹿カルチャーステーション SCS
電話・FAX059-389-6603Email
scsoffice@scs-3.org担当 片山弘子

元凶は電力会社?太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

 田中優の2020.1.15発行の有料・活動支援版メルマガが、 MONEY VOICE にて取り上げられました。 以下転載です。ぜひ拡散頂ければ嬉しいです。 ↓ 元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優 2019年末...